スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Maximum Speed - Renn' um dein Leben!」

Maximum Speed - Renn' um dein Leben! (直訳=最大のスピード-あなたの人生の為のレース) 
2002年 日本未公開作品(ネットのみ) スペシャルドラマ(RTL社)

maximum-speed_convert_20121228085034.jpg

監督 Sigi Rothemund(ジギー・ロゼムント)

アクション監督  Hermann Joha(ヘルマン・ヨハ) Alexander Stahl

出演 
Erdogan Atalay(エルドゥアン・アタライ) 
Bojana Golenac(ボヤナ・ゴレナック) 
Guntbert Warns(グントベルト・ヴァルンス) 
Ann Pollmann (アン・ポーラ)

勝手なあらすじ(actionconcept社のホームページに掲載してあるあらすじを機械翻訳にかけ、観賞した後の印象から)  
駐車場で二人の男に襲われるビジネスマン二人。
そのうちの一人は携帯から会社の留守電に掛け、脅された内容を録音した。
34歳のメッセンジャー、Markus Schneider(マルコス・シュナイダー)は、ローラーブレードを履き、颯爽とベルリンの街を駆け抜けていた。
本日も教会への配達を終え、お得意先へと向かった、マルコス。
そこで、一人のビジネスマンから、封筒を一つ手渡されるのだった。
その夜、恋人のLaura Marks(ラウラ・マーカス)と友人宅でのパーティーを楽しんでいると会社の社長からお得意先へ早朝に向かうよう携帯に連絡が入る。
そして翌朝。
マルコスがお得意先へ行くと、ビジネスマンが二人、覆面を被った二人組の男に射殺される現場に出くわしてしまう。さらに、男達に襲われ意識がもうろうとしている間に、拳銃を握らされ、殺人犯にされてしまった。
なんとかその場を逃げ出したマルコスだが、彼はこのまま殺人犯として逮捕されてしまうのだろうか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の願い込み)
個人的に、
世界で一番大好きな俳優エルドゥアン・アタライが、ゼミル以外の主人公を演じた、スペシャルドラマ。

ローラーブレードは本人がきちんとこなしているので、必見!!

DVDも発売されていないので、またの再放送を期待するしかないのが、残念なところでもある。

なので、お願い!
どこかDVD発売して~。(^∧^)、オ、ネ、ガ、イ。
スポンサーサイト

「暗い日曜日」

Gloomy Sunday - Ein Lied von Liebe und Tod 1999年 ドイツ・ハンガリー


暗い日曜日 [DVD]暗い日曜日 [DVD]
(2002/11/01)
エリカ・マロジャーン、ステファノ・ディオジニ 他

商品詳細を見る


監督 ロルフ・シューベル

出演 
エリカ・マロジャーン 
ステファノ・ディオニジ 
ヨアヒム・クロール
ベン・ベッカー 
セバスチャン・コッホ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
レストラン・サボーで、ハンス氏の80歳の誕生日会が開かれていた。だが、ありき日の女性の写真を見た彼は、その瞬間心臓発作で倒れてしまうのだった。
第二次世界大戦直前のハンガリー、ブタペスト。
レストラン・サボーの経営者ラズロは、恋人で一緒にレストランを切り盛りしているイロナと共に、店でピアノを弾いてくれるピアニストの面接をしていた。時間外に現れたアンディを採用したイロナ。
店の経営が上手くいく中、3人の微妙な関係が始まる。
そんな中、客の一人ドイツ人のハンスが、イロナにプロポーズをするも断られ、橋から川へ飛び降り自殺をした。ちょうどアンディがイロナとの関係を持った事を知ったラズロが、偶然その場に居合わせ、彼を川から助け出す。
そして、月日は流れ。
ハンスは、ドイツ軍上官となって、店に再び現れた。
一方、イロナの誕生日にアンディが贈った曲が注目され大ヒットするのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
一人の女性に翻弄される3人の男性物語。

といえば、聞こえがいいが、男女の恋愛劇の中に戦争うんぬんが入ってくるのだ。

注目すべきは、ヨアヒム・クロール。
レストラン経営者ラズロなのだが、すっごくいい人なのだ。

「暗い日曜日」という曲は実在していて、この時代、本当に曲を聴きながら、命を絶った人もいたそうです。

「白いリボン」

Das weiße Band - Eine deutsche Kindergeschichte 2009年 ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア


白いリボン [DVD]白いリボン [DVD]
(2011/06/25)
クリスチャン・フリーデル、レオニー・ベネシュ 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・ハネケ

出演 
クリスティアン・フリーデル 
レオニー・ベネシュ 
ウルリッヒ・トゥクール 
フィオン・ムーテント

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ふと昔のあの時の事を思い出す男。
「すべてを話しておくべきだ。」
彼は若いとき、北ドイツの小さな村に教師として勤務していた。
ある日。村で唯一の医師が落馬事故に遭い重傷を負った。何者かが彼の帰宅路に針金を仕掛けたのだ。
その後、小作人の妻が作業場で死亡。小作人の雇い主の男爵の息子が行方不明になり、数日後、お尻をたたかれ木に逆さ吊りにされているのを発見された。
村には異様な雰囲気が漂うようになる。
そんな中、牧師は夕飯に遅れてきた娘と息子に白いリボンをつけさせる。それは純真無垢を取り戻すという意味があった。
一方、教師は男爵家の双子を世話していたベビーシッターが気になっていた。あの事件依頼、男爵の妻は子供をつれて出て行ってしまっていた。彼女は解雇され自分の田舎へと帰っていた。
教師は暇を見つけ彼女に会いに行くのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
賛否両論に分かれるこの作品。

個人的にはダメだった。( ̄。 ̄;)

何しろ、難しいのだ。
一人、一人、違う印象を与える珍しい作品なのではないだろうか?

気になる方はそれなりの覚悟の上でご観賞ください。

来年公開のドイツ作品 第2弾!

2月9日 公開
「命をつなぐバイオリン」(原題「Wunderkinder」)
公式サイト http://inochi-violin.com/index2.html 

T0016556p.jpg

あらすじ(映画.com.より引用)
第2次世界大戦時、ナチス・ドイツに侵攻されたウクライナで、バイオリンの演奏に生き残りをかけた子どもたちの運命を描いたドラマ。


今年の1月にドイツ文化センターで行われたドイツ映画上映会で「若き天才音楽家たち」という仮邦題で上映された作品です。



来年10月公開
「(仮)ハンナ・アーレント」(原題「Hannah Arendt」)
セテラ・インターナショナルより配給。(東京国際映画祭のページ引用)

5070c5be27fe9.jpg


いや~うれしい限りです。

しかし、相変わらず、文芸的なお堅い感じの作品の公開が多いです。
個人的にはもうちょっと、アクションとかコメディタッチの作品を買い付けて欲しいのですねえ。(^◇^;)

「小さなバイキング ビッケ」

Wickie und die starken Männer 2009年 


小さなバイキング ビッケ [DVD]小さなバイキング ビッケ [DVD]
(2012/12/05)
ヨナス・ハンメルレ、ワルデマー・コブス 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・ブリー・ヘルビヒ

出演 
ヨナス・ハンメルレ 
ワルデマ・コブス 
ニック・ロンム 
クリスティアン・コッホ 
ユルゲン・フォーゲル
ハンナー・ヘルツシュプルング
ノラ・チルナー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
森でオオカミに追いかけられながらも何とかチッチの人形を取り返したビッケ。
1095年、北の国にはバイキングが住んでいた。
ビッケの父親はバイキングのリーダー、ハルバルなのだが、女の子と遊んでばかりで、オオカミも怖がってしまう息子が少し悩みだった。
そんなある日。
戦利品を持って帰宅したハルバル達が祝杯を挙げ、寝入っている翌朝。
ビッケがチッチの為に空を飛ぶ道具を考えついたその時、海から悪魔のような敵のバイキングが現れ、子供達をすべて連れ去ってしまった。
幸い、木に引っかかっていたビッケだけは無事だったのだが、ハルバル達は急いでその幽霊船に乗っているであろう、悪魔のバイキング達を追う為に船出した。
ビッケもチッチを救うために隠れて乗り込む事に。
そして、それらしき幽霊船に出会ったハルバル達は奇襲攻撃をしかけるのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
70年代、日本のアニメで放送された、ビッケ。
実は、ドイツの放送局が企画を持ち込み、日本のアニメ制作会社で制作してもらったものだった。
昔大好きだったアニメなので、すっごく懐かしかった。

注目すべきは、そのアニメからまんま出てきた感じの俳優陣。

あのビッケのひらめいた!シーンは、必見ですぞ。

ただ、悲しいかな、英語吹き替えバージョン。

ドイツ語で見たかったなあ。

来年公開作品

1月19日公開
「東ベルリンから来た女」(原題「Barbara」)
公式サイト http://www.barbara.jp/main.html

berlin_large.jpg
  

あらすじ(映画.com.より引用)
ベルリンの壁崩壊前の東ドイツを舞台に、秘密警察の監視のもと西側への脱出を計画する女性が、ある決断を下すまでの日々を描いたドラマ。

主演は、ニーナ・ホス

共演は「パイレーツ・オブ・バルティック 12人の呪われた海」に出演していた、ロナルト・ツッアフェルト。


2月16日公開
「ヒンデンブルグ 第3帝国の陰謀」(原題「Hindenburg」)
公式サイト http://hindenburg.toeiad.co.jp/index.html 

hindenburuku120924.jpg


あらすじ(映画.com.より引用)
1937年5月6日に起こった巨大飛行船ヒンデンブルグ号爆発事故を、ドイツ人の飛行船設計技師とアメリカ人実業家の娘の恋物語とともに描くスペクタクル大作。

主演は、マキシミリアン・ジモニシェック。
(彼の母親は、コブラ11のエンゲルハート隊長を演じたシャルロット・シュヴァーブ。)

共演は、
「GSG-9」のコニーこと、アンドレアス・ピーチュマン。
「23年の沈黙」ヴォータン・ヴィルケ・メーリング 
「アルティメイタム」のハイナー・ラウターバッハ。
「エネミーズ・ゾーン」のハンネス・イーニッケ。
「es(エス)」のユストゥス・フォン・ドーナニー。
(気がついた俳優さんだけ)

ドイツ作品なのですが、言語は英語。


お時間など行ける方は是非映画館へ足を運んでください。
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。