スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最後の日々」

Sophie Scholl - Die letzten Tage 2005年 


白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- [DVD]白バラの祈り -ゾフィー・ショル、最期の日々- [DVD]
(2006/09/22)
ユリア・イェンチ、アレクサンダー・ヘルト 他

商品詳細を見る


監督 マルク・ローテムント

出演 
ユリア・イェンチ
フェビアン・ヒンリンス 
アレクサンダー・ヘルト 
アンドレ・ヘンニック
ヨハンナ・ガストドロフ
フロリアン・シュテッター


勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1943年、ドイツ・ベルリン。
友達とラジオを聞いている、ゾフィーは、明日も会うことを約束し、彼女と別れ、ある場所へと来た。
あたりを伺いながら中に入ると、そこには、兄ハンスと彼の友人達がせっせとヒトラー政権を批判するビラを作っていた。送り付ける封筒も少なく、彼らは大学で配る事を思いつく。
危険を承知で、兄に協力するゾフィー。
2月18日。実行に移した。
ビラを置いていくだけの作業だったが、ふとゾフィーは教室から出てくる生徒達に分かるように、3階から踊り場へビラを落としたのだ。だが、それがアダだった。
ゲシュタボに捕まり兄を庇った彼女は、尋問官のモーアに厳しい取り調べを受ける事になってしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「90年代に新たに出た証言と資料をもとに作られている。」という前置きから始まる、実際の話。

今では考えられないほどの強行裁判で、死刑になってしまった、ゾフィー。
まだ、20歳代だった彼女の意志の強さが際立つ作品なのだ。

注目すべきは、強引で卑劣な裁判官と有名だったローランド・フライスラー。
演じるヘンニックさんが大袈裟ではなくまさしくそうだった!というのが驚きなのだ。

詳しくは「字幕ほにゃく犬のドイツ映画日記」をどうぞ♪
スポンサーサイト

「サバイバル・ゲーム」

Falling Rocks 2001年 ドイツ・オーストリア・南アフリカ


サバイバル・ゲーム [DVD]サバイバル・ゲーム [DVD]
(2003/01/24)
クラウディア・ミヘルゼン、ケーン・ボーウ 他

商品詳細を見る


監督 ピーター・ケグレヴィック

出演 
クラウディア・ミヒャルゼン 
ケーン・デ・ボーウ 
クリストフ・ヴァルツ 
アニカ・ドブラ 
アコ・ヨヴァノヴィッチ 
アンドレ・ヘンニック

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ハンディカメラを持って走る、現地の少年。学校の先生に見せるとそこには、とんでもないものが映っていた。
リゾート地のホテルでくつろぐ、面々。
医者のミヒャエルに妻のバーバラ。
鉱山技師のルイスに妻のジェシカ。そして、ジェシカの妹フィオナ。
彼らは、明日からサバイバル旅行へと出掛けるのだ。
一人だけパートナーがいないフィオナは、さっき女性とケンカ別れしていた男、ベルギー人のフィルに声をかけ、一晩だけの関係から旅行へと誘った。
一方、ルイスは密かにある人物に遭い何かを渡していた。
旅行当日。
携帯電話を置いて、何もない平地へと来た面々。フィオナが連れて着たフィルに戸惑いながらも仲間にいれ、ジェシカは旅の記録にハンディカメラを回し始める。
そして、野宿で一晩しごした朝。川辺で死体を発見するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
この死体発見から、次々と一人、また一人と人々が殺されていく。
どうして?誰が?という推理サスペンス。思ったよりもそんなに怖くはなかった。途中で犯人も分かったし。ただ、それはかなり後半になってからなので、そこまでは本当に謎。(@_@)

注目すべきは、若き日のクリストフ・ヴァルツ。こんな作品にも出演していたなんて驚きだった。

とにかく、
野宿をしながらある目的地まで行く旅行というのが、どうしても理解しがたかったのでなんとなく気乗りして見れなかった、ich。

好きな方は好きなんだろうなあ。σ(^◇^;) 

「クラッシュランディング」

Check-in to Disaster 2001年 スペシャルドラマ(ProSieben)


クラッシュランディング [DVD]クラッシュランディング [DVD]
(2003/07/04)
ユルゲン・レーマン、イザベラ・パーキンソン 他

商品詳細を見る



監督 ウーヴェ・フリースナー

出演 
ユルゲン・レーマン 
イザベラ・パーキンソン 
アダム・ボウスドウコス 
アンドレ・ヘンニック 
クリストファー・クリーサ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
クリスは、南アフリカのケープタウンで、上着を盗まれる。必死に取り戻し、ポケットにあったあるものを確認する。
一方、空港では、搭乗手続をする人々が列を作っていた。
実は、航空会社の手違いで予約を多く取ってしまっていたのだ。
その為ドイツ行きの臨時便が出る事に。
そこへ、クリスが来る。待っていたのは、彼の恋人コニー。
しかし、臨時便の飛行機へ副操縦士として乗り込む事になった彼女はすぐさま飛行機に搭乗してしまった。仕方なくクリスもその飛行機に乗ることに。
無事空港を離陸した飛行機だったが、突然エンジンが停止し、砂漠への緊急着陸を余儀なくされるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
機長が正規のルートで飛ばなかった為、そして、航空会社の社長が欲をかいて整備がきちんと終わってない飛行機を飛ばした為に、この大惨事になったのだ。なので、殆ど人災。( ̄。 ̄;)
さあ、砂漠の真ん中で連絡も取れず、生き残った乗客はどうやって助かるのか?という主旨のドラマ。

注目すべきは、「ソウル・キッチン」に出演していた、アダム・ボウスドウコス。
ブギーという役ですげ~いい奴を演じていたのだ。
最後まで主人公と絡んでいたからさ。

ただ、英語吹き替えだったのが、残念だったけどね。

「GSG-9 対テロ特殊部隊」 シーズン1

レンタルタイトル スペシャル・ユニット GSG-9 対テロ特殊部隊 Vol.1~Vol.7 


スペシャル・ユニット GSG-9 対テロ特殊部隊 スペシャルBOX [DVD]スペシャル・ユニット GSG-9 対テロ特殊部隊 スペシャルBOX [DVD]
(2008/04/04)
マルク・ベンヤミン・プーフ、ビューレント・シャリフ 他

商品詳細を見る


GSG 9 - Die Elite Einheit 2007年 ドイツ・Sat.1社で放送されたドラマ 

出演 
マルク・ベンヤミン・プーフ(チーム50 リーダー:ゲーブハルト(ゲープ)・シュルラウ)
アンドレーアス・ピーチュマン(チーム50 サブ:コンスタンティン(コニー)・フォン・ブレンドープ)
ビューレント・シャリフ(チーム50 第3隊員:デミア・アズラン)
ベルト・ベーリッツ(チーム50 第4隊員:カスパー・ラインドル)
ヨレス・リッセ(チーム50 第5隊員:フランク・ヴェルニッツ)
フロレンティーネ・ラーメ(本部 エンジニア:ペトラ・ヘルムホルツ)
アンドレ・ヘンニック<(本部 指揮官:トーマス・アンホフ) 

オープニングのドラマ説明(吹き替えより引用)
闇に潜むテロリストに敢然と立ち向かい、戦いを挑む5人の精鋭。
正義の為に命をかけて任務を遂行する。
俺達は最強のGSG-9特殊部隊スペシャル・ユニット。

もっと詳しい内容&感想 → 海外ドラマ「GSG-9 対テロ特殊部隊 シーズン1」

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
実際に存在する、警察組織を題材に、事件も実際の出来事を参考に作られている。

チームリーダのゲープを中心に、徹底的なチームワークで事件を解決していく、面々。
ヒーロー的な存在になりがちだが、一般的な悩みも個々に抱えているところがこのドラマの良さではないかな。
ちょっと、ある種の偏見?とも思えてしまう場面もあるが、対テロ組織なので、多めに見て。(^^ゞ

アクションものとしては、物足りない感が漂うので、人間ドラマとして見るのをお薦めするぞ。

ドイツ映画上映会

「ドイツ映画特集」と題して、

ドイツ文化センターで、来年1月19日 (木)~21日 (土)にドイツ語版、日本語字幕付きで、上映会が行われる予定です。

場所:ドイツ文化会館ホール
金額:1回上映=600円 2回券=1000円 ←安い!!

詳しくは、ドイツ文化センターのホームページにて↓
http://www.goethe.de/ins/jp/tok/ver/ja8588466v.htm 


映画の内容や、予告編を本家ブログに掲載してありますので、参考にしてみてください。
http://blog.goo.ne.jp/takbout/e/03cf51e2d9790eaf80e05c41697e43b0 

自分は田舎で遠いので、ちょっと行けませんけども、
お近くの方、お時間に余裕がある方は、ちょっとドイツ映画ってどんな感じかな?感覚で、見に行ってもよろしいかと思います。
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。