スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スターリングラード」

Stalingrad 1993年 ドイツ・アメリカ


スターリングラード [DVD]スターリングラード [DVD]
(2008/10/31)
トーマス・クレッチマン、ドミニク・ホルヴィッツ 他

商品詳細を見る


監督 ヨゼフ・フィルスマイアー

出演 
トーマス・クレッチマン
ドミニク・ホルヴィッツ 
ヨヘン・ニッケル
マーク・ツァク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1942年晩夏。
第2次大戦も4年目になり、ドイツ軍は油田を狙ってロシア軍を攻撃していた。第6軍は重要となる都市スターリングラードの制圧に借り出される。
8月、イタリア。
休暇を楽しんでいた兵士達に出撃命令が下った。極寒の地スターリングラードへ。
怪我をした少尉に変わり、戦地へ初めていくヴィッツランド少尉は、第6軍を任された。ロシア軍との苦戦の日々、負傷した部下を誰よりも早く治療してほしいと野戦病院で振る舞った為に上司から反感をもらい処罰を受ける、第6軍。それは、過酷な重労働だった。
だが、戦況が怪しくなった時、彼らは前線へ行き手柄を立てれば身分を回復すると言われ、勝利の見込みのない前線へ送られるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
たんたんと経過する作品。
兵士達が直面したのは、『敵』ではなく『自然』だった。
輸送の拠点と言われ、ドイツのみならず、各国からたくさんの兵士が送込まれたそうだ。
生還したのはわずかだったという。
戦死、餓死、凍死。
悲惨すぎる・・・。

注目すべきは、若き日のクレッチマンだろう。
悪意が満ちる世界で純粋な正義を貫こうとした人物を好演していたよ。(*^^)v
スポンサーサイト

「トレジャー・オブ・パイレーツ」

Amundsen der Pinguin 2003年 スペシャルドラマ


トレジャー・オブ・パイレーツ [DVD]トレジャー・オブ・パイレーツ [DVD]
(2006/11/02)
レア・クルカ、ハラルド・クラスニィッツアー 他

商品詳細を見る


監督 スティーブン・マニュエル

出演 
レア・クルカ 
ハラルド・クランスニッツァー 
カーチャ・ヴァイソエンベック 
ティル・リンデンマン
オリヴィエ・ストリッツェル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
南極のコロニー。
ペンギンの生態を研究している、海洋生物学者のコルネリウスは、一匹のペンギンからルビーをもらった。その事を知った乗組員のクルマンは、ペンギンとコルネリウスを襲いルビーがあった場所を特定しようとする。
だが、どうにかその場をペンギンと共に逃げ出すコルネリウス。
ドイツ、ケルン。
アンネは今日も家に動物を持ち込み、父親に注意されていた。
そこへ、母親の兄であるコルネリウスがペンギンを連れ、しばらく預かってくれと頼みに来た。怪訝な顔をする父親を横目に叔父さんも動物も大好きなアンナはそのペンギンを預かる事に。
そして、両親が出掛けたある日。
クルマンが変装し、アンネにペンギンの件で尋ねて来た。とっさにおかしいと思ったアンネはペンギンを連れて叔父のもとへと急ぐのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
南極の氷の下にある秘宝探しに発展していく、ファミリー向けの物語。

ペンギンは可愛いが、ある種本物である種CG。
CGペンギンの集合体ってなんか気持ち悪かったなあ。

いっつもコブラ11で卑劣な悪役ばかりしていた、オリヴィエ・ストリッツェルがむちゃくちゃやさしそうなパパさんで登場。
それを見ただけでも、得した気分になれた。

役者なんだから当たり前なんだけどね。 

「ブリザード」

Mörderische Abfahrt - Skitour in den Tod 1999年 ドイツ・オーストリア


ブリザード [DVD]ブリザード [DVD]
(2003/11/19)
トーマス・ハインツェ、ルパート・フレイザー 他

商品詳細を見る


監督 カート・M・ファウデン

出演
トーマス・ハインツ 
ルパート・フレイザー 
フランソワ・エリック・ジェンドロン 
カリン・C・ティーツェ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
雪山へ飛んで来たヘリコプターが何かを落として飛び去って行った。落とされた物を拾いに行った男は何者かに殺されてしまうのだった。
カウントダウンパーティ会場。
集まった仲良し5人(ジョージ、ディミトリ、ジャン、ローベルト、リチャード)は、山で行方不明になっているジャックの事で話題がもちきりになった。そこで、彼らはジャックの形跡を辿り真相を突き止める為の旅行計画を立て山を捜索する事にした。
地元の案内人モニカを迎え、彼の足取りを追う、5人。彼が泊まったであろう山小屋からメモを発見した直後、ディミトリが、崖から転落してしまった。助けに行こうとした矢先で、彼が死亡しているのが分かったが、明らかに事故ではなく殺されていることに気がついた。
何者かが彼を射殺したのだ。いったい、誰が何の為に?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
雪山での推理劇。

真っ白な世界で、隠れようがないのだが、犯人がなかなか分からない。
人物も多かったりして、ラストまでドキドキしてしまった。

とはいえ。
何故か、こういう友人グループの中には、独身がいて、誰かの奥様と不倫しているパターンが多い。
これもそうだった。

さて、その三角関係の行く末は?(爆)

「ホワイト・インフェルノ2」

Entscheidung im Eis - Eine Frau jagt den Mörder 2001年 スペシャルドラマ(Sat.1)


ホワイト・インフェルノ2 [DVD]ホワイト・インフェルノ2 [DVD]
(2004/03/05)
ヘルベルト・クナウプ、クラウディア・ミヒェルゼン 他

商品詳細を見る


監督 ヨルク・グルンラー

出演 
クラウディア・ミヒェルゼン 
ヘルパート・クラウフ 
フレッツ・カール 
ベルンド・スラグマン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
女性の死体の側に男が立っていた。男はその場で、連続殺人の容疑者として逮捕された。
だが、彼は取り調べの隙を見て逃げ出す。
一方、逃げられた女性刑事のリーアは、妹が被害者の一人だったという事もあり、異常な迄に男を追った。
逃げ出した男、マルティン・ボンズは、本当の犯人を追って豪雪地帯の山小屋へ来る。現在そこには、真犯人が新しい恋人と週末を過ごそうとしているはずだ。
だが、ボンズは山小屋付近でリーアに発見されてしまう。そのリーアは、ボンズを逮捕する為に威嚇射撃を行った。
その銃声は、大規模な雪崩を引き起こしてしまい、ボンズもリーアも飲み込まれてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
前半は、雪崩で生き埋めになった場所からの脱出劇。
後半は、連続殺人の推理劇。

なんたって、この雪崩はどうみても人災。そこで威嚇するか~と言いたくなったからね。

それにしても毎日暑い!
この作品の雪景色を見て少しでも涼めればいいかな?(爆)
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。