スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アウトバーン」

Collide 2016年 イギリス・ドイツ



監督 エラン・クリーヴィー

製作総指揮 ヘルマン・ヨハ他

出演 
ニコラス・ホルト 
フェリシティ・ジョーンズ 
マーワン・ケンザリ 
ベン・キングズレー 
アンソニー・ホプキンス 
クレーメンス・シック 
アレクザンダー・ヨヴァノヴィッチ 
ヨアヒム・クロール

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
アウトバーン(高速道路)でクラッシュし横転を繰り返した車。運転席で男が逆さまのまま気を失っていた。
「人がバカをするには理由がある。その理由が愛のためだったら、バカじゃないのかも。」
ドイツ、ケルン。
あるクラブで、友人のマティアスと共にクスリを売りさばいている米国人のケイシー。カウンターにいる同じ米国人の女性をみかけナンパするもあっさりフラれてしまう。
その後、ボスのゲランに売り上げ金を届けると、そこでリスクは大きいが大金が入る仕事があるとし引き受けないかと誘われるが、彼女の事がどうしても気になるケイシーは、その場で仕事を辞め再びさっきの彼女ジュリエットを口説きに行くのだった。
ケイシーは真面目な仕事に就き、めでたくジュリエットと同棲するが、彼女の腎臓が人工透析を続けるか移植するかの瀬戸際まで悪くなっている事が発覚し、彼は、移植手術の費用を稼ごうとあの時誘われた仕事を引き受ける事にするのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
コブラ11のプロモビデオ。(嘘です)

ラストの仕掛けは必見です。(^_^)v
スポンサーサイト

「ラッシュ/プライドと友情」

Rush  2013年 アメリカ・ドイツ・イギリス作品




監督 ロン・ハワード

出演 
クリス・へムズワース 
ダニエル・ブリュール 
アレクサンドラ・マリア・ララ 
オリビア・ワイルド

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
F3のレースで優勝するジェームズ・ハント。
天性の才能がありあっという間にチャンピオンとなった男だった。
逆に、ニッキ・ラウダーは努力の人物で、マシーンの整備からレースコースの下見まで自分で入念に行っていた。そ
して、F1のレーサーになった二人。
ラウダーは自力の金でスポンサーを得るも、ハントは、自分を売り出してスポンサーを得ていた。
ある日。
もっとも事故が多く、最も危険なレースコースのドイツ、ニュルブルクリンクでレース開催が、悪天候の為危ぶまれる。このまま中止しようと訴えるラウダーに対して、ハントは、王者の座を奪われたくないからでは?と開催を提案した。
そして、レースは行われる事になった。
序盤にさしかかった時、ラウダーの車がクラッシュし、彼は炎に包まれ、生死をさまよう事になってしまった。
あの時、彼の言うことを聞き入れていれば・・・。
ハントは、ラウダーに申し訳ないと思いながらも、着実にポイントを稼ぎ王者への道を進んでいく。
一方、ラウダーは奇跡的に一命を取り留めるも、今期のレースへの復帰は絶望的だと思われるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
実際のお話。
オーストリア人ですが、ラウダーさんてすっごい人だと思った!
それを演じる、ブリュール君も必見!!
ライバルもハントも格好良かったよ~。

邦題は、その通り、二人の男の、プライドと友情物語だね。

「バニシング・レーサー」

Hammer & Hart 2005年 スペシャルドラマ(RTL)


バニシング・レーサー [DVD]バニシング・レーサー [DVD]
(2006/10/27)
クリストフ・マース、ヘンドリック・ドゥリン 他

商品詳細を見る



監督 ヘルマン・ヨハ

出演
クリストフ・マース
ヘンドリック・ドゥリン
テュルキツ・ターライ
スーザン・ズィーデロボルス

特別出演
エルドゥアン・アタライ
レネ・シュタイケ
スフェン・マルティネク
トーマス・アンツェンホファー
ゴットフリート・フォルマー
       
勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ハートは、叔母でシスターのラビアータから母親の死を知らせる手紙をもらった。
同じく異父兄弟の兄ハマ―も手紙を貰う。
遺言状をケルンで開くという知らせから二人は久しぶりにケルンへ向かう。
母親が経営していた自動車整備工場を遺産として受け取った二人は、そこに以前からいた整備士ユクセルと多額の遺産が入ると知らされてハートを追っかけてきた恋人のジーナと共に、工場の再建に乗り出す。
しかし、その工場は幼なじみで今は実業家のパルモランスキーが、狙っていたのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
Actionconcept社のお遊び満載の作品。殆ど身内ネタ目白押し。
ドラマの中で見ているTVには、コブラ11が放送されているし、クラウンじゃないの?なんてセリフも飛び出す。

注目すべきは、ちょっとだけ出演の面々だろう。
コブラ11の二人、トム&ゼミル=レネ&アタライにディーターこと、ゴットフリート・フォルマー。
クラウンの二人、ダブス&マックス=アンツェンホファー&マルティネク。


話は単純明快のベタ話。

コブラ11もクラウンも見たことない人でも楽しめるが、知っていた方が楽しさは倍増するかも?

「シティ・ヒート」

Die Motorrad-Cops Hart am Limit 2000年 スペシャルドラマ(RTL)


シティ・ヒート [DVD]シティ・ヒート [DVD]
(2001/11/23)
マシアス・ポール、ヤン・ペーター・ニュイマン 他

商品詳細を見る


監督 ジキ・ローテムント

制作 ヘルマン・ヨハ

出演 
マシアス・ポール 
ヤンス・ペーター・シュマン 
イボンヌ・ド・バール
アレクサンダー・ラザン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ケルン中心部。3月20日、21時59分。
建物が次々と爆破され、その炎を上空から見ると“Y”という文字が浮かび上がった。
時は戻り、この日から10日前。
人質をとり立てこもった男を逮捕すべくガイガー警部が現場に駆けつける。
緊迫したムードの中、人質の命を優先しようとガイガーは現場の指揮官を無視し行動を起こそうとしたその瞬間、警官の一人が、犯人の要求する現金を持って交渉を始めた。
しかし、その直後、犯人は何者かに射殺されてしまう。
命令違反で首になったその警官サニーは、何故か、自宅に犯人らしき男から電話が掛かってくるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
Actionconcept社とRTL社が作った刑事ドラマ。
1999年~2000年に全22話放送された、スペシャル版・原題:Die Motorrad-Cops
詳しくは、Actionconcept社のページにて

注目すべきは、紅一点の警官サニーを演じている、イボンヌ・ド・バール。
ボーイッシュな雰囲気をもつ、かわいい女優さんなのだ。
男勝りのバイクアクションシーンは必見です(^O^)v

「ザ・クラウンⅡ 5000万ドル奪還指令」

Der Clown 「Feindschaft」 1998年 スペシャルドラマ(RTL)

ザ・クラウン2

監督 コニー・ヴァルタル

出演                     
スフェン・マルティネク           
ダイアナ・フランク             
トーマス・アンツェンホファー
フォルカー・クライネル

ゲスト
エルドゥアン・アタライ
マーク・ケラー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
マックス=クラウンは、ルドフスキー刑事から極秘に仕事の依頼を受ける。
その仕事とは、現金輸送を担当するギュルツという人物が怪しいので、その輸送をさり気なく見張って欲しいというものだった。
案の定、警察の意表をつかれ現金が盗まれてしまう。
盗まれた紙幣が入ったコンテナが空から降ってきた現場に居合わせたマックス。
その場所で一人の女性に出会うのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
連続ドラマを始めるにあたっての、スペシャル版。

注目すべきは、爆発の中を低空で飛ぶヘリコプター。
CGではないにしろ、何処まで実写でやっているかむっちゃ気になった。

そして、マックスの相棒、ドブスを演じる、トーマス・アンツェンホファー。
3枚目の彼が見れるのはこのドラマだけ。
いつもは悪役なので、むっちゃ新鮮なのだ。彼自身もヘリの免許を取得してあったと思うぞ。

そうそう、これにも、一瞬だけコブラ11が登場する。分かった人は凄いけどね。(^◇^;)

「ザ・クラウン」

Der Clown 1996年 スペシャルドラマ(RTL)

ザ・クラウン

監督 ヘルマン・ヨハ

出演                       
スフェン・マルティネク            
ダイアナ・フランク 
トーマス・アンツェンホファー
フォルカー・クライネル

ゲスト
エルドゥアン・アタライ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
WIP(国際諜報警察)、ファイルナンバー36-3。諜報員27603号に、1年間の特別命令が下された。ロシアマフィアの逮捕の為に、ドイツのデュセルドルフ州犯罪処理部へ配属されたのだ。
諜報員27603号こと、マックス・ザンダーは、久しぶりにドイツの地を踏んだ。旧友レオとの再会に喜んでいるのも束の間、マフィアのボス、マクラノフへの逮捕への作戦に参加する。
武器密輸の取引は未遂に終わったものの本人を取り逃がしてしまったマックス達。
そして、新たなタレコミ屋をレオと探しに行った場所で、レオが爆死してしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
Actionconcept社が「コブラ11」と共に手がけた連続ドラマのパイロット版。
「Der Clown」とはドイツ語で道化師(ピエロ)という意味。
なので、マックスはピエロの仮面を被って事件を解決していくのだ。

注目すべきは、ヘリコプターのアクションシーン。
どう見ても実際に飛んでいるヘリに人間が捕まっているのだ。
凄い!技術!CGじゃないから、素晴しい!!

そうそう、自分の大好きな俳優、コブラ11のゼミル事、エルドゥアン・アタライもちょっとだけ出演シーンがあるので、注意して見て見て。まあ、分かる人はいないだろうけども。( ̄。 ̄;)

「ザ・クラウン 炎のリベンジャー」

Der Clown  2005年


ザ・クラウン 炎のリベンジャー [DVD]ザ・クラウン 炎のリベンジャー [DVD]
(2007/11/22)
スヴェン・マルチネク、セバスチャン・フィック 他

商品詳細を見る


監督 セバスチャン・フィック

出演 
スフェン・マルティネク
トーマス・アンツェンホファー
エヴァ・ハーベルマン
ザヴィエ・フッター

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
クラウディアが白マスクの男に殺され、マックスはクラウンを封印した。
その人物がショッピングセンターの噴水の台へ図面を隠していったのを見たマックスは、再び男が現れるのをそこの警備員になって待っていた。
そして、4年の月日が流れたある日。
TVキャスターをしているレアは、貴重品輸送車が襲われるとという密告電話を信じ、その現場に来ていた。密告通り輸送車は襲われ目撃していたレアも犯人グループに誘拐された。
実はレアはクラウディアの妹だった。
これは偶然な出来事なのだろうか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツでの連ドラが終わって、4年後に映画として復活した「ザ・クラウン」

注目すべきは、その迫力のアクションシーン。
ラストシーンはまじで、大スクリーンで見たかったぐらい凄いのだ!

エンドロールでのシーンはドラマの風景。
追ってドラマも紹介するので、お楽しみに♪

「レーシング・ブラッド」

Benzin Im Blut 1999年 スペシャルドラマ(Sat.1)


レーシング・ブラッド [DVD]レーシング・ブラッド [DVD]
(2009/01/09)
ヨルグ・ヤッセ

商品詳細を見る


監督 フェリックス・ドゥーネマン

出演 
オリバー・ブーツ 
ベルント・ミヒャエル・ラーデ 
ソニア・キルヒバーガー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
ホテルの専属運転手をしているフランクは、今日も車を壊し、解雇されてしまった。
実は彼には夢があった。
それは、友人のジョンと共にプロのカーレースに出場する事だった。
現在はスポンサーが見つからず、資金を貯めている段階。
ある日、ふとした事でスポンサーが見つかり、世界一の最速を決めるドラッグレースへの出場が決まった。
運転手はジョン。フランクは補助としてレースをサポートする。
マシーンはスポンサーが用意したものだったのだが、ある危険が潜んでいたのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
中途半端に終わるなあ~と思ったら、連続ドラマのスペシャル版だった。
「Benzin Im Blut」 全14話 http://www.wunschliste.de/2445 

注目すべきは、その世界一早いとするマシーン。

結局の結末はどうなったんだろう?やっぱり世界一になって終わったのかな?
ちょっと気になるが、これしか日本に来てないので・・・。(-_-;)

「ワイルド・レーサー」

Autobahnrasar 2004年 


ワイルド・レーサー [DVD]ワイルド・レーサー [DVD]
(2004/11/05)
ルーク・J・ウィルキンス、ニルス・ブルーノ・シュミット 他

商品詳細を見る



監督 ミヒャエル・ケウシュ

出演 
ルーク・J・ウィルキンス 
ニルス・ブルーノ・シュミット 
クリスチャン・エリク・キーリング 
アレクサンドラ・ネルデル 
オリバー・ブーツ
マーク・ツァク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
キャリアカーに積まれている車を狙う強盗団が出没していた。本日もアウトバーンまで追跡するが、あと1歩の所で新人警官クラウスのヘマにより取り逃がしてしまった。
クラウスはミスを取り返すべく、強盗団とつながりがありそうな不正レース、グリル大会に出向き、犯人らしき人物達を密かにビデオ撮影する。だが、スピード違反はするものの強盗とは無縁に思え、逆にクラウスはスピードに魅了され、さらに親切にしてくれる彼らと仲良しになるのだった。
ある日、そのレースに参加していた一人から強盗団の目撃を聞いたクラウスは、彼らと協力し、強盗団を捕まえようと作戦を練るのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
お気楽カーレース作品。

注目すべきは、レースに出場する車ではないだろうか。
早く走る為のいろんな工夫も面白い様子かも?

残念な事に、アメリカ経由だったらしく、英語の吹き替えバージョンだった。
どうも、口の開きと聞こえて来る発音が違うと気持ち悪さを感じる。
なので、同じ気持ち悪さを感じるのなら、日本語がいいので、いつも個人的にはそうしている。

勘弁してほしいなあ。( ̄。 ̄;)

「ベルリン・クラッシュ」

Crazy Race2-Warum die Mauer wirklich fie  2004年 スペシャルドラマ(RTL)


ベルリン・クラッシュ [DVD]ベルリン・クラッシュ [DVD]
(2006/12/22)
ヴォルケ・ヘーゲンバルト、マヌエル・ヴィッティング 他

商品詳細を見る



監督 クリストフ・シュラーエ

出演 
ヴォルケ・へーゲンバルト 
マヌエル・ヴィッテンク 
ミヒャエラ・シェフラート 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ジェニーは東ベルリンに住む恋人との別れを惜しんでいた。
そして、西ベルリンの自宅に帰り、決心する。恋人が住んでいる東ベルリンに今すぐにでも移り住む事を。
父親は猛反対!!そんな父を尻目に赤のシトロエンに乗り、東西の国境へ向かった、ジェニー。
一方、東ベルリンに住むフォルカーは密かに脱出用のトンネルを掘り、西ベルリンへあと少しという所まで来ていた。だが、ひょんな事からジェニーと出会い、東ベルリンに逆戻り。
脱出を試みた彼は警察に追われるハメに。
さらに、ジェニーの父親が彼女を連れ戻す為に、賞金を出したことも重なって、東ベルリンは大騒ぎになる。
果たして、ジェニーは、恋人の元へ行き着くのだろうか?
そして、フォルカーの運命は?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題は違えども、何故か原題はシリーズになっているこの作品の第2弾。
しかし、内容はカーレースが一緒なだけで設定その他、毎回変わっているのだ。
この時は東西ドイツが舞台。しかし、そう書くととってもお堅い感じになるが、なんたって、こちらはお気楽カーレースとラブコメが入ってくるのだ。

注目すべきは、東西ドイツの壁の壊し方。
安易すぎて笑えるのだよ。(*^O^*)

「(GTR) グランド・ザ・レース」

Crazy Race  2003年 スペシャルドラマ(RTL)


グランド・ザ・レース [DVD]グランド・ザ・レース [DVD]
(2005/06/15)
カイ・ラントルド、ジュリア・スティンショフ 他

商品詳細を見る



監督 ミヒャエル・ケウシュ

出演 
カイ・レントロト 
ユリア・スティンスホフ
カロリン・イムゲ 
クリスチャン・トラミッツ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
間違ってギャングの車を盗んだ元カーレーサーのマックは、彼らからドイツを一周する違法なカーレース「クレイジー・レース」への出場を余儀なくされた。なぜなら、賞金の50万ユーロを獲得しなければ命はないと脅かされたからだった。
実は、別居中の妻から娘ティナを預かる約束だった、彼。妻には内緒で娘をレースに連れて行くことに。
一方、警察は、このレースの事を知り、取り締まりに全力を注いでいた。新人警察官アンドレアは、上司と共に張り切ってパトロールへ。
そこで、レース途中でトイレになったティナを待っていたマックと出会うのだった。アンドレアが、職務質問をしようとすると、捕まるわけにはいかないマックは、アンドレアをトランクに押し込め、レースに戻るのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題は違えども、何故か原題はシリーズになっているこの作品。
しかし、内容はカーレースが一緒なだけで設定その他、毎回変わっているのだ。

注目すべきは、レーサー達。
いろんな人か出てくるので、それなりに面白い。

それにしてもActionconcept社はカーアクションものを作るのが好きな会社だ。
まあ、それが支流といえばそうなんだけどね。(――;)

「マキシマム・スピード」

Alarm für Cobra 11 - Einsatz für Team 2 「Countdown auf der Todesbrücke」 2003年 スペシャルドラマ(RTL)


マキシマム・スピード [DVD]マキシマム・スピード [DVD]
(2003/03/21)
ジュリア・ステインホフ

商品詳細を見る



監督 ミハエル・クレイドル

アクション監督 マシアス・バーシュ

出演                    
ヘンドリック・ディラン         
ユリア・スティスホフ          
カリーナ・ヴィーゼ             
シャルロット・シュヴァーブ
ディトマー・ハーン
ゴットフリート・フォルマー

ゲスト
エルドゥアン・アタライ
レネ・シュタインケ
ハインリッヒ・シュミーダー


勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1台のトラックから荷物が落下し、アウトバーンに大事故が起きる。
事故処理をしていたトムとゼミルの側で、1台の乗用車が爆発!
巻き込まれた二人は重症を負ってしまう。
偶然、その場に居合わせたフランクとスザンナは、現場に駆けつけたエンゲルハート隊長の指揮の下、捜査に乗り出す。
実は、この二人、ゼミル達の部署に配属された新人警官だった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
男女ペアのシリーズスピンオフのスペシャル。
同じような事件を扱うのに、どうも違う印象が残る。

注目すべきは、スザンネナの妙な日本好き。σ(^◇^;)
違和感ありありなので、お楽しみに♪

「アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル」

Alarm für Cobra 11- Dei Autobahnpolizei 「Stadt in Angst」 2008年 スペシャルドラマ(RTL)


アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル [DVD]アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル [DVD]
(2009/08/05)
エルドゥアン・アタライ、ゲデオン・ブルクハルト 他

商品詳細を見る




監督 アクセル・サンド

制作 ヘルマン・ヨハ

出演                    
エルドゥアン・アタライ           
ゲデオン・ブルクハルト          
ダニエラ・ビテ
シャルロット・シュヴァーブ
ディトマー・ハーン
ゴットフリート・フォルマー
ニールス・クルフィン

ゲスト
カリーナ・ヴィーゼ
イサベル・バイス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
週末に休暇を控えていた、クリスとゼミルは、いつものように、アウトバーンを走行していた。
すると、ガス管理室の側に駐車してある不振な工事関係車両を発見、職務質問をしようとしたその瞬間!
突然その車から武装した集団に襲撃され、逃げられてしまう。
二人は、ガス管に爆弾が仕掛けられてあると知り、ゼミルは、ガスのバルブを閉めることを試み、クリスは、アウトバーン上にいる車両から、人々を非難させる事に全力を尽くした。
そして、爆弾は爆発。
幸いにも被害は最小限に食い止められた。
署に戻ると、政府が危機管理対策本部を設置したとの事で、隊長のエンゲルハートと共に、二人も呼び出されていくのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
レンタルタイトル 「ブラック・レイド Cobra 11 Special」 
何故か、これ以降発売されたDVDは、レンタルタイトルと発売DVDの邦題が違ってきてしまう。
個人的には、正式な名称「アラーム・フォー・コブラ11」に統一してほしいのだが。

クリスを相棒に迎えてのスペシャル第2弾。なぜか、この時だけスペシャルが春放送されていた。

注目すべきは、その内容。テロリストに立ち向かう二人の刑事になっているのだ。
あの大ヒットドラマ「24」のジャック・バウアー並に単独行動を起す二人。
これまた、今までの流れと違った趣向になっているのだ。
凄い迫力なので、このシリーズを知らなくとも充分楽しめると思う。

シリーズ好きにはちょっとひっかかりが残ってしまうけどもさ。( ̄。 ̄;)

「アラーム・フォー・コブラ11 スペシャル」

Alarm für Cobra 11- Dei Autobahnpolizei 「Auf Leben und Tod」 2007年 スペシャルドラマ(RTL)


アラーム・フォー・コブラ11 スペシャル [DVD]アラーム・フォー・コブラ11 スペシャル [DVD]
(2008/04/04)
エルドゥアン・アタライ、ゲデオン・ブルクハルト 他

商品詳細を見る


監督 アクセル・バース

制作 ヘルマン・ヨハ

出演                    
エルドゥアン・アタライ         
ゲデオン・ブルクハルト          
カリーナ・ヴィーゼ             
シャルロット・シュヴァーブ
ディトマー・ハーン
ゴットフリート・フォルマー
ニールス・クルフィン

ゲスト
レネ・シュタインケ
クリスティアン・レドル
ガブリエル・メルツ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
トムとゼミルはいつものように連絡を受け、アウトバーンを走向する1台の黒のワゴン車を追跡していた。
逃走中事故を起こしたワゴン車の中から二人が救出したのは、荷台に隠されていたアジア系の女性だった。
署に戻るとその女性を受け取りに組織犯課のシモン警部とフリート警部補が詳しい内容も言わずに女性を連れて行ってしまう。
トムはその女性が忘れていった衣類から手がかりを発見し一人その現場へ向かうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
現相棒の殉職と、新相棒の出会いを描いたスペシャル。
シリーズ通して、新旧の相棒が顔を合わせるのは、このスペシャルのみ。
そして、アンドレ以来、二人目の殉職となる。
注目すべきは、やはり新しい相棒になるクリスを演じるゲデオン・ブルクハルト。
5代目相棒となる訳だが、今までの相棒よりも一段とクールな雰囲気を醸し出すのだ。
そして、今までと違ったドラマ趣向になっていく。
もう一つは、スタントアワードを受賞した、ラストのアクションシーン。
これは、アクション好きなら、必見中の必見!!

ぜひ、ぜひ、クールな男達を鑑賞して下さい。

「ワイルド・ランナー X2」

Alarm für Cobra 11- Dei Autobahnpolizei 「Feuertaufe」 2003年 スペシャルドラマ(RTL)


ワイルド・ランナーX2 [DVD]ワイルド・ランナーX2 [DVD]
(2007/05/03)
エルドゥアン・アタレイ、クリスチャン・オリヴィエ 他

商品詳細を見る



監督 ラウル・W・ハイリッヒ

アクション監督 ヘルマン・ヨハ

出演                    
エルドゥアン・アタライ           
クリスチャン・オリバー           
カリーナ・ヴィーゼ             
シャルロット・シュヴァーブ
ディトマー・ハーン
ゴットフリート・フォルマー
ニールス・クルフィン

ゲスト
ベラB・フェルゼンハイマー
クリスチャン・マリア・ゲーベル
メリナ・ヘレン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
盗まれた消防車を追う、高速警察隊のゼミルと新人のハルトムート。
そんな中、アウトバーン(高速道路)には、空からコンテナが落下してくる。
それを避けようとした車が次々とクラッシュ!大事故に。
コンテナの中身はカラーインク。
そして、もっと詳しくコンテナを調べようと保管した場所に行ったゼミルは、一人の男に遭遇し、その男がコンテナを持ち去ってしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
新しい相棒ヤンを迎える為のスペシャル。
そして、この物語は、「ワイルド・ランナー」へと続いているのだ。

注目すべきは、4代目ゼミルの相棒ヤンを演じる、クリスチャン・オリバー。
この後には、「さらば、ベルリン」や、「スピード・レーサー」にも出演した俳優さんなのだ。

だんだんと過激になっていく、カーアクション。
そして、スタントマンもそうですが、俳優自身も頑張っているアクションシーンをお見逃しなく~。(^O^)v
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。