スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え!」

Die Jagd nach dem Bernsteinzimmer 2012年 スペシャルドラマ(RTL)


トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え [DVD]トレジャー・ハンターズ アインシュタインの秘宝を追え [DVD]
(2013/08/02)
カイ・ヴィージンガー

商品詳細を見る


監督 フロリアン・バクスマイヤー

出演 
カイ・ヴィーシンガー 
ベティーナ・ツィママン 
フェビアン・ブッシュ 
ソニア・ゲアハルト 
ラルフ・ハーフォース

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
トレジャーハンターのアイクは、1人の女性とある秘宝にたどりついていた。それを手にし、そこから抜け出すと、何者かに襲われ重症を負ってしまう。
病院に駆けつけたカタリナは、夫のアイクが何も覚えてないな事に傷つく。
一時的な記憶喪失だというが、不安を隠せなかった。
カタリナは、友人のユストゥスと共に、アイクが退院すると彼が単独でが追っていた宝のありかを捜し始める。
そんな時、ミラという女性植物学者が現れる。
彼女とアイクがお宝を追っていた事を知ったカタリナは終始穏やかではなくなるのだった。
一方、大手製薬会社の社長のハッセルは、新薬の開発にやっきになっていた。
それは不死を手に入れるクスリ。
そのクスリの元となっている植物は実はアイクが追っていたお宝と関係があるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「悪魔のコード」
「レジェンド・オブ・ロンギヌス」
に続く第3弾

トレジャーハンターのアイクと、博物館館長のカタリナと、カタリナの部下でアイクの親友のユストゥスとアイクの娘の4人でドイツの観光名所をめぐりお宝を探し出す。
というお話の3本目。

ドイツへ行きたいが行けないよ~という自分のような人は必見です。行きたくなるよね~ドイツ。
スポンサーサイト

「東ベルリンから来た女」

Barbara 2012年 


東ベルリンから来た女 [DVD]東ベルリンから来た女 [DVD]
(2013/07/03)
ニーナ・ホス、ロナルト・ツェアフェルト 他

商品詳細を見る



出演 
ニーナ・ホス 
ロナルト・ツェアフェルト 
ライナー・ボック 
ヤナス・フリッツイ・バウアー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1980年.ベルリンの壁崩壊の9年前。
ベルリンから片田舎の病院へ左遷させられて来た女医のバルバラ。
彼女の行動は常に秘密警察が監視していた。
病院の医師、アンドレはバルバラを気にかけ声をかけるが、彼女は周囲に溶け込もうとせず、逆にほっといてくれと言わんばかりだった。
そんなある日。
病院へ1人の少女ステラが担ぎ込まれる。脱走を図ったというステラの報告書を読んだバルバラは、彼女が髄膜炎にかかっていると診断しすぐ治療した。素早い治療だった為に、ステラはすぐ回復しバルバラを信用する。
そんな医師としての喜びを感じつつも、監視の目を潜り抜け、彼女は恋人が待つ西側へ行く計画を進めていった。
だが一方では、分け隔て無く医師として治療を施すアンドレの姿を見て、彼女の中の医師としての使命感が目覚め始めてもいたのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
秘密警察(ゲシュタボ)の監視というのは、女性のあんな所まで調べるとは、恐ろしい。
あんなことをされ続ければ、人を遠ざけるのも分かる気がした。
見所は、アンドレの人の良さ。(*^^)v

淡々と物語は流れていくので、早い展開が好きな人は、ちょっと覚悟がいる作品です。

「The Boxer」

The Boxer 2009年 


THE BOXER [DVD]THE BOXER [DVD]
(2009/08/07)
ジョシュア・ダラス、ステイシー・キーチ 他

商品詳細を見る


監督 トーマス・ヤーン

出演 
ジョシュア・ダラス 
ステイシー・キーチ 
ケリー・アダムス 
ヘンリー・ギャレット

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ベン・ウィルソンは、今日、刑務所から出所した。
職を探し、寝泊まりする所を探し、たどり着いたのがボクシングジム。
清掃員募集と書いてあったが、オーナーのジョンは、知らないと突っぱねる。それでも、条件付で雇ってはくれた。
ベンは、掃除をしながら見よう見まねでボクシングを始めると、それを見ていたジョンが彼に正式に教え始めてくれた。
だが、ジムに通っていてエースでもあるケヴィンはそれを見て気にくわない。
そこで、ベンに嫌がらせを始めるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題も原題のまんまの日本版。(^◇^;)

アメリカ並みの明るさはないが、ベッタべたな、青春映画。

ムショ上がりがプロへ。それも才能を見抜かれて・・・。
意地悪な奴が、デビュー戦の相手に。そして、その意地悪な奴の彼女は、彼と・・・。

分かる方は分かると思う。あえて言わないが。

良い意味で、安心して見ていられる作品。
無難に、お薦めです。

「ザ・ファイト 拳に込めたプライド」

Max Schmeling 2010年 


ザ・ファイト ~拳に込めたプライド~ [DVD]ザ・ファイト ~拳に込めたプライド~ [DVD]
(2011/08/26)
ヘンリー・マスケ、スザンネ・ヴェスト 他

商品詳細を見る


監督 ウーヴェ・ボル

出演 
ヘンリー・マスケ 
スザンネ・ヴェスト 
ハイノ・フェルヒ 
アルトゥール・アグラハム

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
一件の家に兵士が訪ねて来た。兵士は家族に、マックス・シュメリングが戦死したと告げた。
ギリシャ、クレタ島。
ケガをした兵士が助けを求めに来た。兵士は、戦死したと思われたマックスだった。
ケガの治療後、彼は若い兵士をある目的地まで連行する事を命じられる。
道すがら、その若い兵士はマックスに声をかけて来た。
あの伝説のボクサー、マックス・シュメリングではないかと。
マックスは、昔を懐かしむように、語り出す。
1930年。自分の運命が変わった年・・・。
不敗のチャンピオンとされたアメリカ人ボクサー、ジャック・シャーキーに相手の不正行為で勝利したマックス。
本人自身は不本意ではあるが、凱旋帰国すると、国中が彼の勝利に熱狂的に酔い痴れっていた。1933年にヒトラーが政権を握ると、彼はたちまちヒトラーのお気に入り選手に。
だが、その事で周りのユダヤ人の友人達が彼の側を離れて行ってしまう。
その中には、宣伝担当のジャックもいた。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ボクシングの世界ヘビー級チャンピオンになったドイツ人選手、マックス・シュメリングの伝記映画。

ティル・シュヴァイガー出演「ファイター」というアメリカのTVスペシャルの作品があるが、そのドイツ側目線といえば、分かる方は分かるかも?

ヒトラーにいいように利用されながらも、自分の道を貫いた、素晴らしい人物。

主人公を演じた俳優さんも元ボクサーという事で、そこらへんは必見ですよ。

「ソハの地下水道」

In Darkness 2011年 ドイツ・ポーランド


ソハの地下水道 [DVD]ソハの地下水道 [DVD]
(2013/04/19)
ロベルト・ヴィェンツキェヴィチ、ベンノ・フユルマン 他

商品詳細を見る


監督 アグニェシュカ・ホライド

出演 
ロベルト・ヴェエッキーヴィッチ 
ベンノ・フュアマン 
アグニェシュカ・グロホウスカ 
マリア・シュラーダー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
マレク・エデルマンに捧ぐ。
1943年、ナチス占領下のポーランド。
男が2人、誰もいない住宅に入り、金目の物を盗んでいた。2人は何食わぬ顔をして外へ出るとそのまま地下へ潜った。
下水道修理の仕事をしているソハは、相棒と共に毎日下水の点検をしているのだ。彼にとっては、この入り組んだ水路も庭のようなものだった。
ある日。
ナチスから逃れる為に下水へ逃げ込んできたユダヤ人達と出会い、この地下でかくまうのを条件にカネを受け取る。
一方、逃げ込んだユダヤ人の一人ムンデクは、一緒に逃げなかった恋人の妹を助けるべく、あえて強制収容所へと乗り込んでいくのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
非情な時代に、救いの神が現れた的な物語。
この主人公、ソハがいい人でねえ。すっごく素敵なのだ。

とはいえ、個人的に注目したのは大好きな俳優、ベンノ・フュアマン。
恋人の妹を救う為に、強制収容所へと乗り込んでいく、男を演じているのだ。
ほっとけよ~と何度も言いたくはなんたんだけどね。(^◇^;)

ポーランドでのナチスの虐殺は、これで何本目だろうか?
とはいえ、ドイツ作品には珍しく、悲劇がないハッピーエンドなので、この特別な日に、是非観賞してみてくれ。
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。