スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「快楽晩餐会/または誰と寝るかという重要な問題」

Rossini 1997年 

31dtgNBwz3L.jpg

監督 ヘルムート・ディートル

出演 
ヨアヒム・クロール 
ハイナー・ラウターバッハ 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース 
クリスチャン・ベルケル 
ゲッツ・ゲオルク 
マルティナ・ゲデック

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ドイツにある、イタリア料理店ロッシーニ。パウロ店長の下に、今日も常連客が集っていた。
ベストセラー小説「ローレライ」を映画化しようとやっきになっている監督ウー。そして、プロデューサーのオスカル。人間嫌いな原作者ヤーコブとは友人関係なのだが、彼は絶対に許可してくれていなかった。
そんな中、オスカルには、ヴァレリーという惚れた女を巡ってライバルのボードとの三角関係が続いていた。今日は絶対にどっちらかを選んでもらいたいと思ってレストランを訪れた、3人。
一方、一人個室で食事を楽しもうとやってきたヤーコブは、いつも自分の料理を運んでくれるウェイトレスにイタリア語で声をかけようと練習していた。
そこへ、知らぬ女性がやってきて、彼を押し倒してしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
他の客は。
医者と豊胸手術を受けさせたい夫と拒否する妻。
映画の出資を渋る、銀行員3人組。
「ローレライ」の主役を射止めようと、店長をだまくらかす、若い女性。
など。

俳優陣は豪華メンバーだが、内容は(@_@)な感じ。

映画化も三角関係もどうでもいいよねえ~の結末が気になる方は、ご鑑賞下さい。(゚▽゚*)
スポンサーサイト
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。