スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キッズレーサー 魔法のメダルと秘密のサーキット」

V8 - Du willst der Beste sein  2013年 




監督 ヨアヒム・マザネック

出演 
ゲオルク・スルツァ- 
マヤ・ラウターバッハ 
ザムエル・ヤーコブ 
クララ・メルケル 
ミナ・ダンテル 
アダム・ボウスドウコス 
ハイナー・ラウターバッハ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
デビット・ミッシェルは呟く。
南の通りでは、昔から子供達がストリートレースをしていると。
人気のない事を確認して、路上レースを始める子供達。だが、1人の警官はそれを見逃してはいなかった。
だが、この時のデビットは、そのレースの存在さえも知らなかった。
10歳の彼は、将来レーサーになる事を夢見て、レーシングカーを買うために夏休み入ってすぐにバイトを3つ掛け持ちすることにしていた。同時に、、両親からは、一風変わった妹ルカの面倒も頼まれてしまうのだった。
妹は、女の子なのに、ダイヤモンドあなぐまマンという男の子だと思い込んで譲らない。
とにかく、妹を連れ、1つ目のバイトへと急ぐデビット。しかし、上手く行かず、2つ目も3つ目もダメだった。
そんな時、橋でストリートレースを見かける。
彼らが通った後には、コインが落ちていた。拾うとそれは、キャッスルレースへの招待状だった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
路上レースはともかく、目標の為に、男女関係なく協力し合い、勝負に打ち勝つって感じが良かったのだ。
男の子だと思い込んでる女の子。金持ちのぼんぼん。車のチューニングが上手い女の子。情熱だけは負けな主人公。
ベタだけど、面白かった。

続編もくるといいなあ~。
スポンサーサイト

「スピードキング」

Abgefahren 2005年 


スピードキング [DVD]スピードキング [DVD]
(2005/11/02)
フェリシタス・ヴォール、セバスチャン・シュトローベル 他

商品詳細を見る



監督 ヤコブ・ショオフェレン

出演 
フェリシタス・ヴォール 
セバスティアン・ストレーベ 
ニナ・テンゲ 
レベッカ・モッセルマン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
パリ・ダカールラリーにレーサーとして出場することを夢見ているミアは、バイトへ行く途中、路上レースをしている車2台に出会う。
一人は女性ドライバーのシェリーン。
もう一人は男性ドライバーのコズモだった。
コズモに負けるシェリーン。彼女は、友人二人と共に、路上レースに参加しお金を稼いでいたのだ。
ミアは、シェリーンと仲良くなり自分もそのレースに参加する事になる。
その一方で、彼女達のライバル、コズモから好意を持たれたミアは、彼の事も気になり初めるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
路上レースのお話しだが、女の友情物語も入っている。

注目すべきは、出てくる改造車だろう。車好きさんにはいいかも?

ベタベタな青春映画だった。

展開もわかりすぎるほどわかりやすい。

車好きさんには、ちょっと物足りないお話しかも?

薦めといてなんですけどもねえ。( ̄。 ̄;)

「ドリームシップ エピソード1/2」

(T)Raumschiff Surprise-Periode 1  2004年 


ドリームシップ エピソード1/2 [DVD]ドリームシップ エピソード1/2 [DVD]
(2007/01/26)
ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ、リック・カヴァニアン 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ

出演 
ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ 
リック・カバ二アン 
クリスチャン・トラミッツ 
アーニャ・クリング
ティル・シュヴァイガー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
2034年。
地球は火星植民地の指導者レギュレター・ローグルの猛攻撃を受けていた。
そこで元老院達は、試作品のタイムマシーンで300年後に行き、初めて地球に降り立った宇宙船を破壊するという計画を立てる。
その任務を遂行するのは、ドリーム号の乗組員、コーク船長、バルカン星人のスパック、エンジニアリングのシュロナの3人のおかまクルー。
連絡を受けた3人は、ロックが運転するスペースタクシーに乗り込み、元老院達に会いに地球へ向かうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ版、パロディ映画といった方がわかりやすいと思う。
主は、スターウォーズだと思うが。

注目すべきは、3人のおかまちゃんクルー。上手いんだよ、この3人の俳優陣が!

まったくのコメディで面白い。

ドイツコメディの興味がある方は、是非に~。

「アイガー北壁」

Nordward 2008年 


アイガー北壁 [DVD]アイガー北壁 [DVD]
(2010/09/21)
ベンノ・フュルマン ほか

商品詳細を見る


監督 フィリップ・シュテルツル 

出演 
ベンノ・フュアマン 
フロリアン・ルーカス
ヨハンナ・ヴォカレク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
1936年、ドイツ・ベルリン。
新聞社で働くルイーゼは、上司達が会議中に話題にしていた事柄に口を挟んだ。それは、誰もがまだ制覇していないアルプスのアイガー北壁を誰が制覇するのかとういう事だった。
地方紙に載っていた優秀な山岳家、アンドレアス・ヒンターシュトイサーとその相棒トーニ・クルツだと言い切った彼女。
同じ故郷の人間でよく知っているという彼女に、上司は取材に行ってこいとカメラを渡す。
張り切って故郷に戻ったルイーゼ。
久しぶりの再会に喜ぶアンドレアス=アンディに対して戸惑いを隠せないトーニ。
そして、アイガーの話をすると、アンディは自分達が制覇してみせると言うが、トーニは自分達ではないと言い出した。
だが、アンディの熱意に押され、トーニも登頂を決意する。
そして、アイガー北壁の麓までやって来た二人は、同じように、制覇しようとする各国の登山家達を見かけるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
山という厳しい自然に挑む二人。
時代背景もあって、ラストはもう、涙でした。

注目すべきは、二人の登山シーン。
そして、アンディ(フロリアン・ルーカス )の踊り。(爆)
映画祭で来日してくれた、ルーカス君が一番苦労したシーンだとおっしゃってましたので、じ~くりみなさんも見てやってください。

ラストが衝撃すぎて、まだ、きちんと日本版を鑑賞してない、ich。そろそろ見直す予定です。σ(^◇^;)

「ワイルド・トラック」

Dekker & Adi Wer bremst verliert! 2007年 ドラマスペシャル(RTL)


ワイルド・トラック [DVD]ワイルド・トラック [DVD]
(2008/05/23)
マーク・ケラー、カヤ・ヤナル 他

商品詳細を見る



監督 セバスティアン・フィック

出演 
マーク・ケラー 
マイケル・ロット 
ナデシュカ・ブレニッケ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
トラック運転手のデッカーは、深夜荷物を届けようとしただけで警察に追われるハメになった。
なんとか追い払ったが、途中で自殺願望の男アンディを乗せる事になってしまった。
どうにか、届け先にたどり着き荷物を渡そうとすると、今度は依頼主に命を狙われてしまう。
実はデッカーがその荷物が何かという事を知ってしまったからだった。
アンディとともにその場を脱出したデッカーは、その荷を追うことにした。
自分のトラックを奪い返す為でもあり、無実を証明する為でもあった。
彼らが言っていた取引先のモロッコを目指して・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これもActionconcept社が手がけたドラマ。
久々にマーク・ケラーを迎えてのロードムービー。

注目すべきは、このデッカーを演じた、マーク・ケラー。
「コブラ11」に出演していた俳優さんで、日本でもリリースになっている、cobraシリーズの相棒、アンドレを演じた、ダンディな彼。
ドイツ映画祭のみだったが、ドイツ映画「裸足の女」にも出演しているのだ。

そうそう、自殺願望のアンディは、トルコ人。
ドイツでは意外とトルコ人が住んでいるのだそうだよ。

「飛ぶ教室」

Das Fliegende klassenzimmer 2003年


飛ぶ教室 [DVD]飛ぶ教室 [DVD]
(2004/08/25)
ウルリヒ・ノエテン、セバスチャン・コッホ 他

商品詳細を見る


監督 ミー・ヴィガント

出演 
ウルリヒ・ノエテン 
セバスチャン・コッホ 
ビート・クロケット
ハウケ・ディーカンフ
テレザ・フィルスマイアー
フィリップ・ペータース=アーノルズ
フレデリック・ラウ
ハンス・ブロイヒ・ヴトケ
フランソワ・グースケ
アーニャ・クリング

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
寄宿学校に転校してきたヨナタン。
彼は何回も学校を替えて来たちょっと個性の強い少年。
偶然同じ部屋になったセバスティアン、マルテリン、マッツ、ウリーとはすぐ仲良しになった。
彼らは学校に通学している生徒達と対立していて、今日は大事な合唱発表会なのに楽譜を彼らに盗まれてしまう。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
原作者エーリッヒ・ケスナー作品の映画化、4本目。
すっごく好きな作品だ。男の子の友情の物語。そして、大人になった少年の友情物語でもあるのだ。

注目すべきは、大人になった少年のボブを演じた、セバスチャン・コッホ。
良い味が出ているのだ。
そして、マッツを演じた、フレデリック・ラウ。近年では「ウェイブ」という作品で再会。
いや~嬉しかったなあ。
さらに、セバスティアンを演じた、フランソワ・グースケ。現在活躍がめざましい俳優だ。

この原作者の方の作品はすべてお薦めですが、特にこの作品はまじ、鑑賞すべきな1本です。(^O^)v

「バンディッツ」

Bandits 1997年


バンディッツ [DVD]バンディッツ [DVD]
(2002/03/22)
カーチャ・リーマン、ヤスミン・タバタバイ 他

商品詳細を見る


監督 カーチャ・フォン・ガルニエ

出演 
カーチャ・リーマン 
ヤスミン・タバタバイ 
ニコレッテ・クレビッツ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
女性刑務所の中でバンドを組もうと、ルナ、エンジェル、マリーンはドラムの演奏者を捜していた。
そこへ、エマが来る。エマの演奏するドラムは彼女らの楽曲を素晴らしいものに変えた。
ある日、刑務所以外で演奏する機会を与えられた4人は、ひょんなことから脱走に成功!
逃走劇が宣伝効果になり、彼女たちの出した曲が爆発的な大ヒットに。
そのまま無事逃げられると思ったが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
珍しい女性の友情物語。
個人的には、むっちゃ苦手なのだが、なかなか楽曲もよく人気があるらしい。

注目すべきは、バンドの演奏シーンかな?

どうしても、男性が絡むと女性間は微妙になると思っている自分には、納得がどうもいかないが。
(タダ単に、自分がひねくれ者なだけです)

興味がある方はどうぞ。

「バレット・フィスト」

Kampfansage Der letzte Schüler 2005年

バレット・フィスト

監督 ヨハネス・イエガー

制作 ヘルマン・ヨハ

出演 
マティス・ラントヴェアー 
フォルクラム・チーシェ 
クリスティン・モンツ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
2045年。
内戦がヨーロッパ全土に広がり暴力が支配する世の中に変わってしまっていた。
残虐な将軍によって支配されてしまっているベルリン。
最高の武術が記載されている「極意の書」も彼の息子ボスコの手にあった。その書を書いた老師の最後の弟子ヨナスは、その息子によって重傷を負わされていた。
数ヶ月後。
回復したヨナスは、ベルリンに舞い戻って来る。そして、リンダという女性を救った事により軍隊に対抗しているビンセントのグループに出会うのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「コブラ11」を手がける、Actionconcept社が制作した映画の1本。
簡単にいうならば、ドイツ版、香港映画。

注目すべきは、主人公ヨナスを演じているマティス・ラントヴェアー 。
ジャッキーやジェットに負けず劣らずのマーシャル・アーツを披露してくれるのだ。
ヨーロッパ人でここまで格闘が上手い人は初めてみたぞ。
ラストにNG集もあり、まさしく、あの頃の香港映画なのだ。

どうか、ご興味がある人は1度見て欲しいぞ。

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

Knockin' on Heaven's Door 1997年


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版スペシャル・エディション) [DVD]ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版スペシャル・エディション) [DVD]
(2009/01/28)
ティル・シュヴァイガー、ヤン・ヨーゼフ・リーファース 他

商品詳細を見る


監督 トーマン・ヤーン

制作 アンドレ・ヘンニック 他

脚本 トーマン・ヤーン ティル・シュヴァイガー

出演 
ティル・シュヴァイガー 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース
モーリッツ・ブレイブトロイ 
ティエリー・フォン・ウェルベック
トビアス・シェンケ
ラルフ・ハーフォース 
ルトガ・ハウアー
クリスティアーネ・パウル
コリンナ・ハルフォーフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
テニスボールの大きさの脳腫瘍を持つマーチン。末期の骨髄腫のルディ。一緒の病室になった二人は、病院の調理室で酒盛りを始める。そして、こんな話で盛り上がる。
“天国では海の話しが流行っている”
海を見たことがないルディに海を見せるべく、二人はそのまま病院を抜け出し海への旅を始めるが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら


勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ブログ第1弾は、断然この作品。
お薦めのドイツ映画は?と聞かれたら迷わずこの作品の名前を言う、ichなのだ。
ラストシーンはじ~んと心に響いてくる。

注目すべきはこの二人。
マーチンを演じる、ティル・シュヴァイガー
そして
二人を追うギャングの一人、アブドゥルを演じるモーリッツ・ブレイブトロイ。
覚えておいて損はない俳優だ。
ハリウッド作品にも顔を出しているので要チェックだぞ。(^O^)v

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。