スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ映画ってどんな感じ?

そう、思っている人は多いのではないだろうか?

偉そうな事は言えないが、
中途半端な映画マニアとして、そして、単なるドイツ映画好きとして少しだけ、お知らせしようと思う。
(あくまでも個人的な考えです)

それでは、他の国の映画とちょっと比べてみよう!

アメリカがメジャーならば、やっぱりドイツは、マイナー
イギリスがブラック(ユーモア)ならば、ドイツはホンの少し。
フランスが芸術ならば、ドイツはこれも少しだけ。

感覚的には、あるお友達のお言葉をお借りして、「泥臭い映画」というのが的確だと思う。
良い意味での田舎くささ。
アメリカのように都会で洗礼された感じはないのである。

なので、アメリカ映画にどっぷりんこ洗脳されている映画好きさんが、戸惑われるのも無理はないのである。現に自分もそう思った作品が多々あったからだ。

アメリカが無理矢理のハッピーエンドであるならば、時折ハッピーエンドがドイツ。

アメリカンドリームのお国柄なので、あまりどよ~んとした終わりを迎える作品は少ないように思える。

その反面。

ドイツは心配性のお国柄らしいので、あっけらかんとしたハッピーエンドは少ない。

なので、必ずと言っていいほど、不幸がある
そう思って見て行けば、後味の悪さも、心苦しさも軽減され、戸惑いも少なくなるのではと思われるが。
そして、殆どが希望を見いだして終わる。そこがじ~んと来て、自分は好きなのだ。

ヘタをすると、アメリカ映画だとハッピーエンドが続いて、内容を忘れてしまう傾向があるが、ドイツだとあまりそういう事がない。
この不幸が印象に残っている事が多いからだ。まあ、逆にその事しか残らないという時もあるけども。

ドラマになると、もっと田舎くささが漂う。
アメリカやイギリスのように、都会的ではない。
だけど、そういう手作り感というかが好きだったりする。
CGを多様する感じではないのがいいのである。

作品や監督によっても作風は違うし、一丸にしてこうです!とは言いがたいが、なんとなくこんな感じなのかあ~と思って見て頂くとそう毛嫌いもなくなると思うので、勝手に解説させてもらった。

映画もその人の受ける感覚なので、これが正しいとか悪いとかって言い切れないし、言いたくないし。

あくまでも参考として、受け止めて頂ければ幸いだ。
本家のブログのタイトルごとく、「マニアの戯言」であるから。(真剣な冗談?)
スポンサーサイト

「抹殺人」

Track 1999年


抹殺人 [DVD]抹殺人 [DVD]
(2011/03/02)
ロバート・ヒオブ、アーミン・ヴェスティン 他

商品詳細を見る


監督 サミー・バルカス

出演 
ロバート・ヒオブ 
アルミン・フェスティン 
アンドレアス・マルシャ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ロスでAV女優の射殺死体が発見された。自殺にも見えるその手口。担当となったスティーブは、その事件の他に誘拐事件も受け持つ事になった。犯人との取引が始まるが、犯人の方が上手で金をまんまと奪われ、人質は死体となって発見されるという最悪な結末にはなってしまった。ある日、悪友から、あの最悪な結末に終わった誘拐事件を真似て、大金を手に入れようと誘いを受ける。誘拐する人物は、不動産王の娘ジェシカ。戸惑いながらも同僚と共に誘拐をし、人質は確保出来た。だが、仲間との合流が上手くいかない。そして、互いが身代金を廻り、奪略を繰り替えし始めるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ制作だからなにもかもがお薦め!なんて事を語りたくないから、あえてこのようなカテゴリを作って紹介させて頂く。( ̄。 ̄;)

だって、この作品を見て、
ドイツって、なんてくだらない作品を作る国なんだ~!なんて思われたくないからだ。

注目して欲しいところはないが、あえて言うならば最後のオチだ。
あんな強引なオチ、初めてみたぞ。
まだ、よくあるあのオチの方が許せる。
最後まで見た人をバカにしているのか?と思うほどだった。(毒舌)

感想日記にも書いてあるが、
どんだけ駄作かむっちゃ興味がある方は、覚悟の上で鑑賞するのをお勧めする。
そうでなければ、レンタルDVDの表紙だけ覗いて、棚に返すのが無難だと思われる。

これ1本でドイツ作品を決めつけないで欲しい。
まじ、どこの国でも失敗したなあ~なんて作品はたくさんあるのだから。

「プリンセス・アンド・ウォリアー」

Der Krieger und die Kaiserin 2000年


プリンセス・アンド・ウォリアー [DVD]プリンセス・アンド・ウォリアー [DVD]
(2007/09/07)
フランカ・ポテンテ.ベンノ・フユルマン.ヨアヒム・クロール.ラース・ロドルフ.ルドガー・ピストール

商品詳細を見る



監督 トム・ティクヴァ

出演 
フランカ・ポテンテ 
ベンノ・フュアマン
ヨアヒム・クロール 
ラルス・ルドルフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ビルナンホフ病院の精神科看護婦シモーネ・シュミット(通称シシー)は、盲目の患者と街を歩いていて、交通事故に遇ってしまう。道路を渡ろうとして、患者を庇いタンクローリーと接触し、車の下へ潜り混んでしまったのだ。息も苦しく、声も出ないシシーの側へ一人の男性が近づいて来る。その男性は、彼女に応急手当をし、病院まで付き添ってくれた。奇跡的に助かったシシーは、事故後53日目にして退院し、命の恩人を捜す事に。男性は、街外れの丘に住むポドという名の人物だと分かり、喜び勇んで会いに行くシシーだったが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この作品で、トム・ティクヴァ監督と、ベンノ・フュアマンに速攻惚れした、ich。

注目すべきは、もちポドを演じた、ベンノ・フュアマンだ!影のある男性の役をすっごく素敵に演じているのだ。
今は亡きヒース・レジャーと共演した「悪霊喰」や、「スピード・レーサー」にも出演している俳優さん。
ドイツ版「シュレック」では、アントニオ・バンデラスが演じている長靴を履いたネコの声を担当していたりもする。ドイツ本国では、時折他のアニメの声優もしていたりする。

忘れてならないのが、シシーを演じるフランカ・ポテンテ。
ちょっと間違えたらストーカーになりそうな女性を可愛く演じている。

変わった恋愛物語だ。

そこがまた、いいんだよねえ。

「レボリューション6」

Was tun, wenn's brennt? 2003年


レボリューション6 [DVD]レボリューション6 [DVD]
(2005/06/22)
ティル・シュヴァイガー、マーティン・ファイフェル 他

商品詳細を見る



監督 グレゴー・シュニッツラー

出演 
ティル・シュヴァイガー 
マーティン・ファイフェル 
セバスチャン・ブロンベルグ 
ナディア・ウール
マティアス・マシュケ
ドリス・シュレッツマイヤー
クラウス・レーヴィッチェ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
激動の80年代。ベルリンで資本主義に対するアナーキーな運動をしている6人がいた。彼らは手作りで爆弾を作り空き家に仕掛けた。それから、15年後。未だに同じような活動をしているティムとホッテ。今のホッテには足が無かった。そんな中、不発だと思っていた爆弾が爆発!ティムとホッテは、かつての仲間にその事を伝え、もう一度みんなを集めることにするのだが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「ノッキン~」の次に大好きな作品がこれだ!

忘れかけた青春の面影を追うというか、忘れてしまいたい若気の至りとどう向き合うか、という大人の青春絵巻なのだ。(普通のジャンル別だと犯罪・サスペンスの分類に入るらしい)

注目すべきは、やっぱり自分の大好きな俳優、ティル・シュヴァイガー。
過去を引きずる大人、ティムを好演しているのだ。
この作品で彼に惚れた、ich。むっちゃかっこいいのだ!

金持ちになったマイクを演じるのは、セバスチャン・ブロンベルグ。
「23年の沈黙」で再会するまでご無沙汰だったが、タダ単に見なかっただけかな?

主婦になったネレを演じるは、ナディア・ウール。
この時が黒髪だったので、しばらくこのイメージが抜けなかった。本当は、ブロンドの髪らしいけどね。

少し前まで青春していた年代には、必見です♪

TUTAYAの名作の棚に並んでいますので、是非是非、鑑賞してみてください!!

「23年の沈黙」

Das letzte Schweigen 2010年


23年の沈黙 [DVD]23年の沈黙 [DVD]
(2011/05/27)
ウルリク・トムセン、ヴォータン・ヴィルケ・メーリング 他

商品詳細を見る



監督 バラン・ボー・オダー

出演 
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング 
ウルリク・トムセン 
カトリーン・ザース 
ブルクハルト・クラウスナー 
セバスティアン・ブロンベルク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
マンションの1室で8ミリビデオを見ている男が二人。その後、ドライブに出掛けた二人は偶然通り掛かった少女に声を掛けた。1986年7月8日。運転していた男はその少女に暴漢しようとし殺してしまう。死体は湖へと投げ込まれた。助手席の男は動揺し座っていることしか出来なかった。
23年後。
両親とケンカして飛び出して行く少女ジニカ。遊園地で一人友人を待っていた。
その頃、定年を迎えた警察官クリシャンのお祝いの席に息子で同じく警察官をしているダヴィートが来た。妻をガンで亡くしたダヴィートは、やっと現場復帰したのだ。そして、事件は発生する。ジニカという少女が行方不明になったのだ。クリシャンは23年前のあの時の未解決事件と同じ手口だと息子に言い出した。半信半疑の息子ダヴィート。一方、子供の誕生日パーティーをしていたティモは、ふと見たTVニュースに釘付けになる。そして、脳裏にあの23年前の記憶がよみがえるってくるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
最近リリースになったばかりのこの作品。

ものすごくドイツ映画っぽいのだ。
なんというか、後味が良い意味で悪いというか。

注目すべきは、ティモを演じるヴォータン・ヴィルケ・メーリング。
彼の苦悩がひしひしと伝わって来る。

忘れてならないのが、デンマーク人の俳優さんなのだが、ドイツ作品にも、ハリウッド作品にも、出演している、ウルリク・トムセン。
どの役柄かは、見てのお楽しみということで、善人も悪人も演じる彼には、脱帽ものだったりする。

意外と良い味を出していたのが、警察官ダヴィートを演じた、セバスティアン・ブロンベルク。
若い頃は2枚目路線だった彼がいいように歳を食っていたのだ。

まだあまりドイツ映画になじみがないという初心者には、ちょっときついかも知れないこの作品。

ドイツ映画好きになりつつある方は、必見です(^O^)v

「影のない男」

Lautlos  2004年


影のない男 [DVD]影のない男 [DVD]
(2006/02/03)
ヨアヒム・クロル、ナジャ・ウール 他

商品詳細を見る


 

制作 トム・ティクヴァ

監督 メナン・ヤボ

主演 
ヨアヒム・クロール 
ナディア・ウール 
クリスチャン・ベルケル
ルドルフ・マーティン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
警察が24時間監視していた男が監視をくぐり抜け何者かに殺された。その場に居合わせた行きずりの女は何故か助かっていた。
事件を追う刑事のラングは、殺しはプロの仕業だと睨み、過去に同じ事件がないか調べ始める。
一方、プロの殺し屋ヴィクトールは、女を殺さなかった為に依頼主からの信頼を無くし初めていた。取り返すのには、同じ依頼主からの殺しをきっちり行う事だった。
殺しの現場に居ながら何故か助かったニナ。
彼女は取り調べの後にふと橋から身を投げ自殺しようとしてしまう。
それをちょうど目撃していたヴィクトールは、彼女を助け出すのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツを代表するトム・ティクヴァ監督が制作に関わった作品。
この監督さんは、サンドラ・ブロックが出演した「シャッフル」という作品を次に手がけている。

注目すべきは、殺し屋ヴィクトールを演じた、ヨアヒム・クロール。
トム・ティクヴァ監督の作品に4本ほど出演している俳優さん。(常連さんかな?)

忘れてならないのが、ニナを演じた、ナディア・ウール。
テレビにも映画にも出演する女優さん。覚えておいて、損はないかな?

とにかく、ヴィクトールが何気に仕事(殺し)をするシーンが素晴しいのだ。

本物ってマジでこんなだろうなあ~なんて思えてしまうからだ。

犯罪のカテゴリに入れたが、女性は、恋愛ものだと思って見てもいいのでは?と思う。
まあ、贅沢言えば、もう少し主人公が格好いい男性だったらいいのだけどね。(^_^;)

「ローマ帝国に挑んだ男-パウロ-」

San Paolo  2000年 イタリア・チェコ・ドイツ スペシャルドラマ


ローマ帝国に挑んだ男 -パウロ- [DVD]ローマ帝国に挑んだ男 -パウロ- [DVD]
(2009/06/03)
ヨハネス・ブランドラップ、トーマス・ロックヤー 他

商品詳細を見る


監督 ロジャー・ヤング

出演 
ヨハネス・ブラッドラップ
トーマス・ロックヤー 
バルボラ・ボブローヴァ 
G.W.ベイリー 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ローマ帝国は、キリスト教を迫害していた。
イエスが十字架にかけられてまもなくの頃、エルサレムに住むサウロ(後のパウロ)も多分に漏れずキリスト教を毛嫌いしていた。
だが、そんなある日。
旅の途中で急に目が見えなくなった彼は、その時にイエスの声を聞く。
イエスのお告げ通りある人物に出会うと目が見えるようになった彼は、その奇跡を皆に伝えると同時にキリスト教の熱心な信者になるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これは映画ではなく、スペシャルドラマ。

注目すべき俳優は、主人公のパウロを演じた、ヨハネス・ブラッドラップ。
初代「アラーム・フォー・コブラ11」の警察官フランクの役を演じた彼で、当時から注目の俳優さんだった方だ。
活躍の場が、テレビドラマの様子。是非、映画にも出演して欲しいものだ。

熱心な信者の方とか、パウロの事をよく知っているという方にはいいかもしれない。
だが、
自分のようによく分かってない人間には、ラストがラストなだけに、分からないまま終わってしまう傾向がある。

その点を踏まえて見ると、大丈夫かな?σ(^◇^;)

「es [エス]」

Das Experiment 2002年


es[エス] [DVD]es[エス] [DVD]
(2004/03/03)
モーリッツ・ブライプトロイ、クリスティアン・ベッケル 他

商品詳細を見る


監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ
クリスチャン・ベルケル
オリヴァー・ストコフスキ
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング
ユストゥス・フォン・ドーナニー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
大学で心理実験の参加者を募集する記事を見た、元新聞記者で今はタクシー運転手をしているタレク。
たった2週間で多額の報酬がもらえるとあり受付会場にはたくさんの人が集まっていた。その中から20人が選ばれ、タレクも参加する事になった。囚人と看守に分けられた普通の人達。
だが、実験を進めるうちにだんだんと皆に変化が現れる。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この映画からドイツ映画に興味をもって見始めた、ich。
注目すべきは、主人公タレクを演じる、モーリッツ君なのだが、
やはり、
一番この映画のテーマとしているものを反映している人物、看守役ベルスを演じるユストゥス・フォン・ドーナニーだろう。
人ってこんなにも簡単に人格が変わってしまうのかと恐ろしく思えたぐらいだからね。

忘れてならないのが、囚人役シュタインホフを演じるクリスチャン・ベルケル。
この方もハリウッド映画などに出ている俳優さんなので、要チャックだ!

近年、ハリウッドでリメイクされたが、そっちよりも断然こちらが面白い。
実際に行われた実験をモチーフに制作してあるのだ。

あなただったら、この実験、参加出来ますか?

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」

Knockin' on Heaven's Door 1997年


ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版スペシャル・エディション) [DVD]ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア (デジタルニューマスター版スペシャル・エディション) [DVD]
(2009/01/28)
ティル・シュヴァイガー、ヤン・ヨーゼフ・リーファース 他

商品詳細を見る


監督 トーマン・ヤーン

制作 アンドレ・ヘンニック 他

脚本 トーマン・ヤーン ティル・シュヴァイガー

出演 
ティル・シュヴァイガー 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース
モーリッツ・ブレイブトロイ 
ティエリー・フォン・ウェルベック
トビアス・シェンケ
ラルフ・ハーフォース 
ルトガ・ハウアー
クリスティアーネ・パウル
コリンナ・ハルフォーフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
テニスボールの大きさの脳腫瘍を持つマーチン。末期の骨髄腫のルディ。一緒の病室になった二人は、病院の調理室で酒盛りを始める。そして、こんな話で盛り上がる。
“天国では海の話しが流行っている”
海を見たことがないルディに海を見せるべく、二人はそのまま病院を抜け出し海への旅を始めるが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら


勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ブログ第1弾は、断然この作品。
お薦めのドイツ映画は?と聞かれたら迷わずこの作品の名前を言う、ichなのだ。
ラストシーンはじ~んと心に響いてくる。

注目すべきはこの二人。
マーチンを演じる、ティル・シュヴァイガー
そして
二人を追うギャングの一人、アブドゥルを演じるモーリッツ・ブレイブトロイ。
覚えておいて損はない俳優だ。
ハリウッド作品にも顔を出しているので要チェックだぞ。(^O^)v

TV(sp) あ~お

「アウトバーン・コップ」 2011.9.16 掲載 (カテゴリ:車両)

「悪魔のコード」 2011.9.23 掲載 (カテゴリ:冒険)

「アース・レイジ」 2013.10.23 掲載 (カテゴリ:災害)

「アドベンチャーズ」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:冒険)

「アトミック・シティ」 2011.9.14掲載 (カテゴリ:犯罪)

「アバランチ・クラッシュ」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:人生)

「アラーム・フォー・コブラ11 スクランブル」 2011.9.17掲載 (カテゴリ:犯罪)

「アラーム・フォー・コブラ11 スペシャル」 2011.9.17掲載 (カテゴリ:犯罪)

「RAF/Red Army Faction」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:推理)

「アルティメイタム」 2011.9.22掲載 (カテゴリ:犯罪)

「アンダーグラウンド・インフェルノ」 2011.9.22掲載 (カテゴリ:災害)

「異常犯罪捜査官」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:推理)

「1945 戦場への橋 –ナチス武装戦線-」 2011.11.23 掲載 (カテゴリ:戦争)

「1200℃~ファイヤー・ストーム~」 (カテゴリ:災害)

「インターチェンジ」 2011.9.16掲載 (カテゴリ:車両)

「イン・ザ・スカイ」 2015.6.23 掲載 (カテゴリ:男女)

「IMPACT インパクト」 2011.9.25掲載 (カテゴリ:災害)

「ウォーター」 2011.9.1掲載 (カテゴリ:恐怖)

「エアリフト」 2011.9.25 掲載 (カテゴリ:東西)

「エアポート1978 運命の決断」 2013.7.25 掲載 (カテゴリ:東西)

「エアポート トルネード・チェイサー」 2011.9.22掲載 (カテゴリ:男女)

「エアポート 2010」 2012.4.26 掲載 (カテゴリ:災害)

「エクスペリメント」2011.9.27掲載 (カテゴリ:心理)

「エリザベート~愛と哀しみの皇妃~ (前編)」 2015.5.28掲載 (カテゴリ:歴史)

「エリザベート~愛と哀しみの皇妃~ (後編)」 2015.5.29掲載 (カテゴリ:歴史)

「オーシャンズ・オデッセイ」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:災害)

「億万長者に恋する方法」 2011.9.21掲載(カテゴリ:男女)

「オスカー・ワイルドのカンタベリー城と秘密の扉」 2011.9.23掲載(カテゴリ:家族)

「オペレーション・チェックメイト」 2011.9.25 掲載 (カテゴリ:男女)

「オペレーション・ワルキューレ」 2011.9.18 掲載 (カテゴリ:戦争)

TV(sp) か~こ

「彼女をHにする方法 ダメ男のための恋愛マニアル」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:男女)

「感染都市」 2011.9.20 掲載 (カテゴリ:災害)

「キラー・タクシー」2011.9.23掲載 (カテゴリ:推理)

「ギルティ」 2014.5.28 掲載 (カテゴリ:推理)

「キング・フォー・バーニング」 2013.1.30 (カテゴリ:歴史)

「グッド・ガール バッド・ガール」 2011.9.21掲載 (カテゴリ:人生)

「クラッシュ・ライン」 2011.9.14掲載 (カテゴリ:推理)

「クラッシュランディング」 2012.1.25掲載 (カテゴリ:災害)

「(GTR) グランド・ザ・レース」 2011.9.21掲載 (カテゴリ:車両)

「グランド・ストーム」 2013.6.7 掲載 (カテゴリ:災害)

「クルセイダーズ」 2011.9.20 掲載 (カテゴリ:宗教)

「クロッシングライン~ヨーロッパ特別捜査チーム~ ハイウェイ捕食者」 2014.6.26 掲載 (カテゴリ:推理)

「検屍官」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:推理)

「検屍官 沈黙する死体」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:推理)

「コアラのいたずらキッチン」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:家族)

「コークスクリュー・トラック」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:男女)

「コペルニクス・コード」 2011.10.25掲載 (カテゴリ:犯罪)

「ゴルゴダの謎を追え!」 2012.5.25 掲載 (カテゴリ:冒険)

TV(sp) さ~そ

「ザ・アビス 首都沈没」 2011.9.18 掲載 (カテゴリ:推理)

「罪悪~ドイツの不条理な物語~ 第1話(遺伝子)」 2015.8.24 掲載 (カテゴリ:心理)

「罪悪~ドイツの不条理な物語~ 第2話(ふるさと祭り)」 2015.8.25 掲載 (カテゴリ:心理)

「罪悪~ドイツの不条理な物語~ 第3話(イルミナティ)」 2015.8.26 掲載 (カテゴリ:心理)

「罪悪~ドイツの不条理な物語~ 第4話(間男)」 2015.8.27 掲載 (カテゴリ:心理)

「罪悪~ドイツの不条理な物語~ 第5話(精算)」 2015.8.28 掲載 (カテゴリ:心理)

「罪悪~ドイツの不条理な物語~ 第6話(雪)」 2015.8.29 掲載 (カテゴリ:心理)

「サイン・オブ・ゴット」 2011.9.26掲載 (カテゴリ:宗教)

「ザ・クラウン」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:車両)

「ザ・クラウンⅡ 5000万ドル奪還指令」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:車両)

「ザ・グラビティ」 2014.7.22 掲載 (カテゴリ:災害)

「ザ・デジャブ」 2011.9.22掲載 (カテゴリ:男女)

「ザ・ハッカー/侵入者抹殺」 2011.9.13掲載 (カテゴリ:男女)

「幸せのショコラ」2011.9.22 掲載 (カテゴリ:人生)

「幸せの恋愛レッスン」 2011.9.20掲載 (カテゴリ:男女)

「シーウルフ」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:人生)

「シークレット・オブ・ザ・アーク」 2013.3.28 掲載 (カテゴリ:冒険)

「シージャック」 2013.4.26 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「ジェット・ローラー・バス」  2011.9.20 掲載 (カテゴリ:災害)

「ジェネレーション・ウォー #1」 2014.9.23 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ジェネレーション・ウォー #2」 2014.9.24 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ジェネレーション・ウォー #3」 2014.9.25 掲載 (カテゴリ:戦争)

「シティ・ヒート」2011.10.1掲載 (カテゴリ:車両)

「死亡特急」 2011.9.20掲載 (カテゴリ:犯罪)

「新約聖書~イエスと二人のマリア」 2016.9.27 掲載 (カテゴリ:宗教)

「スカイ・クラッシュ」 2012.10.24 掲載 (カテゴリ:災害)

「スキャンダラス・クライム」 2015.4.28 掲載 (カテゴリ:男女)

「ストーム・シティ」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:災害)

「スピードウェイ」 2011.9.16掲載 (カテゴリ:車両)

「セックスと嘘とインターネット」 2013.6.26 掲載 (カテゴリ:推理)

「戦争と平和」 2013.9.24掲載 2013.9.24 掲載 (カテゴリ:戦争)

「SWORD-X ソードX」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:宗教)

「ソード・オブ・ザ・ファンタジー」 2011.9.15掲載 (カテゴリ:歴史)

「ソーラー・ストライク・サード・インパクト」 2011.9.20掲載 (カテゴリ:災害)

TV(sp) た~と

「ダーク・プレイス」 2011.9.25掲載 (カテゴリ:災害)

「タイムワープ」 2011.9.23 掲載 (カテゴリ:推理)

「ダブルバウンド アナザーミッション」 2011.9.21掲載 (カテゴリ:冒険)

「ダム・オブ・フラッド」 2012.7.25 掲載 (カテゴリ:推理)

「タワーリング・インフェルノ'08」 2011.9.23掲載(カテゴリ:災害)

「チャーリーはスーパーカー」 2015.10.30 掲載 (カテゴリ:家族)

「TSUNAMI」 2013.10.22 掲載 2013.10.22 掲載 (カテゴリ:災害)

「血の伯爵夫人」 2016.4.28 掲載 (カテゴリ:歴史)

「デイ・オブ・ディスティニー」 2011.10.28掲載 (カテゴリ:災害)

「ティムと妖精オキの不思議な地底王国」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:家族)

「テロリストのゲーム」 2016.4.29 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「TEN(テン)」 2014.5.30掲載(カテゴリ:宗教)

「特殊部隊フォースメジャー ハイジャック殱滅作戦」 2011.9.23掲載(カテゴリ:犯罪)

「トレジャー・オブ・パイレーツ」 2012.8.30掲載 (カテゴリ:家族)

「トレジャー・ガード ソロモンの指輪と伝説の秘宝」 2016.11.1 掲載 (カテゴリ:冒険)

「トレジャー・トランスポーター マヤの秘宝の謎を追え!」 2013.7.23 掲載 (カテゴリ:冒険)

「トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え!」 2013.8.30 掲載 (カテゴリ:冒険)

「ドレスデン、運命の日」 2011.9.25掲載 (カテゴリ:戦争)

「トルネード・エクスプレス」 2013.4.25 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「トルネード ~巨大竜巻発生~」 2011.9.3掲載 (カテゴリ:災害)

「トロイの秘宝を追え!」 2011.9.25 掲載 (カテゴリ:人生)

TV(sp) な~の

「嬲られる女」 2012.10.25 掲載 (カテゴリ:推理)

「ニック/NICK 狼の掟」 2015.5.1 掲載 (カテゴリ:推理)

「ニーベルングの指環」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:歴史)

「眠れる森の美女」 2015.10.27 掲載 (カテゴリ:男女)

TV(sp) は~ほ

「バーティカル・ポイント」 2012.4.27 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「ハイジャック181」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:犯罪)

「バイブル・コード」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:冒険)

「パイレーツ・オブ・バルト」 2011.12.21 掲載 (カテゴリ:歴史)

「ハッピーを探して」 2011.9.20掲載 (カテゴリ:男女)

「バニシング・レーサー」2011.10.1掲載 (カテゴリ:車両)

「パニック・エスケープ」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:推理)

「バロン ほらふき男爵の冒険」 月面旅行と森の海賊団 2014.8.26掲載(カテゴリ:冒険)

「バロン ほらふき男爵の冒険」 魔法の望遠鏡と黄金に輝く国 2014.8.27掲載(カテゴリ:冒険)

「犯罪~ドイツの奇妙な事件~ 第1話(フェナー氏)」 2015.7.27 掲載 (カテゴリ:推理)

「犯罪~ドイツの奇妙な事件~ 第2話(タナタ氏の茶盌)」 2015.7.28 掲載 (カテゴリ:推理)

「犯罪~ドイツの奇妙な事件~ 第3話(緑)」 2015.7.29 掲載 (カテゴリ:推理)

「犯罪~ドイツの奇妙な事件~ 第4話(ハリネズミ)」 2015.7.30 掲載 (カテゴリ:推理)

「犯罪~ドイツの奇妙な事件~ 第5話(サマータイム)」 2015.7.31 掲載 (カテゴリ:推理)

「犯罪~ドイツの奇妙な事件~ 第6話(正当防衛)」 2015.8.1 掲載 (カテゴリ:推理)

「ヒットマン・ゼロ」 2011.9.20掲載 (カテゴリ:犯罪)

「ヒトラーの追跡」 2011.12.23 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ピノキオ」 2015.11.24 掲載 (カテゴリ:家族)

「ビハインド ザ・ウォール ベルリンの壁最後の脱出」 2011.9.27掲載 (カテゴリ:東西)

「美女と野獣」 2015.7.8 掲載 (カテゴリ:男女)

「貧困ボーイズ やりすぎエレジー」 2011.9.22掲載 (カテゴリ:青春)

「ブラスト・ゾーン」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:推理)

「ブルーサヴェージ」 2011.9.14掲載 (カテゴリ:家族)

「フルスピード」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:犯罪)

「ブレイジング・パーク」 2011.10.1掲載 (カテゴリ:犯罪)

「ベラ Bella」 2016.6.29 掲載 (カテゴリ:男女)

「ヘリコップ」 2011.9.20掲載 (カテゴリ:推理)

「ベルリン・オブ・ザ・デッド」 2016.5.31掲載 (カテゴリ:恐怖)

「ベルリン・クラッシュ」 2011.9.21掲載 (カテゴリ:車両)

「ホスピタル・アンダー・シージ」 2013.3.29 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「ボディ・フォー・セル」 2011.9.24 掲載 (カテゴリ:推理)

「VOLCANO ボルケーノ」 2011.9.27掲載 (カテゴリ:災害)

「ホワイト・インフェルノ2」 2012.8.27 掲載 (カテゴリ:推理)

TV(sp) ま~も

「マーダー・イン・レッド」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:推理)

「マキシマム・スピード」 2011.9.17掲載 (カテゴリ:車両)

「マナツの冒険~黄金の石盤~」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:家族)

「マフィアの妻(おんな)たち」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:駄作)

「ミス・ダイヤモンド」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:男女)

「ミス・ダイヤモンド2」 2014.5.27掲載(カテゴリ:男女)

TV(sp) や~よ

「Uボート156 海狼たちの決断」 2013.11.29 掲載 (カテゴリ:戦争)

「U-196」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:家族)

「U-864 日本を目差したUボート」 2012.10.23掲載(カテゴリ:男女)

「雪の女王」 2015.10.28 掲載 (カテゴリ:男女)

TV(sp) ら~ろ

「ラスト・グラディエーター」 2014.10.23 掲載 (カテゴリ:歴史)

「ラビリンス・オブ・ナイトメア」 2014.6.24 掲載 (カテゴリ:心理)

「レイダース 失われた魔宮と最後の王国」 2011.9.21掲載 (カテゴリ:冒険)

「レーシング・ブラッド」 2011.9.24 掲載(カテゴリ:車両)

「レジェンド・オブ・ロンギヌス」 2011.9.23 掲載 (カテゴリ:冒険)

「レッド・ストーム」 2012.4.24 掲載 (カテゴリ:推理)

「ローマ帝国に挑んだ男-パウロ-」 2011.8.29掲載 (カテゴリ:宗教)

「ロスト・コード」 2012.7.24 掲載 (カテゴリ:推理)

「ロスト・トレジャー2 失われたミイラ伝説」 2013.6.27掲載 (カテゴリ:冒険)

「ロスト・フューチャー」 2013.12.24掲載 (カテゴリ:人生)

「ロンメル ~第3帝国最後の英雄~」 2013.9.27 掲載 (カテゴリ:戦争)

TV(sp) わ~を

「ワイルド・エンジェル」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:推理)

「ワイルド・トラック」 2011.9.14掲載 (カテゴリ:友情)

「ワイルド・パートナー」 2011.9.20掲載 (カテゴリ:男女)

「ワイルド・ランナー」 2011.9.1掲載 (カテゴリ:車両)

「ワイルド・ランナー X2」 2011.9.17掲載 (カテゴリ:車両)

「ワイルド・ランナー X3」 2011.9.17掲載 (カテゴリ:車両)

映画 あ~お

「アイアン・クロス 最恐の十字剣」 2013.10.24 掲載 (カテゴリ:宗教)

「アイアン・スカイ」 2013.3.27掲載 (カテゴリ:犯罪)

「アーバン・エクスプローラー」 2011.11.22掲載 (カテゴリ:恐怖)

「アイガー北壁」 2011.9.30 掲載 (カテゴリ:友情)

「アイス・プラネット」 2012.5.24 掲載 (カテゴリ:駄作)

「愛より強く」 2011.9.8掲載 (カテゴリ:男女)

「愛を読むひと」 2011.9.25 掲載 (カテゴリ:男女)

「アウシュビッツ行 最終列車 -ヒトラー第三帝国 ホロコースト-」 2011.9.1掲載 (カテゴリ:戦争)

「アウトバーン」 2016.12.22 (カテゴリ:車両)

「青い棘」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:青春)

「アクセル」 2011.9.11掲載 (カテゴリ:車両)

「アグネスと彼の兄弟」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:家族)

「あと1センチの恋」 2015.9.25 掲載 (カテゴリ:男女)

「アドレナリンEX」 2011.9.12掲載 (カテゴリ:人生)

「アドレナリン:MAX」 2011.9.23掲載 (カテゴリ:犯罪)

「アナトミー」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:恐怖)

「アナトミー2」 2011.12.8掲載 (カテゴリ:犯罪)

「あの日 あの時 愛の記憶」 2013.5.21 掲載 (カテゴリ:戦争)

「アム・アイ・ビューティフル?」 2011.12.20 掲載 (カテゴリ:人生)

「Antibodies –アンチボディ- 死への駆け引き」 2011.9.2掲載 (カテゴリ:心理)

「アンツ・イン・ザ・パンツ」 2011.9.8掲載 (カテゴリ:青春)

「アンノウン」 2012.4.25 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「命をつなぐバイオリン」 2013.10.25 掲載 (カテゴリ:戦争)

「イヤー・オブ・ザ・スネーク 第四帝国」 2014.12.25 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「iPS-イントリュージョン・オブ・プレデター・ステムセル- 恐怖の暴走細胞」 2014.8.29掲載(カテゴリ:恐怖)

「We Love Balls!」 2011.9.7掲載 (カテゴリ:人生)

「ウィンタースリーパー」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:推理)

「ウェイヴ」 2011.9.26 掲載 (カテゴリ:心理)

「映画のようには愛せない」 2016.6.1 掲載 (カテゴリ:男女)

「エーミールと探偵たち」 2011.9.10掲載 (カテゴリ:家族)

「es [エス]」 2011.8.29掲載 (カテゴリ:心理)

「エネミーズ・ゾーン」 2012.10.26 掲載 (カテゴリ:戦争)

「エリート養成機関 ナポラ」 2011.9.26掲載 (カテゴリ:戦争)

「大津波」 2013.4.24 掲載 (カテゴリ:災害)

「おじいちゃんの里帰り」 2016.11.22 掲載 (カテゴリ:家族)

「穏やかな暮らし」 2016.9.29 掲載 (カテゴリ:人生)

「ON AIR 殺人ライブ」 2016.11.24 掲載 (カテゴリ:心理)

映画 か~こ

「ガーディアン」 2015.4.30 掲載 (カテゴリ:家族)

「快楽の悪の華」 2014.7.25 掲載 (カテゴリ:人生)

「快楽晩餐会/または誰と寝るかという重要な問題」 2013.2.1 掲載 (カテゴリ:男女)

「帰ってきたヒトラー」 2016.7.1 掲載 (カテゴリ:心理)

「顔のないヒトラーたち」 2016.6.2 掲載 (カテゴリ:人生)

「過激 Girls ★ Girls」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:青春)

「影のない男」 2011.8.29掲載 (カテゴリ:犯罪)

「カスケーダー」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:冒険)

「Giganticギガンティック」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:青春)

「危険なメゾット」 2016.4.26 掲載 (カテゴリ:男女)

「キッズレーサー 魔法のメダルと秘密のサーキット」 2015.10.29掲載(カテゴリ:友情)

「君がくれたグッドライフ」 2016.12.23 (カテゴリ:人生)

「グッバイ、レーニン!」 2011.9.27掲載 (カテゴリ:東西)

「暗い日曜日」 2012.12.27 掲載 (カテゴリ:男女)

「クライマー」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:犯罪)

「クラバート 闇の魔法学校」 2011.9.1掲載 (カテゴリ:歴史)

「CLUB ファンダンゴ~略奪者~」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:男女)

「グランド・ブダペスト・ホテル」 2015.9.24 掲載 (カテゴリ:人生)

「ゲーテの恋~君に捧ぐ『若きウェルテルの悩み』~」 2012.6.26掲載 (カテゴリ:男女)

「ゲート・トゥ・ヘヴン」 2015.6.24 掲載 (カテゴリ:人生)

「ゴーストハンターズ オバケのヒューゴと氷の魔人」 2016.11.25 掲載 (カテゴリ:家族)

「コーヒーをめぐる冒険」 2015.6.26 掲載 (カテゴリ:人生)

「9日目~ヒトラーに捧げる祈り~」 2013.1.31 掲載 (カテゴリ:戦争)

「コッホ先生と僕らの革命」 2014.6.27 掲載 (カテゴリ:青春)

「コマーシャル★マン」 2011.9.11掲載 (カテゴリ:人生)

「コンクラーベ 天使と悪魔」 2012.2.22 掲載 (カテゴリ:宗教)

映画 さ~そ

「サージェント・ペッパー ぼくの友だち」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:家族)

「ザ・クラウン 炎のリベンジャー」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:車両)

「サバイバル・ゲーム」 2012.1.26 掲載 (カテゴリ:推理)

「ザ・ヒットマン 運命の凶弾」 2012.7.26掲載 (カテゴリ:男女)

「ザ・ファイト 拳に込めたプライド」 2013.8.27 掲載 (カテゴリ:人生)

「ザ・フィクサー」 2011.10.1掲載 (カテゴリ:人生)

「ザ・フェイク」 2014.7.23 掲載 (カテゴリ:心理)

「ザ・ブルー」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:恐怖)

「The Boxer」 2013.8.28 掲載 (カテゴリ:青春)

「G.I.フォース」2011.10.1掲載 (カテゴリ:犯罪)

「詩人、愛の告白」 2014.10.24 掲載 (カテゴリ:男女)

「終着駅 トルストイ最後の旅」 2013.10.8 掲載 (カテゴリ:男女)

「白いリボン」 2012.12.26 掲載 (カテゴリ:人生)

「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」 2012.1.27掲載 (カテゴリ:戦争)

「スターリングラード」 2012.8.31 掲載 (カテゴリ:戦争)

「スナイパー・バレー」 2011.9.26 掲載 (カテゴリ:戦争)

「スパイママ」 2014.7.24 掲載日 (カテゴリ:家族)

「スピードキング」 2011.11.24 掲載 (カテゴリ:友情)

「戦場のアリア」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:戦争)

「ソウル・キッチン」 2011.9.3掲載 (カテゴリ:人生)

「そして、私たちは愛に帰る」 2011.10.27 掲載(カテゴリ:人生)

「ソハの地下水道」 2013.8.15 掲載(カテゴリ:戦争)

「素粒子」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:人生)

映画 た~と

「ダーク・オブ・ザ・デッド」 2012.5.23 掲載 (カテゴリ:恐怖)

「ダーク・ブルー」 2012.2.25掲載 (カテゴリ:男女)

「太陽に恋して」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:人生)

「タトゥー」 2011.12.6 掲載 (カテゴリ:推理)

「誰でもない女」 2016.10.26 掲載 (カテゴリ:東西)

「小さなバイキング ビッケ」 2012.12.25 掲載(カテゴリ:歴史)

「厨房で逢いましょう」 2013.3.26 掲載(カテゴリ:男女)

「ディアボリーク 悪魔の刻印」 2015.4.29 掲載(カテゴリ:心理)

「デス・リベンジ」 2011.11.9 掲載 (カテゴリ:歴史)

「点子ちゃんとアントン」 2011.9.10掲載 (カテゴリ:家族)

「ドッペルベンガー 凍てつく分身」 2015.12.25 掲載 (カテゴリ:心理)

「飛ぶ教室」 2011.9.10掲載 (カテゴリ:友情)

「ドラゴンの秘宝 ジークフリートの冒険」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:歴史)

「囚われのサーカス」 2014.6.25 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ドリームシップ エピソード1/2」2011.10.1掲載 (カテゴリ:友情)

「トンネル」 2011.9.4掲載 (カテゴリ:東西)

映画 な~の

「NAKED 狂気の森」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:恐怖)

「ナチスの犬」 2015.9.23 掲載 (カテゴリ:戦争)

「23年の沈黙」 2011.8.30掲載(カテゴリ:推理)

「ネバーエンディング・ストーリー」">ネバーエンディング・ストーリー」 2011.12.13 掲載 (カテゴリ:冒険)

「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」 2011.8.28掲載 (カテゴリ:友情)

「ノンストップ・バディ 俺たちに今日もない」 2015.12.23 掲載 (カテゴリ:人生)

映画 は~ほ

「バーグラーズ 最後の賭け」 2011.9.29掲載 (カテゴリ:人生)

「バーダー・マインホフ 理想の果てに 」 2012.6.27 掲載 (カテゴリ:青春)

「バーンチェイサー」 2011.9.13掲載 (カテゴリ:犯罪)

「パイレーツ・オブ・バルティック12人の呪われた海賊 」 2011.12.22 掲載 (カテゴリ:歴史)

「バチカンで逢いましょう」 2016.12.20 (カテゴリ:人生)

「パッション」 2014.10.21掲載 (カテゴリ:推理)

「パニック・タワー」 2013.4.23 掲載 (カテゴリ:駄作)

「バニシング・ストリート」 2011.10.1掲載 (カテゴリ:青春)

「バビロンZ」 2011.9.27掲載 (カテゴリ:駄作)

「パフューム ある人殺しの物語」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:歴史)

「バルティック・ストーム」 2013.5.24 掲載 (カテゴリ:推理)

「バレット・フィスト」 2011.9.9掲載 (カテゴリ:友情)

「バンク・イリュージョン」 2011.11.27 掲載 (カテゴリ:犯罪)

「犯罪「幸福」」 2014.8.26 掲載 (カテゴリ:青春) 

「バンディッツ」 2011.9.9掲載 (カテゴリ:友情)

「ピエロがお前を嘲笑う」 2016.6.28 掲載 (カテゴリ:推理)

「東ベルリンから来た女」 2013.8.29 掲載 (カテゴリ:東西)

「美女と野獣」 2014.11.25掲載 (カテゴリ:男女)

「ビタースウィート」 2014.11.26 掲載 (カテゴリ:青春) 

「ビッケと神々の秘宝」 2016.10.28 掲載 (カテゴリ:歴史)

「ヒットマン:エージェント47」 2016.12.21 (カテゴリ:犯罪)

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」 2016.6.3 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ヒトラー~最期の12日間」 2011.9.28掲載 (カテゴリ:戦争)

「ヒトラーの旋律」 2012.2.23掲載 (カテゴリ:戦争)

「ヒトラーの贋札」 2011.9.12掲載 (カテゴリ:戦争)

「ヒマラヤ 運命の山」 2014.10.22掲載 (カテゴリ:家族)

「ヴィーナス11 彼女がサッカーを嫌いな理由」 2011.9.7掲載 (カテゴリ:男女)

「ビヨン the シー ~夢見るように歌えば~」 2016.9.28 掲載 (カテゴリ:人生)

「ヴィンセントは海へ行きたい」 2013.5.23 掲載 (カテゴリ:人生) 

「ファスト・トラック・ノーリミット」 2011.10.26 掲載 (カテゴリ:駄作)

「ファンキー・モンキー」 2013.7.26 掲載 (カテゴリ:家族)

「ふたりのロッテ」 2011.9.10掲載 (カテゴリ:家族)

「ブラック・ブック」 2011.9.25 掲載 (カテゴリ:戦争)

「フラッシュバック」 2011.11.29掲載 (カテゴリ:恐怖)

「ブラッディ・パーティ」 2012.5.22 掲載 (カテゴリ:人生)

「ブリキの太鼓」 2016.6.30 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ブリザード」 2012.8.29 掲載 (カテゴリ:推理)

「不倫休暇」 2014.5.29 掲載 (カテゴリ:駄作)

「プリンセス・アンド・ウォリアー」 2011.8.30掲載(カテゴリ:男女)

「ブルート」 2011.10.1掲載 (カテゴリ:人生)

「ヘブン」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:男女)

「HELL」 2013.1.29 掲載 (カテゴリ:災害)

「ベルンの奇蹟」 2011.9.6掲載 (カテゴリ:戦争)

「ベルリン陥落1945」 2011.9.13掲載 (カテゴリ:戦争)

「ベルリン・天使の詩」 2011.9.8掲載 (カテゴリ:男女)

「ベルリン、僕らの革命」 2011.9.27 掲載 (カテゴリ:青春)

「ポイズン」 2013.11.26 掲載 (カテゴリ:推理)

「ホロコースト -アドルフ・ヒトラーの洗礼-」 2013.7.24 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ホワイトアウト フローズン・リベンジ」 2015.9.22 掲載 (カテゴリ:推理)

「ポンペイ」 2016.10.27 掲載 (カテゴリ:歴史)

映画 ま~も

「マーサの幸せレシピ」 2011.9.5掲載 (カテゴリ:家族)

「マーラーとバイキングの神々」 2016.11.22 掲載 (カテゴリ:冒険)

「抹殺人」 2011.8.31掲載 (カテゴリ:駄作)

「マリアの受難」 2011.9.30掲載 (カテゴリ:人生)

「みえない雲」 2011.9.11掲載 (カテゴリ:災害)

「ミケランジェロの暗号」 2012.6.29掲載 (カテゴリ:戦争)

「ミッション:エクストリーム」 2012.6.28掲載 (カテゴリ:犯罪)

「メッセージ そして、愛が残る」 2011.10.1掲載 (カテゴリ:人生)

「もうひとりの女」 2011.12.7 掲載 (カテゴリ:男女)

「モモ」 2015.6.25 掲載 (カテゴリ:家族)

映画 や~よ

「やさしい本泥棒」 2016.4.27 掲載 (カテゴリ:戦争)

「ヤンババ!ばばぁ強盗団がやって来る!」 2011.10.1掲載 (カテゴリ:人生)

「U・ボート」(ディレクターズカット版) 2011.9.13掲載 (カテゴリ:戦争)

「U-900」 2011.11.25 掲載 (カテゴリ:人生)

「善き人のためのソナタ」 2011.9.9掲載 (カテゴリ:東西)

「4分間のピアニスト」 2011.9.13掲載 (カテゴリ:人生)



カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。