スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「TEN(テン)」

Das jüngste Gericht 2007年 オーストリア・ミニシリーズドラマ(RTL・ORF)

tobias-moretti-s-tv-thriller-das-gericht-13-14-april-orf-201241_i.jpg


監督 ウルズ・エッガー

出演 
トビアス・モレッティ 
ジルク・ホーデンベンガー 
クリストフ・ヴァルツ 
スティーブン・バーコフ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
第1章
何かを呟きながら、手を洗い、地下室から出て行く男。
コンテナ倉庫のある港。チームと共に、見張っている刑事のペーターズ。だが、そこへ、犯人の車を追って同僚のドルンが現れる。あっさり逮捕し、密入国者がいるコンテナのありかを聞き出し、あっけなく事件は解決。ドルンは、後をペーターズに任せ、息子の通う学校へ行く。だが、もう展示は終了し、息子はそれでも来てくれただけで嬉しいと言ってくれた。そんな中、地下室から娼婦の死体が発見される。その後も次々と不信な殺人事件が起こり、新人のフェーバーは、何か宗教的な儀式ではないかと推理するのだった。
第2章
息子が犠牲者の一人となった事で、事件の担当を外されてしまった、ドルン。それでも、独自の捜査は続けていた。しかし、同僚までも犠牲者になってしまう。
そんな中、ドルンは、息子の描いた漫画が本になると、息子が尊敬していた作家から聞かされ手渡される。読んでいくと、今追っている事件と似ているものだった。その話の根源は自分の父親だとわかり、疎遠だった父親の過去を探りはじめるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
宗教を頑なに守るものが出来る事。だから、好きになれないんだよ。
とはいえ、
謎解きは面白かった。先読み出来なかったから。

レンタルなどの表紙は、ヴァルツさんだが、ヴァルツさん目当てに見ると、拍子抜けすると思う。(~_~;)

そこらへん、配給会社の策略なので、気をつけて下さい。
スポンサーサイト

「不倫休暇」

42plus 2007年 オーストリア


不倫休暇 [DVD]不倫休暇 [DVD]
(2009/11/04)
クラウディア・ミヒェルゼン

商品詳細を見る


監督 サビーネ・デアフリンガー

出演 
クラウディア・ミヒャエルゼン 
ヤコブ・マッツシェンツ 
ウルリヒ・トゥクール 
トビアス・モレッティ 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
夫のゲオルクと妻のクリスティーナは、年頃の娘ゾニアを連れて、マジョリカ島にある別荘へ、休暇を過ごすために来ていた。
ある日の事。
クリスティーナは、突然、寝室に入って来ていた青年タマッシュと出会う。驚くでもなく、不信を抱くでもなく、彼女は彼に惹かれ、情事を重ねていく。
夫のゲオルクは若返っていく妻に不信を抱きはじめ、様子を窺っていた。
そんな中、友人夫婦が別荘を訪ねてくる。元不倫相手だったマーティンも彼女の様子に気がつき、声を掛けるが、タマッシュの事は内緒にしていた。
だが、とうとう、ゲオルクは、クリスティーナの情事を知る。
問い詰めるゲオルクにクリスティーナは・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ作品ではないが、ドイツ人俳優が出てるので、その点はする~してくれ。

見終わって、何を言いたかったのか?まったく理解出来なかった作品。
なので、駄作。

若い兄ちゃんとの情事は、熟年女性には、憧れっちゃ~憧れだけど、無理だろうよ~。(――;)

「ギルティ」

Die Rückkehr des Tanzlehrers 2004年 ドイツ・オーストリア スペシャルドラマ(ORF)


ギルティ [DVD]ギルティ [DVD]
(2005/12/02)
マクシミリアン・シェル、トビアス・モレッティ 他

商品詳細を見る


監督 ウルズ・エッガー

出演 
マクシミリアン・シェル 
ヴェロニカ・フェレ 
トビアス・モレッティ 
マシュー・マーシュ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
森の中の一軒家。
夜、老人は人形と躍っていた。すると、湖から何者かが現れ、中の様子を窺う。
朝になり、その家へお手伝いがやってくる。
刑事のステファンは、久しぶりに、署へ出勤していた。
みんなが心配してくれる中、モリーンという人物から連絡があったと告げられ、すぐさま彼に連絡を入れた。すると、電話口に出たのは、ジョセッペと名乗る刑事だった。
モリーンは殺されたというのだ。
ステファンは元相棒の死を解明する為に、現場へと向かう。
すると、ジョセッペ刑事から、彼には、ヨネスという本名があったと聞かされる。そこへ、疎遠だったという娘のヘロニカもやって来た。
知らなかった相棒の一面を知り戸惑う、ステファン。
そんな中、何かを知っているであろう隣人が死亡してしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
尻切れトンボのような結末。
その先を知りたいような、知りたくないような?

吹き替えがあったら、そちらで観賞する事をお薦めする。
字幕派の自分は、字幕で見たが、なんだかわかりにくかったから。
とはいえ、吹き替えあったかな?(^◇^;)

「ミス・ダイヤモンド2」

Wenn Männer Frauen trauen 2001年 スペシャルドラマ(SAT.1)


ミス・ダイヤモンド2 M:D-2 [DVD]ミス・ダイヤモンド2 M:D-2 [DVD]
(2001/08/03)
トビアス・モレッティ、ユーレ・ロンシュテット 他

商品詳細を見る


監督 クルト・M・ファドン

出演 
ユーレ・ロンシュテット 
トビアス・モレッティ 
トーマス・ハインツ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
あるパーティー会場で、美女が会場の人々と話す度に、何気に金品を懐に入れていた。
その様子を見つめる一人の男性がいることも知らずに、彼女は会場を後にしよとする。
そんな時、男性が声を掛けて来た。「その盗んだ金で、俺と食事でもしないか?」と。
ポールは、アナにその才能を生かした仕事をしないかと、ある物を盗む計画を話し出す。初めは断るアナだが、半ば強引に仕事をさせられてしまう。
何とか、ポールから逃げ出すが、逃げた先で、助けてくれた男性を弾みで射殺してしまう、アナ。
ポールが駆けつけ現場から連れ出されるが、後日ニュースで流れた内容は、同じ家の女性が殺されたというものだった。
さらに、その家にあった高価なダイヤも盗まれたという。
強盗殺人犯で指名手配となってしまったアナ。
死んだのは男性で、ダイヤは盗んではいない。これはいったいどういう事なのか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
トーマス・クレッチマン出演の邦題「ミス・ダイヤモンド」の続きでは、ない。
女泥棒で、ダイヤで、疑られる、という点では同じ。あ、ラブコメの要素も同じかな?

二転三転の展開で、意外と面白かった作品。

「REX」を見た方で、トビアスさんを気に入った方は、必見です。(*^^)v
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。