スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・グラビティ」

Helden - Wenn Dein Land Dich braucht  2013年 ドイツ・オーストリア スペシャルドラマ(RTL)


ザ・グラビティ ≪2枚組/完全版≫ [DVD]ザ・グラビティ ≪2枚組/完全版≫ [DVD]
(2014/03/05)
ハンネス・イェーニッケ、クリスティアーネ・パウル 他

商品詳細を見る


監督 ハンスイェルク・トゥルン

出演 
ハイネス・イェーニック 
クリスティアーネ・パウル 
イボンヌ・カッターフェルト 
アルミン・ローゼ 
エミリア・シュール 
ジェニス・ニーヴナー 
セバスティアン・シュトレーベン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
前編 スイス、ジュネーブ。
粒子加速器研究所。地球誕生の研究実験を行っている施設で、本日は、幼い子供達の見学会が行われていた。引率しているのは、職員のアンドレア。迷子の児童をなんとか連れ戻して来たヤナと合流したところだった。そのヤナはアンドレアの姪っ子で今日は仕方なく手伝っているだけだったが。一方、ドイツ、ベルリン。
建築現場で揉めていたマルクの目の前で、大惨事が起きる。それは国会議事堂に、宇宙にあるはずの人工衛星が落下してきたのだ。なんとか娘のヤナに連絡を取ろうとするが何も通じない。同じ時、各地で起る異常気象に、気象予報をしていたソフィアは、今後起りうる異常現象を訴える。元研究員だった彼女だけが分かる事柄だった。
後編 
小さなビックバンを起こした研究所の装置は、ブラックホールを作り出し、すべてを飲み込もうとしていた。
大統領命令でソフィアは、娘ヤナを助けに向かうマルクと共に、その装置を停止させるプログラムを持って研究所まで行かなければならない。なんとか持ち主の青年がいる土地まで来た二人。だが電磁波の異常で精密機械を搭載した乗り物は何も動かせない。ちょうど農場にたどり付いた二人は、農場主のガリンツキーから旧式の車に乗せてもらいその青年を探しに行くのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
神に近づきたいのか?人類。その領域を侵す事は・・・。みたいなお話。
出来るのか?出来たら怖いけども。(~_~;)

これだけは、強調出来る。
某似通った邦題だが、まったくSFの要素はない。

表紙は(-_-;)。

スポンサーサイト

「アース・レイジ」

Bermuda-Dreieck Nordsee 20011年 スペシャルトドラマ(RTL)


アースレイジ [DVD]アースレイジ [DVD]
(2013/03/02)
ハンネス・イェニケ

商品詳細を見る


監督 ニック・ライオン

出演 
ハイネス・イェーニッケ 
ベティーナ・ツィマーマン 
カロリーヌ・アイヒホルン 
ヨゼフィーヌ・ブロイス 
グドルン・ランドグレーベ 
ヨレス・リッセ 
ニールス・ブルーノ・シュミット

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
家族の乗った一隻のヨットが、海上で突然、海からの異様な臭いに包まれた。その後、ガスが吹き出ると共に海面が盛り上がり、まもなく、乗っていた全員が気を失い、ヨットごと海中へと沈んで行った。
海岸で義理の娘と休暇を過ごしていたトムに、管制塔からスヴェンが走って来た。
海上でヨットが行方不明になったと言うのだ。早速ヘリを出し、救出へ向かうトム。
だが、その付近の上空で計器がおかしくなり危うく墜落しそうになる。
一方、グローバルエナジー社の広報部で新人のマリーは招待客へのプレゼンのリハーサルを社長の前で行っていた。だが、落ち度があり、上司からこっぴどく叱られる。
しかし、社長には気に入られ、もう一度チャンスを与えられた。
彼女は、社の掘削プラットホームがある海上へと向かう為、トムの操縦する船に乗り込むのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
原題は、直訳すると、バミューダトライアングル。

実際は、そんなおとぎ話ではない。これまた、人間の傲慢さが産んだ、人災という感じだろうか。
とはいえ、その伝説も説明されていて、その方がちょっと面白い気がした。

こうも、海底の資源の話が続くと、近い将来そうなるかも?と思えてしまう。
しかし、地球資源に頼らない生活も考えなくては~と思ったりもしてね。

「TSUNAMI」

Tsunami 2005年 スペシャルドラマ(Prosibe)


TSUNAMI [DVD]TSUNAMI [DVD]
(2006/06/02)
クリスティアン・エリック・キーリンク、アニヤ・クナウナー 他

商品詳細を見る


監督 ヴィンフリート・エルスナ-

出演 
クリスティアン・エリック・キーリング 
アニヤ・クナウナ- 
ダン・フォン・フーゼン 
スザンネ・ホス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
深海を調査している掘削プラットホーム『ランダム4』
一方、海岸近くのさびれたサーフショップで、眠っていたジョンは、姉からの電話で目が覚める。姉との約束を寝坊してすっぽかしてしまったのだ。
そこへ、店を貸しているジルドが現れ、2,3日のうちに立ち退けと言い渡されてしまう。
同じ時。
環境調査員のツベンヤは、ハンブルクにあるアルファーガスの『ランダム4』がメタンハイドレードの調査を許可なく行っているとの疑問を抱いた。だが、憶測で事を荒立てるような事をするなと上司から注意されてしまう。
そんな時、急に津波が発生した。
原因を突き止めるべく被害にあった海岸に来たツベンヤはそこでジョンと出会うのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
人工的に作られた大波は、人工的に崩せる(?)ということのようだ。
実際に、出来たらいいなあ~と思わせるが、ちょっと無理もあるかも?と突っ込みは入れたくなった。

注目すべきは、その大波が起った理由。
人災に近い気がする・・・。(-_-;)

次世代のエネルギーもいいが、人災はご勘弁だな。

「グランド・ストーム」

Der Untergang der Pamir 2006年  スペシャルドラマ (ARD・NDR)


グランド・ストーム (エピソードI) [DVD]グランド・ストーム (エピソードI) [DVD]
(2008/02/08)
ディトマール・バール、ヤン・ヨーゼフ・リーファース 他

商品詳細を見る



グランド・ストーム (エピソードII) [DVD]グランド・ストーム (エピソードII) [DVD]
(2008/02/08)
ヤン・ヨーゼフ・リーファース、ディトマール・バール 他

商品詳細を見る


監督 カスパー・ハイデルバッハ

出演 
クラウス・J・ベーレント 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース 
マックス・リーメルト 
ベンヤミン・サドラー 
トビアス・シェンケ 
オリヴィエ・ストリッツル 
フォルカ・ブルック
ヨハンナ・ガストドロフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
エピソードⅠ 
妻を亡くしたリューダースは、娘と共に墓参りをし、行きつけのバーに立ち寄ってツケで飲んでいた。その後、酔って歩いている所を友人で航海士のハンスに発見され、借金を抱え酒に溺れた日々を断ち切るように、海兵の訓練生も乗るパミール号へベテランの甲板長として、一緒に乗船しないかと誘いを受ける。
そのパミール号を所有しているオルデンブルク社は、怪我をしてしまった船長の代わりに、大型帆船の経験がないルードビッヒを苦肉の策で船長に任命する。遅れ気味のこの船にかなりの赤字が出ていたからだ。
そして、出航の日の前日。訓練生のクルピンは、船を抜け出し恋人との甘い一時を過す。翌朝、寝坊してしまいなんとか船に追いつこうとするのだった。
エピソードⅡ 
1958年.8月。パミール号はブエノスアイレスでの足止めを余儀なくされていた。
湾岸労働者のストが起こっていたのだ。経費の関係上、一刻も早く戻らなければならないパミール号。
船長は積み込み作業をした事がない船員に大麦をバラストまで入れさせ強行出港する。それに気がついたハンスとリューダースは、講義するも逆に銃で脅され仕方なく従うしかなかった。
そして、パミール号に、大きなハリケーンが近づいて来るのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
1957年.9月22日。
西ドイツの練習船兼穀物輸送の貨物船パミール号。南太平洋上で台風の直撃を受けて遭難沈没。大半の乗員と実習生が犠牲となる惨事をドラマ化したもの。

生還したのは、乗組員、訓練生、合わせて6人。
物語の登場人物の誰が生還して誰が犠牲になったかは、是非この作品を見て確認してくれ。

大規模な災害って、自然の猛威もあるが、大概が人災なんだと災害パニックものを見るたび思う。
人の欲が災害を招く?(@_@)

「大津波」

Nach uns die Sintflut 1996年 


大津波 [DVD]大津波 [DVD]
(2000/12/01)
ピーター・フォン・シュトロームベック、レスリー・マルトン 他

商品詳細を見る


監督 ジギー・ローズムンド

出演 
ピーター・フォン・シュロームベック 
レスリー・マルトン 
ロバート・シュトロバー 
ニナ・ペトリ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
海洋上で異常な数値を発見したグリンピースのグロース博士。数時間もしくは数日で巨大な氷が溶け、大津波が発生すると警告する。しかし、誰もその事を信じようとはしなかった。
一方、今年の夏も海岸近くの家で過ごそうと、リットバーグ家がやってくる。
だが、年頃のアネットは父とケンカをし友人達と海へ出かけてしまった。
下の子のペニーはグロース博士の出演するTV番組を見て家に帰ろうと言い出す始末。
そして、この街に住む医師ドアマーゲンは、妻に不倫がばれて微妙な立場になっていた。
そんな中、博士の予想通り津波が発生する。
ちょうど犬と散歩に出かけていたペニーは何とか家に帰ろうとするのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題通りの災害パニックもの。

大きな氷が溶けて~という理由は、何となくピンとくるような来ないような理由で、こっちもあまり緊迫感がない。

しかし、
淡々と話が展開する中で、もしかしたら、実際に遭遇するとそういうパニックを自分も起こすのか?と感じてしまった。

難点はCG技術。(^◇^;)
そこは、
暗黙の了解で突っ込まないでくださいましね。

「HELL」

Hell 2011年 


HELL [DVD]HELL [DVD]
(2012/09/05)
ハンナ・ヘルツシュプルング、ラース・アイディンガー 他

商品詳細を見る


監督 ティム・フェールバウム

出演 
ハンナー・ヘルツシュプルング 
ラース・アイディンガー 
スタイプ・エルツェッグ 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
2016年。我々の知っている世界は消え去った。
わずか4年で気温は10℃も上昇し、人々は生存の為の戦いを始めていた。
走行する車の中で目覚めたレオニー。姉マリーと車の所有者アレックスと共に氷があるとされる場所へ向かっていた。
途中、無人のガソリンスタンドで給油しようとした時、一人の男が食糧を盗みに近づいて来た。彼はガソリンを分ける代わりに乗せてくれと言う。ガソリンの為、カールを乗せ出発する3人。
すると、山道の途中でバリケードの為に道がふさがれていた。その側の山の斜面には落下した車が。
カールとアレックスは、ガソリンと食糧を確認に向かい、マリーにも手伝ってくれと呼び出す。
だが、マリーが車を離れた空きに妹が車ごと、何者かに連れ去られてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
一言でいうと「サバイバルサスペンス」(そんなジャンルはないと思うが。(^_^;))
過酷な環境のもとで、人々はどう生き残りをかけるか?
食糧不足となった今、何を食糧とするのか?

みたいに思えた。

人間も行き着くとこまで行くと、そうなってしまうのかな~なんて思ってしまった。
だけど、そこまでして子孫残したいかな~とも思えた。

ちょっと覚悟を決めて見た方がいいと思う。
見終わって、疲れがどぉ~と出るタイプの映画だと思われるので。(^◇^;)

「スカイ・クラッシュ」

Crashpoint - 90 Minuten bis zum Absturz  2009年 スペシャルドラマ


スカイ・クラッシュ [DVD]スカイ・クラッシュ [DVD]
(2010/07/23)
ペーター・ハーバー、マックス・フォン・プーフェンドルフ 他

商品詳細を見る


監督 トーマス・ヤオホ

出演 
ペーター・ハーバー 
マクシミリアン・フォン・プーフェンドルフ 
ユリア・ハートマン 
ハンネス・イーニッケ 
マリー・ルーセレン 
ホルスト・ザハトレーベン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
フランス、ニース空港。
EA714便に乗り込むベテランパイロットのヴィンクラー。彼は大事故を回避したと言われている有名なパイロットだった。一緒にフライトをするニコライはその腕前を見るのが楽しみだった。
そして、離陸が始まった。
だが、管制塔のミスで小型のセスナ機と接触したEA714便は、機体に大きな穴を開けたまま上空を飛ぶことになってしまう。さらに、墜落予想地点は何万人ものランナーが集うマラソン大会が開催されているドイツ、ベルリン。
政府の危機管理センターと共に乗務員は無事着陸が出来る方法を模索するのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
いきなり事故が発生し、無事着陸できるか?というパニック作品。
乗客を巻き込んでの対策は、仕方ないとはいえ、なんか考えさせられてしまった。

これで、飛行機事故は何本鑑賞したんだろう?
意外と、ドイツのTVドラマが使い題材は、飛行機事故関係が多いのかも?

というか、日本に来ている作品だけかもしれないけどね。( ̄。 ̄;)

「エアポート2010」

Faktor 8 - Der Tag ist gekommen 2009年 スペシャルドラマ


エアポート2010 [DVD]エアポート2010 [DVD]
(2010/08/04)
ムリエル・バウマイスター、オリヴァー・モムセン 他

商品詳細を見る


監督 ライナー・マツタニ

出演 
ムリエル・バウマイスター 
オリヴァー・モムセン 
アンドレ・ヘンニック 
シュテファン・ルカ 
マックス・フェルダー 
フランソワ・グースケ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ドイツ航空111便、プーケット発ミュンヘン行き。 
太平洋上空。
一人の乗客の具合が悪くなり、医者を捜す乗務員。
心理学者のヘッケルが医者の心得は持って居るとして客に対応する。症状からして血友病だとすぐ分かり、応急処置をしたが、すぐさま病院へ連れて行かなければならない状況だった。
臨時着陸を決断した機長だったが、どこも受け入れてくれない。
そして、やっとドイツ軍の空港へ着陸できたが、乗客は降りられない。
そんな中、具合の悪くなる乗客が続出。
いったい何が起ったというのだろうか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ある種のパニック作品。
感染源の島ごと政府が爆破するほど、人類全体の生命を脅かす強力なウィルスが発生した!
そこから旅だった旅客機。
乗客は?乗務員は?はたまた、受け入れるドイツ政府はどう対応するのか?

自分だったら~なんて考えさせられた作品。
しかし、これがお茶の間で見れるドイツって凄すぎのような気がするが。σ(^◇^;)

さあ、あなたがこの乗客だったらどうしますか?

「クラッシュランディング」

Check-in to Disaster 2001年 スペシャルドラマ(ProSieben)


クラッシュランディング [DVD]クラッシュランディング [DVD]
(2003/07/04)
ユルゲン・レーマン、イザベラ・パーキンソン 他

商品詳細を見る



監督 ウーヴェ・フリースナー

出演 
ユルゲン・レーマン 
イザベラ・パーキンソン 
アダム・ボウスドウコス 
アンドレ・ヘンニック 
クリストファー・クリーサ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
クリスは、南アフリカのケープタウンで、上着を盗まれる。必死に取り戻し、ポケットにあったあるものを確認する。
一方、空港では、搭乗手続をする人々が列を作っていた。
実は、航空会社の手違いで予約を多く取ってしまっていたのだ。
その為ドイツ行きの臨時便が出る事に。
そこへ、クリスが来る。待っていたのは、彼の恋人コニー。
しかし、臨時便の飛行機へ副操縦士として乗り込む事になった彼女はすぐさま飛行機に搭乗してしまった。仕方なくクリスもその飛行機に乗ることに。
無事空港を離陸した飛行機だったが、突然エンジンが停止し、砂漠への緊急着陸を余儀なくされるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
機長が正規のルートで飛ばなかった為、そして、航空会社の社長が欲をかいて整備がきちんと終わってない飛行機を飛ばした為に、この大惨事になったのだ。なので、殆ど人災。( ̄。 ̄;)
さあ、砂漠の真ん中で連絡も取れず、生き残った乗客はどうやって助かるのか?という主旨のドラマ。

注目すべきは、「ソウル・キッチン」に出演していた、アダム・ボウスドウコス。
ブギーという役ですげ~いい奴を演じていたのだ。
最後まで主人公と絡んでいたからさ。

ただ、英語吹き替えだったのが、残念だったけどね。

「デイ・オブ・デスティニー」

Tarragona - Ein Paradies in Flammen 2005年 スペシャルドラマ(RTL)


デイ・オブ・デスティニー [DVD]デイ・オブ・デスティニー [DVD]
(2008/08/02)
ユルゲン・エッケ

商品詳細を見る


監督 ピーター・ケグレヴィック

出演 
ティム・ベルクマン 
ゾフィ・ファン・ケッセル 
ヨハネス・ブランドラップ
ヘルベルト・クナウブ 
フランソワ・グースケ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1978年7月10日。スペイン、タラゴナ。
渋滞に巻き込まれた車の中で母ウルリケに不満をぶつける、娘のマイケ。
運転しているのは、ウルリケの恋人、ディートマ。
行き先のリゾート地の海岸に、彼女の父親アンドレアスが待っているのだ。
一方、サビーネとミヒャエルは、互いの両親に内緒でここまで2人きりで遊びに来ていた。
だが、お金を盗まれてしまい、サビーネは仕方なく、母親に父には内緒でお金を送ってくれないかと、ドイツへ電話をかけるのだった。
次の日、11日の早朝。
タンクローリーに液化ガスをいつも以上に積み込んでしまった運転手のミゲルはその事に気がつかず、タラゴナ方面へと出発してしまう。
そして、生存者には忘れられない出来事が発生するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
実際にあった話を少しもとにつくられた群像劇。

注目すべきは、その爆発シーン。まさしく爆弾でも落とされたような感じなのだ。
ドイツでは、有名なリゾート地で起きた大惨事。

ちょっと怖かったのは言うまでもない・・・。( ̄。 ̄;)

「ストーム・シティ」

Die Sturmflut 2006年 スペシャルドラマ(RTL)


ストーム・シティ [DVD]ストーム・シティ [DVD]
(2006/12/02)
ナディヤ・ウール、ベノ・ファーマン 他

商品詳細を見る


監督 ヨルゴ・ババヴァッシリュー

出演 
ナディア・ウール 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース 
ベンノ・フュアマン
ゲッツ・ゲオルク
ベティーナ・ツイママン
クリスチャン・ベルケル
ロルフ・カニエス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1962年2月。
アイスランド気象観測所で動物達の異常行動が目撃された。
同じ頃、ハンブルグ海洋気象台が、アイルランド上空にあるサイクロンを発見し、今後の動向を伺っていた。
一方、海洋上にある石油掘削基地フリーダ1号は、そのサイクロンの影響で今にも海に沈みそうになっていた。
それから数日後。
久しぶりにハンブルク港に着いた船乗りのヨルガンは、父親が入院しているという病院を訪ねる。
そこで、担当医のマルクスから父親の病状を聞くと共に、彼が明日、自分の元恋人カーチャと結婚する事を聞かされるのだった。
ショックを隠しきれないヨルガン。
そして、話をしにカーチャに会いに行くのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
実際にあった災害の話を少しロマンチックな感じに仕上げている作品。

注目すべきは、ドイツの特撮技術VFX。
アクションシーンもあるので、他の国の災害作品に負けない作りになっている。

災害ものが苦手でも、ロマンスがあるので、女性も是非見て欲しいなあ。

「VOLCANO ボルケーノ」 

Vulkan 2009年 スペシャルドラマ(RTL)


VOLCANO(完全版) [DVD]VOLCANO(完全版) [DVD]
(2010/11/03)
マティアス・ケーベルリン

商品詳細を見る



監督 ウヴェ・ヤンソン

出演 
マティアス・ケーベルリン
イボンヌ・カッターフェルト 
カタリーナ・ヴァッカーナーゲル
カッチャ・リーマン 
ハイナー・ラウターバッハ
アルミン・ローデ
ザヴィエ・フッター

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
Episode1 破滅への序曲
現在は湖になっているアイフェル火山の噴火口。隣接している溶岩ドームの案内人ナディーヌは、友人達と共に湖で遊んでいた。すると突然、異常な泡が発生し、気持ち悪くなった彼女は危うく命を落としそうになるのだった。
一方、元消防士のミハエルはフランクフルトで仕事の面接を受け採用された。そして、恋人アンドレアと共にアイフェル地方のロルヒハイムでホテルを経営している両親の元へと来た。そこで、ミハエルは異常な地震を体験する。その後、ポツダム大学の学生アイゼナハがミハエルのホテルにやって来た。彼女は、地震がアイフェル火山の噴火の兆候だと言うのだが。
Episode2 咆える大地
噴火が始まり、避難バスに乗れなかった面々は街に取り残されてしまった。そして、バスも噴火口近くのルートを通った為に水蒸気爆発に巻き込まれ何台かは大破してしまった。
街で生き残った面々と避難を考えていたミハエル。しかし、歩いて街を離れるという人達と救助を待った方がいいというミハエルとが対立してしまい、大半の人が歩いて行ってしまった。そこで彼は数人と共にロルヒハイム城に向かい、一時避難をする事に。
一方、ケンカ別れをし、フランクフルトにいたアンドレアはニュースを聞いてミハエルを助けようとロルヒハイムに行く決意をする。だが、タクシーはすべて乗車拒否。困り果てた彼女の側に1台の乗用車が止まるのだった。


勝手な感想 Episode1(takboutの思い込み感想日記はこちら
勝手な感想 Episode2(takboutの思い込み感想日記はこちら


勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
富士の麓に住む自分には他人事に思えず、必死に見てしまった。

注目すべきは、予兆とそれぞれの避難方法。

ドラマだとはいえ、自分で助けに行くっていうのは、無謀に思えた。そのお陰でラストが・・・。(T_T)
分かっているけど、今回はむっちゃ悲しすぎたよ~。(>_<)

「ダーク・プレイス」

Das Wunder von Lengede 2003年 スペシャルドラマ


ダーク・プレイス [DVD]ダーク・プレイス [DVD]
(2006/01/01)
ハイノ・フェルヒ、ハイケ・マカッシュ 他

商品詳細を見る



監督 カスパー・ハイデルバッハ

出演 
ハイノ・フェルヒ
ハイケ・マカッシュ 
ヤン・ヨーゼフ・リーハース 
ナディア・ウール 
ベンヤミン・サドラー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1963年、10月23日。
フランツとブルーノは、フランツの妻ヘルガの誕生日パーティーに遅れて行った。
そして、翌日の24日。
いつものようにレンゲデ炭坑に出勤し60メートルの地下に潜った。
そして、作業を始めたその時、異変が生じる。
かねてから危険とされていた沈殿池が決壊し、地下に大量の水が流れ込んでしまったのだ。
どうにか、他の仲間と共に難を逃れたフランツだったが、ブルーノは、足を骨折してしまう。
一方、地上では救出作業に追われていた。
まだ44人もの作業員が行方不明のまま。
ヘルガとブルーノの妻レナーデは夫の無事を祈るしかなかった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これは実話。ドイツでは「レンゲデの奇跡」と呼ばれている出来事。
注目すべきは、彼らが発見される経緯だ。
もう、早く、気がついて~と叫びたくなってしまった。

チリの炭鉱事故の時に教えてもらった作品だが、出来ことなら、こういう事故は起って欲しくないです。(>_<)

「IMPACT インパクト」

Impact 2008年 ドイツ・アメリカ・カナダ スペシャルドラマ


IMPACT インパクト【完全版】 [DVD]IMPACT インパクト【完全版】 [DVD]
(2010/08/04)
デヴィッド・ジェームス・エリオット/ナターシャ・ヘンストリッジ/ベンヤミン・サドラー/フロレンティーネ・ラーメ/ジェームズ・クロムウェル/スティーブン・カルプ

商品詳細を見る




監督 マイク・ロール

出演 
デヴィッド・ジェームズ・エリオット 
ベンヤミン・サドラー
ナターシャ・ヘンストリッジ 
フロレンティーネ・ラーメ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ムーン・パニック 壊れゆく月)
一万年に一度の大流星群を見ようと世界中の人々が夜空を見上げていた。
アメリカに住むアレックスも子供達と義父と共に、ドイツ住むローランドも恋人のマルティナと共に眺めていた。
だがそんな中、人々の目の前で巨大な天体が月に激突した。それは、「褐色惑星(かっしょくわくせい)」と呼ばれ月の数倍の質量を持ち月の軌道を狂わせるものだった。
さらに、地球にも変化が起きてきた。
大統領の命により対策本部のリーダーとなったマディー博士は、自分よりも天文に詳しい、友人のアレックスとローランドを呼び出し、意見を求めるのだった。
ムーン・パニック 最後のミッション)
当初の作戦が失敗し、月が地球に衝突するまで39日と縮まってしまった今、残すはアレックス達が考えた作戦のみだった。
だがそれはアレックスとローランド抜きには出来ないもの。
行方不明の家族と恋人を見つけてくれる事を願い出て、月に旅立つ二人。
彼らの立てた作戦は上手くいくのだろうか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
太陽は数々あれど、月が地球に影響する?というのは、珍しいパニックものではないかな?

注目すべきは、その結末。
ご、強引過ぎませんか?のおおよそ、ハッピーエンド。( ̄。 ̄;)

気になるかたは、是非どうぞ♪

「オーシャンズ・オデッセイ」

Tod aus der Tiefe 2009年 ドイツ・オーストラリア スペシャルドラマ(ORF)


オーシャンズ・オデッセイ [DVD]オーシャンズ・オデッセイ [DVD]
(2010/08/04)
ラビニア・ウィルソン/ヒューベルタス・グリム/カーチャ・ウェイツェンべック

商品詳細を見る


監督 ハンス・ホルン

出演 
ラヴィニア・ウィルソン 
ヒュベルトゥス・グリム 
ファーリ・オーゲン・ヤルディム 
カーチャ・ヴァイツェンバック 
ザヴィエ・フッター

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
海洋上。
WBO社のレフティング油田掘削基地に事故が発生した。プラット部分が傾いてしまったのだ。必死に原因を探る、作業員のセルゲイや、従業員のナターシャ達。
海岸付近の住宅街。
医者のエヴァは、久しぶりに娘と過ごしていた。だが、楽しい一時ももうすぐ終わりを告げるのだ。何故なら、離婚した夫ベルントが娘を迎えに来たからだ。夫と共に、海へ出掛けると嬉しそうに自分の元を離れていった娘。彼女は、後ろ髪を引かれる思いで病院へと出勤する。
すると、運ばれて来た患者に異変が起こった。すべてを吐きだしたかと思うと、そのまま死んでしまったのだ。どの患者も海を泳いでいたからだという。エヴァは、娘の事を思い出し、夫に連絡を取ろうとするのだが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
なんと言っていいか分からないが、海洋が舞台なのはたしか。
災害パニックものではないが、分類に困ったので、オープニングの様子からこちらのカテゴリに入れた。アメリカ映画「アビス」にちょっとだけ似ている感じといえば分かるかな?

注目すべきは、その内容。
群像劇にもなっているので、いろんな人物のいろんな事情が絡んでくるのだ。
追いかけるのに苦労したよ。

なかなかの面白さだったが、エンディングは・・・。(意味深・・・)
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。