スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「9日目~ヒトラーに捧げる祈り~」

Der neunte Tag 2004年 ドイツ・ルクセンブルク・チェコ


9日目 [DVD]9日目 [DVD]
(2012/03/02)
ウルリッヒ・マテス、アウグスト・ディール 他

商品詳細を見る


監督 フォルカー・シュレンドルフ

主演 
ウルリッヒ・マテス 
アウグスト・ディール 
ヒルマール・ターテ 
ビビアン・ベグロー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
主に聖職者が収容されているダッハウ収容所。No.25639は突然呼び出され、書類にサインをさせられ、自分の荷持ちと服を渡されたのちに、ルクセンブルク行きの列車に乗せられた。
1942年11月15日、日曜日。
突然、収容所から解放されたアンリー・クレイマー神父は、駅から当てもなく歩いていた。
すると、1台の車が近寄って来て、中からドイツ軍のゲプハルト少尉が声をかけ、車に乗りせた。妹の家まで送るという車中で、「明日は必ずゲシュタボ本部に来るように」と告げられ送り届けてもらった。
彼は、反政府活動を行い収容所へ送り込まれていたのだ。
次の日、本部へ出向くと教会に閉じこもっている司祭に会って話をしてきて欲しいとの要請を受ける。それも、9日間だけの一時帰宅でその期間で行えというのだ。
クレイマー神父はさっそく教会へと向かうのだが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ナチスは宗教までも自分たちの仲間に引き入れようとしたらしい。
上手くいったか否かは作品で。

それにしても、聖職者専門の収容所があったなんてびっくり!
さらに、一時帰宅って・・・。
半殺しみたいで、薄汚いナチスらしい行動だと思ったよ。

宗教がらみは個人的に苦手。
未だによく理解出来てないのが、本音。
神父さんの強い意志はわかっているんだけどなあ~。(@_@)
スポンサーサイト

「キング・フォー・バーニング」

König der letzten Tage 1994年 スペシャルドラマ (ZDF)


キング・フォー・バーニング [DVD]キング・フォー・バーニング [DVD]
(2005/01/07)
クリストフ・ヴァルツ、マリオ・アドルフ 他

商品詳細を見る


監督 トム・トエレ

出演 
クリストファー・ヴァルツ 
マリオ・アドルフ 
オット-・ククラ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1534年。
「我が教区の真珠」と呼ばれるミュンスターで異変が起こる。自らを予言者だと名乗る男が現れたのだ。その旨を伝えられた枢機卿は、初めは気にとめなかったが、だんだんとその者の勢いが増してくるのだった。
田舎の娼婦宿を経営していたヤンは、洗礼を受けた後、自らを予言者だと名乗り、ミュンスターへ乗り込んで来た。同じく、旅芸人のセバスチャンも、旅の途中で助けた女性と共にこの地へ来ていた。広場で予言者として演説しているヤンを見て驚くとともにあきれるセバスチャン。彼とは昔、芸人として組んでいたのだ。ヤンはセバスチャンを見かけ自分の家に招く。そして、予言者としての威厳を保つ仕掛けを考えてくれと頼まれるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
単発の連ドラを編集した作品のようだった。
なので、なんだか、つかめないまま終わってしまう。

それでも、
世の中に出てくる預言者うんぬんは、こういう事で始まるのかな?とも思えた。

この作品を題材に
「銀幕から読み解く歴史像 ―歴史映画と歴史コミュニケーション―」
という研究会があるそうだ。(詳しいサイトはこちら
他のドイツ作品も紹介されていて、まったくうらやましい限り。

こういうのって、
学生の時代にして欲しかったと思うのは、歴史の成績が悪かった自分だけかな?(゚▽゚*)

「HELL」

Hell 2011年 


HELL [DVD]HELL [DVD]
(2012/09/05)
ハンナ・ヘルツシュプルング、ラース・アイディンガー 他

商品詳細を見る


監督 ティム・フェールバウム

出演 
ハンナー・ヘルツシュプルング 
ラース・アイディンガー 
スタイプ・エルツェッグ 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
2016年。我々の知っている世界は消え去った。
わずか4年で気温は10℃も上昇し、人々は生存の為の戦いを始めていた。
走行する車の中で目覚めたレオニー。姉マリーと車の所有者アレックスと共に氷があるとされる場所へ向かっていた。
途中、無人のガソリンスタンドで給油しようとした時、一人の男が食糧を盗みに近づいて来た。彼はガソリンを分ける代わりに乗せてくれと言う。ガソリンの為、カールを乗せ出発する3人。
すると、山道の途中でバリケードの為に道がふさがれていた。その側の山の斜面には落下した車が。
カールとアレックスは、ガソリンと食糧を確認に向かい、マリーにも手伝ってくれと呼び出す。
だが、マリーが車を離れた空きに妹が車ごと、何者かに連れ去られてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
一言でいうと「サバイバルサスペンス」(そんなジャンルはないと思うが。(^_^;))
過酷な環境のもとで、人々はどう生き残りをかけるか?
食糧不足となった今、何を食糧とするのか?

みたいに思えた。

人間も行き着くとこまで行くと、そうなってしまうのかな~なんて思ってしまった。
だけど、そこまでして子孫残したいかな~とも思えた。

ちょっと覚悟を決めて見た方がいいと思う。
見終わって、疲れがどぉ~と出るタイプの映画だと思われるので。(^◇^;)
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。