スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒットマン:エージェント47」

Hitman: Agent 47 2015年 アメリカ・ドイツ・イギリス



監督 アレクサンダー・バック

出演 
ルパート・フレンド 
ハンナ・ウェア 
ザカリー・クイント 
トーマス・クレッチマン 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
優れた人間を作り出す政府のエージェン計画は、1967年8月にリヴェンコという人物により成功した。感情も恐怖も感じない殺人マシーンと化したエージェント。
だが、良心の呵責に耐えきれずにリヴェンコはその施設を抜け出し、姿を隠してしまう。
政府はこの無謀な計画が世間に発覚するのを恐れ封印するも、今頃になって再び彼を探し始める。その手がかりは、彼の娘カティア。
現在彼女はオーストリアのザルツブルクに滞在しているとの情報だった。
そのカティアは、知らない男が訪ねて来て「君を助けに来た。」との言葉を信じその男と共に逃げようとするが、そこへエージェント47が現れる。
なんとか男とその場を逃げたカティア。
男は、ジョン・スミスと名乗り、どうしても君の父親の居場所を知りたいと手がかりを求めてくるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
バーコード付のエージェント。
そのパターンにちょっと飽きがきてるが、無感情のわりには、痛そうでした。(^◇^;)

その点、ザカリーだけ人間に見えないのは、特権?それとも「スタトレ」の影響かな。
スポンサーサイト

「テロリストのゲーム」 

Labirent 2011年 ドイツ・トルコ作品



監督 トルガ・オルネック

出演 
ティムシン・エセン 
メルテム・カンブール 
サーブ・アヤヤ 
リサ・コカオグル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
カメラの前に座り動画を撮影している一人の男。ハサン・ヌ・カン、28歳。
それはこれか起こすテロへの犯行声明だった。
トルコ、イスタンブール。
爆弾を巻き付けたハサンが、ビルの前へ来る。そして、爆発させた。
その様子を誰かが撮影しているのだった。
トルコ国家情報局。
イスタンブール支局。フィクレットは、自分が昔行った作戦を思いだしていた。その時に協力してくれた人物は彼らに誘拐されてしまい、今となっては生死も分からない。無事でいてくれているだろうか?
そんな思いを抱きながら、彼は今、テロ組織の動向を、現在の協力者と共に探っていた。
爆弾テロを起こしたハサンと同じ大学の生徒の協力者。フィクレットが何故に分からなかったのかと問い詰めると、何人もいる生徒の中で、そこまで分かる訳がないと言い張った。
そんな時、ドイツにいる潜入捜査官が殺されてしまった。
誰かが、逆に情報を流しているとしか思えない。
しかし、こちらにも重要な情報が入ってくる。それは、協力者の兄で、直接テロに関与していた人物が恐くなって逃げ出して来たのだ。
その情報を元に今度こそ、テロを未然に防ごうとする、フィクレットだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
裏事情は、本当にこんな感じかもしれないと思った。もしかしたら、そんな単純でもないのかもしれない。
あのシングルマザーの刑事さんは、かっこよかった~。

早く、テロ行為がなくなる事を祈って・・・。

「イヤー・オブ・ザ・スネーク 第四帝国」

Die vierte Macht 2012年  


イヤー・オブ・ザ・スネーク-第四の帝国- [DVD]イヤー・オブ・ザ・スネーク-第四の帝国- [DVD]
(2013/09/04)
モーリッツ・ブライプトロイ、カシア・スムートニアック 他

商品詳細を見る


監督 デニス・ガンゼル

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ  
マックス・リーメルト 
カシア・スムートニアック 
マーク・イヴァニール   
スタイプ・エルツェッグ
マーク・ツァク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1990年代後半のモスクワ。団地の一角に爆発が起った。
13年後のモスクワ。
ドイツ人記者のポールは、マッチ社で発行しているゴシップ雑誌の売り上げを向上させるためにこの地へ来る。
出迎えたのは、カメラマンのディマ。彼は、街を案内しながら、宿泊先へと届けてくれた。そこは、かつて自分の父親も使っていた場所だった。
社に出勤し、ケティアという現地人記者と出会うポール。
その後、社に勤めていたという記者が射殺される現場を偶然目撃してしまった彼。
ケティアが編集長にその事件を掲載するよう食い入るのを見て、自分のゴシップ雑誌に死亡した記者の追悼記事を掲載してしまう。
その事で、ケティアと仲良くなったポールだったが、ある日、ケティアの仲間だとし、現地警察に逮捕されてしまう。
実は彼女は、爆弾テロを行った犯人とされていたからだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
外国へ行ったら、親切心は捨てるべきだと思った。
冷たいけども。(^_^;)

モーリッツ君の騙され具合に注目!!
とはいえ、
騙す方が上手いんだけどね。(あ~恐ろしい)

「バンク・イリュージョン」

Robin Hood 2013年 


バンク・イリュージョン [DVD]バンク・イリュージョン [DVD]
(2014/11/05)
ケン・デュケン、ダグニー・ディーバーツ 他

商品詳細を見る


監督 マーティン・シェライアー

出演 
ケン・デュケン 
マティアス・ケーベルリン 
ダグニー・ディーバーツ 
スタイプ・エルツェッグ 
ヴィンツェンツ・キーファー 

手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
「脅威は悪ではなく、悪を許す者たちだ。 アインシュタイン」
車の中で待機している4人。おもむろに覆面を被る。
6週間前。
姉の家を訪ねた警官のアレックスは、立ち退きを求められている彼女にこう告げる。銀行の頭取を明日逮捕するから、大丈夫だと。
今、ドイツ経済は大変な不況で、回復の見込みがない為に、ドイツ国立銀行(DNB)の頭取は、金を貸さず、逆に取り立てていた。その為、陰で不動産会社と手を組み、貸し付けの返済が滞っている人々から、借金の肩代わりに住宅を取り上げていたのだ。
貧しい人々は、路上生活を余儀なくされていた。
アレックスは、頭取の悪事を証言する証人を確保し、逮捕するまでにこぎ着けていた。
だが、当日、証人は何も話さないと言いだし、逮捕は出来なくなってしまう。さらに、姉も家を没収され、彼女はアレックスに娘を託すとの伝言を残し自殺してしまう。
残された姪っ子に合わせる顔がない、アレックス。
そこで、彼が考えた事は、巷を騒がす「砂時計ギャング」と合流し、DNBの悪事をあばくという事だった。早速、彼はその連中が次に襲うであろう銀行の支店に張り込むのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
現在のロビン・フッド。日本でいう、現在の石川五右衛門。
どっちにしろ、、
義賊(ぎぞく)=国家や領主などの権力者からは犯罪人と目され、無法者とされながらも、大衆から支持される個人及びその集団のこと。

まんまの物語なので、見やすいですよ。(^_^)v

「ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀」

Hindenburg 2011年 スペシャルドラマ(RTL)


ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 [DVD]ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀 [DVD]
(2013/08/09)
マクシミリアン・ジモニシェック、ローレン・リー・スミス 他

商品詳細を見る


監督 フィリップ・ガデルバッハ

出演 
マキシミリアン・ジモニシェック 
ローレン・リー・スミス 
グレタ・スカッキ 
ハイナ・ラウターバッハ 
クリスティーネ・パウル 
アンドレアス・ピーチュマン
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ヒンデンブルグ号が、着陸寸前に炎上!! 地上でも上空でも逃げ惑う人々・・・。
4日前。
グライダーを操縦していたマーティンは、鳥と接触しコントロールを失って湖へと墜落した。
偶然、来ていたアメリカ人の女性に助けてもらったマーティンは、その場で今晩出席するパーティーに誘った。だが、彼女には先約があった。
アメリカ領事館で行われたパーティーにツェッペリン飛行船会社が誇るヒンデンブルグ号の設計技師として出席していたマーティンは、そこで、助けて貰った女性ジェニファーと再会する。
彼女はアメリカの石油業者の娘で、すでにF・リッテンベルグという婚約者もいた。それでも、彼女を諦めきれないマーティン。
そんな中、ジェニファーの父が倒れたとの知らせを受け、急遽母親と共にヒンデンブルグ号へ乗って帰国する事になった、彼女。だが、マーティンは上司からこの母娘を乗せないようにと支持を受ける。
その事を彼女に伝えようと婚約者に声を掛けると、突然マーティンに襲いかかり、「爆弾がある」という言葉を残し死んでしまった。
マーティンは、爆弾を探す為、密かにヒンデンブルグ号へ乗り込むのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ハリウッド映画にも引けを取らないおもしろさ。

注目すべきは、主人公のマーティンを演じたマキシミリアン・ジモニシェック。
なんと!コブラ11を見た人なら分かるが、エンゲルハート隊長を演じたシャルロット・シュヴァーブの息子さん!!
今後の活躍が期待出来そうな俳優ですぞ。(*^^)v

「ブラック・セプテンバー ~ミュンヘンオリンピック事件の真実~」

München 72 - Das Attentat 2012年 スペシャルドラマ(ZDF)


ブラック・セプテンバー~ミュンヘンオリンピック事件の真実~ [DVD]ブラック・セプテンバー~ミュンヘンオリンピック事件の真実~ [DVD]
(2013/05/03)
ベルナデッテ・ヘールワーゲン

商品詳細を見る


監督 ドロール・ザハヴィ

出演 
ハイノ・フェルヒ 
ベルナデット・ヘアヴァーゲン 
フェリックス・クラーレ 
ベンヤミン・サドラー 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
警察官のアナ・ギャバースは、上司に呼び出され、ミュンヘンオリンピック選手村の警備の任務を命じられた。
一方、フェンシングを指導しているアンドレ・スピッツァーは、イスラエル選手団のコーチとして、オリンピックに参加することになった。
そんな時、署長を中心に警察の上層部はあらゆる状況下に対処出来るようオリンピック警備の話し合いをしていた。だがゲリラ事件が起こるのでは?という提案には、殆ど誰も耳を傾けなかった。
そして、オリンピックが開幕した数日後。
パレスチナ人が早朝、選手村のフェンスを乗り越え潜入、イスラエル人選手を人質に立てこもり事件を起こす。
犯人達との交渉の窓口に名乗り出たのは、警察官のアナ。
彼らは、選手の命と引き替えに、イスラエルで拘束されている仲間のパレスチナ人を解放するようにとの要求を出してきた。
当初は安易に集結出来ると思っていた署長達だったが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この事件の後を描いたのは、スティーブン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」
事件の始まりから終わりまでを描いたのはこの作品。

もう、2度とこういう事件は起こして欲しくないものだ。

それにしても、甘すぎた警察。 

もう少し慎重に事を運んでいたならば・・・。(>_<)

「バルティック・ストーム」

Baltic Storm 2003年 ドイツ・イギリス

11027640_det.jpg


監督 リューベン・レダー

出演 
グレタ・スカッキ 
ユルゲン・ブロフノウ 
ドナルド・サザーランド 
デューレ・リーフェンシュタイン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ベルリンの壁も崩壊し、ソ連もなくなった。
(これは、真実ではない)
1994年、エストニア号。
息子と共に、乗船した弁護士のウェスターマークは、バーで不信な男達に声をかけられる。ある人物を探しているというのだ。一緒にいたバーテンが彼らの去った後で、きっとKGB(ソビエト連邦、国家保安員)に違いないと告げた。
その後、船は大きな爆発音と共に揺れだし、沈没した。
一方、元KGBだという男から、エストニア号が国家機密に関わる何かを運んでいるとの情報を得たTVリポーターのジュリアは、乗船しようと港に行くが、すでに出港した後だった。
そして、事故に遭った乗客が運び込まれた病院で、ウェスターマークに出会いインタビューするも、その映像は放送出来なかった。
それから、3ヶ月後。
事故報告会で、ウェスターマークは、自分の調べた事実と違う事を指摘する。何かを隠している政府と事故調査員。
ジュリアは、もう一度ウェスターマークに声をかけるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
真実ではない!と公言されるが、
「本当はそうなんじゃないの?」と思わせるほど、現実味がある物語。

なんか裏工作してそうだよね、鶴の一声のような、某お国様はさ。( ̄。 ̄;)


「シージャック」

Die Todesfahrt der MS SeaStar 1999年 スペシャルドラマ


シージャック [DVD]シージャック [DVD]
(2000/10/27)
ラルフ・バウアー

商品詳細を見る


監督 マルク・フォン・セイドリック

出演 
ラルフ・バウアー 
オアナ・ソロモネスク 
ウド・バッハトファイトル 
ブルーノ・マッカリーニ 
イザベル・ゲルシュケ 
ロルフ・カニエス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
AM7:55 
北海沿岸ウィルヘルムハーバー。
船に積み込まれていた爆弾を解体しようとする2人の隊員。しかし、間に合わなかった。
その訓練の結果をウィルヘルムハーバー海軍、海軍潜水部隊基地で中佐からこっぴどくしかられるスベン。
PM2:12 
ハーマン客船会社のシースター北極海クルーズに取材もかねてトラベルマガジンの記者、アンナが娘のお誕生日のお祝いで乗船した。
同じ船に、アンナの夫スベンも娘の誕生日プレゼントを持って内緒で乗船した。
だが後に、その船はテロリストに占拠されてしまう。
隠れている、スベンは仲間に連絡を入れるのだが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
地上では、建物や乗り物の占拠。空では、旅客機などの飛行機の占拠。海では、運搬船や客船の占拠。
ということで、
陸・海・空のテロを観賞。(爆)

ドイツ版「ダイ・ハード」か?
と思いきや仲間をあっさり呼ぶも、あっさり倒されてしまう、部隊。(^◇^;)
その後どうしたか?は、観賞してみてくれ。

とにかく
こういうテロものは、大概占拠された物の最高責任者が意外と早い段階で、出番がなくなるということ。
そうやって見ると、意外なおもしろさがありますよ。

マニアック解説でした。

「トルネード・エクスプレス」

Der Todeszug 1999年 スペシャルドラマ


トルネード・エクスプレス [DVD]トルネード・エクスプレス [DVD]
(2000/09/08)
オリバー・ビーラー

商品詳細を見る


監督 イョルク・リュードルフ

出演 
イエルグ・シュツアウフ 
クラウディア・ミヒェルゼン 
フランク・ローツ 
デニス・チッヒ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
使用済み核廃棄物を乗せた列車がベルリン郊外を出発した。
警察官のマーティンは久しぶりの休日に娘のジェシカと旅行へでも出かけようと提案するが、娘は講義デモに参加すると言って友人達と出て行ってしまった。
マーティンは、政府がデモ鎮圧に容赦ないのを知り、娘を止めに出かけた。
その娘ジェシカは偶然にも列車をハイジャックしているテロ集団を目撃してしまい、そのまま人質にされてしまう。
マーティンが駆けつけるが、テロ犯からハイジャックした事実を上層部へ連絡するよう要求された。
マーティンは、列車警備の責任者に会い動揺を隠せなかった。
なぜなら彼のかつての恋人ナディアだったからだ。
だが、ナディアはマーティンの言うことを聞いてはくれない。
それには、ある政府の秘密があったからだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
使用済み核廃棄物。
なんでもゴミというものは出てくるのだが、その処分は・・・。
この列車は実は~という展開になり、え?そうなると何?政府は国民をだまくらかしてる?
というような疑心暗鬼にさせてくれる。(^◇^;)

実に難しい問題

とはいえ、
英語吹き替え字幕のみっててのは勘弁して欲しかった。
ニュアンスが微妙に違って感じるのは、やっぱ母国語じゃないからだよなあ。( ̄。 ̄;) 

「ホスピタル・アンダー・シージ」

Spital in Angst 2001年 ドイツ・スイス スペシャルドラマ(ZDF)


ホスピタル・アンダー・シージ [DVD]ホスピタル・アンダー・シージ [DVD]
(2003/01/24)
ザビーナ・シュネーペリ、ヨナタン・キンズラー 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・スタイナー

出演 
サビーナ・シュネーベリー 
ヨナタン・キンズラー 
ステファン・ブラザー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
パトカーが先導し救急車がスイスの病院へと向かう。入院は極秘。患者はアフリカの大統領で、彼の生死は今後の国の発展に大きな影響を及ぼすからだった。
だが、その病院にテロリストが進入してきてしまう。
彼の命と引き替えに多額の現金を要求。その病院に大量の爆弾を持ち込んだというのだ。
一方、医師のカトリンは、外科医としては名医だったが、プライベートでは夫とぎくしゃくしていた。
そんな中での病院からの呼び出し。夫の反対を押し切って、テロリストに占拠された病院にいる患者を救うため彼女は向かう。
偶然にも女性警官が入院しており、警官は独断で外部と連絡を取ってしまう。
その事がテロリストのリーダーにばれ、カトリンのせっかくの説得も無駄に終わりそうになるのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
国内ではともかく、大統領とかの訪問先で行うテロ行為。
自国で起こっている犯罪なのに、外国が関わっているから、下手に手出しが出せるようで出せない感じが、むっちゃくちゃ迷惑でイライラした気分になる。

ラストは、無理矢理というか、ドイツでのパターン!悲劇の後の希望・・・。(^◇^;)

お願いだから、外国で自国のテロはやめて欲しい。
自分達の国の事は、自分達で行って欲しいと思うのは、甘い考えなのかな?( ̄。 ̄;)

「アイアン・スカイ」

Iron Sky 2012年 フィンランド・ドイツ・オーストリア


アイアン・スカイ [DVD]アイアン・スカイ [DVD]
(2013/02/08)
ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー 他

商品詳細を見る


監督 ティモ・ヴォレンソラ

出演 
ユリア・ディーツェ 
ゲッツ・オットー 
クリストファー・カービィ 
ペータ・サージェント 
ウド・キア

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
アメリカのリバティ号は月面へ着陸した。サンダース船長は周辺を調査し何者かに殺される。
月面青年団伍長、レナーテ・リヒターは、本日も偉大なるナチスの精神を教えていた。そこへ、地球からきた宇宙飛行士ジェームズの通訳として呼び出される。
捕虜となった彼は、黒人から白人に変えられ、地球のガイドとして、アドラーとレナーテを連れて帰還する。
それから、3ヶ月後。
レナーテは、後に攻めてくるであろうナチスの仲間を止めようと街で見かけたジェームズと共に、奮闘する。そんな中、アドラーは、総統の命令を無視し、自らが総統になろうと企むのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「スター・トレック」のパロディ作品「スターレック 皇帝の侵略」で世界中のSFファンにその名を知らしめたフィンランドの奇才ティモ・ヴオレンソラ監督だそうで。(^_^;)
この監督が好きな人はついて行けそうな感じのコメディ。
個人的にはついていけず、だから何?と言いたくなった作品。

マニアックすぎてついて行けなかったのでした。( ̄。 ̄;)
(マニアが何を言う~。)

「アンノウン」

Unknown 2011年 アメリカ・ドイツ


アンノウン [DVD]アンノウン [DVD]
(2012/04/25)
リーアム・ニーソン、ダイアン・クルーガー 他

商品詳細を見る


監督 ジャウマ・コレット=セラ

出演 
リーアム・ニーソン 
ダイアン・クリューガー 
エイダン・クイン 
セバスチャン・コッホ 
ブルーノ・ガンツ
カール・マルコヴィックス
スタイプ・エルツェッグ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
マーティン・ハリス博士は、妻と共にベルリンへやって来た。バイオテクノロジーの集会で発表をするためだ。
しかし、荷物を空港で忘れてしまい、慌てて戻るも、タクシーが事故を起し、河へ転落してしまう。女性運転手が助けてくれて、助かったが、記憶を失ってしまった。
断片的に残っている記憶を頼りに、ホテルへ戻ると、妻の隣には見知らぬ男性が。
男性は自分がハリス博士だと名乗り妻もそれに同意している。
では、いったい自分は誰なのか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ、ベルリンが舞台。
記憶を失った彼が、本当の自分を捜すまでの話。

何かで読んだ感想に「ボーンシリーズ」と書かれてあったが、納得だったなあ。σ(^◇^;)

注目すべきは、マーティン演じるリーアム・ニーソンの格闘シーンのキレの良さ。(^O^)v
「Aチーム」出演以降、どうもアクション作品が目立つような?

時折話すドイツ語に聞耳を立てながら観るのも楽しいかったぞ。

「コペルニクス・コード」

Delta Team - Auftrag geheim! 1999年 スペシャルドラマ(ProSiben)


コペルニクスコード [DVD]コペルニクスコード [DVD]
(2007/04/06)
ステファン・ベンソン、ステファニー・シュミット 他

商品詳細を見る



監督 トーステン・ナティア

出演 
ディエゴ・ヴォールフ 
ステファン・ベンソン 
ステファン・シュミット 
ウド・シェンク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
フランス大使が、ドイツ企業ハウスマン社を訪問し、中庭で記者会見を行う事になっていた。警察には、殺害予告が入っていて、厳重な警戒態勢が続いていた。
警察官のアンディは、屋上に待機しながら全体の人の流れを見ていた。
同僚のサンドラとハーラストは従業員に変装し、内部に目を光らせていた。
リーダーのクリスは、同僚に付けたマイクと小型カメラで監視し、指示を与えていた。
だが、事態は最悪な結末を迎える。
大使は狙撃され、数人のケガ人を出し、ハーラストは爆死してしまった。
責任を感じたアンディは警察を辞職。
クリスとサンドラは極秘の任務を上司から言い渡されるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「Delta Team - Auftrag geheim!」1999-2001放送 全12話
連続ドラマが始まる前の、お試し版。(爆)

クリスとサンドラの任務は、暗殺者カメレオンを見付け出し、逮捕すること。

どうも、刑事ものは、日本に入り安いらしい。これで、何本目のお試し版だろう?(爆)

注目すべきは、大道芸人のシーン。

未だに必要あったのかないのか?よく分からないけどね。(^◇^;)

「G.I.フォース」

Far Cry 2007年 ドイツ・カナダ


G.I.フォース [DVD]G.I.フォース [DVD]
(2009/12/09)
ティル・シュヴィガー、エマニュエル・ヴォージエ 他

商品詳細を見る


監督 ウーヴェ・ボル

出演 
ティル・シュヴァイガー
エマニュエル・ヴォージエ 
ウド・キア 
ラルフ・モーラー 
マイケル・パレ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ある孤島で、兵士達が逃げ惑っていた。
得体の知れない何かが、彼らを次々と殺していたのだった。
一方、叔父のマックスから軍の機密研究所があると知らされたジャーナリストのヴァレリーは、叔父が言うとおり、遺伝子操作の兵士がいるのか確認すべく、休暇を利用して、叔父が待っているその島へ行くことにした。
途中、島までを飲んだくれのドイツ人ジャックが操縦する船に乗り込んだ、彼女。叔父と彼は元同僚だと聞かされていたがそんな雰囲気はまったくしなかった。
マックスが待っているであろうその海岸に着いたとき、チェルノフという見知らぬ女性が叔父の代わりに待っていた。
そして、彼女を無理矢理拘束すると、ジャックの船をこっぱみじんに吹き飛ばしてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ゲームを題材にした映画。
最近そういう作品が多くて困る。ゲームを一切やらない人間なので、映画的にはいつももうちょっとどうにかならんかなあ~と思ってしまうからだ。
ゲームをしている人達には、こういう映画って評判いいのだろうか?そこがいつも疑問に思う事だが。

注目すべきは、島のサバイバルだ。久々、気持ち悪い・・・。(-_-;)

共同制作なので、言語は英語。どうしてもそうなっちゃうのだろうなあ。

これが本格的なアクション映画ではないだろうか?
いつの間にか、アクションのキレがよくなっているティル君にも注目です。(^O^)v

「ブレイジング・パーク」

Adrenaline 1996年 スペシャルドラマ(RTL)


ブレイジング・パーク [DVD]ブレイジング・パーク [DVD]
(2001/06/22)
ティル・シュヴァイガー、ジーノ・ノクナー 他

商品詳細を見る



監督 ドミニク・オッセン・ジラート

出演 
ティル・シュヴァイガー
ジーノ・レクナー 
ラルフ・ハーフォース
スフェン・マルティネク
トーマス・アンツェンホファー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
特殊部隊の隊員レナー。
爆弾テロリストのハーロフをビルの屋上まで追い詰める。彼に自分の妻を爆死させられていたレナーは無抵抗なハーロフを射殺してしまう。
それから3年が経ち、彼は刑を終えて出てきたが、この事件後一人娘とは離れ離れに。
娘と一緒に暮したい彼は遊園地の職員になり普通に暮していたが、ハーロフの恋人タチアナがそれを許さなかった。
復讐に燃える彼女が彼にしかけた復讐劇とは。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この作品を鑑賞後、コブラ11を見始めて、この作品が、Actionconcept社で、RTL社が手がけたドラマだったと知った、ich。
日本版はどうしても英語の吹き替えしかなかったので、わざわざ、ドイツ版を取り寄せてしまったくらい、うれしさ倍増だったのだ。
だって、大好きな俳優ティル君とこれまた大好きなActionconcept社のコラボですからね。
それに、アクション作品があまりないティル君の貴重な1作品だからだ。

注目すべきは、そのレナーを演じた、ティル・シュヴァイガー。
もしかしたら、これが初めてのアクション作品だったのかも?
まだ、「ノッキン~」で売れる前だからういういし~のだ。

日本版DVDの表紙のような遊園地大爆破!はないが、それなりに楽しめるので、おおらかな気持ちでみてくれることをお薦めします。σ(^◇^;)
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。