スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ホスピタル・アンダー・シージ」

Spital in Angst 2001年 ドイツ・スイス スペシャルドラマ(ZDF)


ホスピタル・アンダー・シージ [DVD]ホスピタル・アンダー・シージ [DVD]
(2003/01/24)
ザビーナ・シュネーペリ、ヨナタン・キンズラー 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・スタイナー

出演 
サビーナ・シュネーベリー 
ヨナタン・キンズラー 
ステファン・ブラザー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
パトカーが先導し救急車がスイスの病院へと向かう。入院は極秘。患者はアフリカの大統領で、彼の生死は今後の国の発展に大きな影響を及ぼすからだった。
だが、その病院にテロリストが進入してきてしまう。
彼の命と引き替えに多額の現金を要求。その病院に大量の爆弾を持ち込んだというのだ。
一方、医師のカトリンは、外科医としては名医だったが、プライベートでは夫とぎくしゃくしていた。
そんな中での病院からの呼び出し。夫の反対を押し切って、テロリストに占拠された病院にいる患者を救うため彼女は向かう。
偶然にも女性警官が入院しており、警官は独断で外部と連絡を取ってしまう。
その事がテロリストのリーダーにばれ、カトリンのせっかくの説得も無駄に終わりそうになるのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
国内ではともかく、大統領とかの訪問先で行うテロ行為。
自国で起こっている犯罪なのに、外国が関わっているから、下手に手出しが出せるようで出せない感じが、むっちゃくちゃ迷惑でイライラした気分になる。

ラストは、無理矢理というか、ドイツでのパターン!悲劇の後の希望・・・。(^◇^;)

お願いだから、外国で自国のテロはやめて欲しい。
自分達の国の事は、自分達で行って欲しいと思うのは、甘い考えなのかな?( ̄。 ̄;)
スポンサーサイト

「シークレット・オブ・ザ・アーク」

Visus-Expedition Arche Noah 2011年 スペシャルドラマ(RTL社)


シークレット・オブ・ザ・アーク [DVD]シークレット・オブ・ザ・アーク [DVD]
(2012/05/16)
シュテファン・ルカ、ジュリア・モルコー 他

商品詳細を見る


監督 トヴ・バウマン

出演 
シュテファン・ルカ(ホルナク) 
ジュリア・モルコー 
フィリップ・ダンネ 
ファーリ・オーゲン・カルディム

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
紀元前5620年、ネバブ砂漠。子供が二人、ノアの箱舟に乗り込んだ。
現在のトルコ沖。
調査船アトランティス号はノアの箱舟の調査を行っていた。
1369年にキプロ近郊で沈没したであろうカタリナ号が箱舟を発見していたとされていたからだ。
そして、そのカタリナ号を発見し、乗組員のアナは他のメンバーとある物を引き上げた。
一方、ケルン大学の神学部を訪ねたロベルトは、叔父から友人の教授を捜して欲しいと依頼を受ける。
そして、イタリアへと旅だった。
そこで、アナを出会うロベルト。教授は何者かに殺されていると知るのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
スペシャル定番、シュテファン・ルカ(ホルナク) 。RTL社、お気に入り俳優さんかも?

「神の目」という秘宝を巡っての、十字軍との攻防戦。
見るたび、十字軍は人類を滅ぼすような計画を立てている気がするが。(^◇^;)

むちゃくちゃちょい役で、フィリップ・ダンネが出演している。
彼が分かる人はいないと思うけどもね。(^◇^;)

「アイアン・スカイ」

Iron Sky 2012年 フィンランド・ドイツ・オーストリア


アイアン・スカイ [DVD]アイアン・スカイ [DVD]
(2013/02/08)
ユリア・ディーツェ、ゲッツ・オットー 他

商品詳細を見る


監督 ティモ・ヴォレンソラ

出演 
ユリア・ディーツェ 
ゲッツ・オットー 
クリストファー・カービィ 
ペータ・サージェント 
ウド・キア

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
アメリカのリバティ号は月面へ着陸した。サンダース船長は周辺を調査し何者かに殺される。
月面青年団伍長、レナーテ・リヒターは、本日も偉大なるナチスの精神を教えていた。そこへ、地球からきた宇宙飛行士ジェームズの通訳として呼び出される。
捕虜となった彼は、黒人から白人に変えられ、地球のガイドとして、アドラーとレナーテを連れて帰還する。
それから、3ヶ月後。
レナーテは、後に攻めてくるであろうナチスの仲間を止めようと街で見かけたジェームズと共に、奮闘する。そんな中、アドラーは、総統の命令を無視し、自らが総統になろうと企むのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「スター・トレック」のパロディ作品「スターレック 皇帝の侵略」で世界中のSFファンにその名を知らしめたフィンランドの奇才ティモ・ヴオレンソラ監督だそうで。(^_^;)
この監督が好きな人はついて行けそうな感じのコメディ。
個人的にはついていけず、だから何?と言いたくなった作品。

マニアックすぎてついて行けなかったのでした。( ̄。 ̄;)
(マニアが何を言う~。)

「厨房で逢いましょう」

Eden 2006年 ドイツ・スイス


厨房で逢いましょう [DVD]厨房で逢いましょう [DVD]
(2008/04/23)
デーヴィト・シュトリーゾフ、シャルロット・ロシュ 他

商品詳細を見る


監督 ミヒャエル・ホーフマン

出演 
ヨーゼフ・オステンドルフ 
シャロット・ロシュ 
デーヴィット・シュートリ-ゾフ 
マックス・リュートリンガー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
幼い時に妹を宿した母親のお腹を見て憧れていたグレゴリは、本日も調理するカモの羽をむしりながら、どんな調理で美味しくしようかと考えを巡らせていた。
現在の彼は、母親と同じようなお腹を手に入れ、2ヶ月先まで予約でいっぱいのレストランのコックになっていた。唯一の楽しみは、料理と行きつけのカフェで働くウェイトレスのエデンを見つめる事。
ある日、彼は無銭飲食をしそうな連中をエデンに教えたが信じてもらえず、案の定、彼女は無銭飲食をされてしまう。その後、噴水で遊びながら溺れそうになった少女を助けた、グレゴリは、その少女の母親がエデンだと知り、娘さんへのバースデーケーキを作ってあげた。
エデンは、食べ物の制限の為にそのケーキは食べられないと娘に言い聞かせても、娘が手放さなかった為に、何気に食べてみた。
すると、彼女の中で何かが目覚め・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題とは裏腹に、シュールな展開になる作品。
男の嫉妬は、そら恐ろしいということだろうか。

食べる事が好きな方は、作られる料理をみるのもいいかも?

単純な恋愛物語ではないので、覚悟して見る事をお薦めいたします。(^◇^;)
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。