スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「iPS-イントリュージョン・オブ・プレデター・ステムセル- 恐怖の暴走細胞」

Errors of the Human Body 2012年 ドイツ・アメリカ

IPS


監督 エロン・シーアン

出演 
マイケル・エクランド 
カロリーネ・ヘルフルト 
トーマス・レマルキス 
リック・メイヨール

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
電車の中で、赤ん坊を見つめる男性。
ジェフ・バートンは、新しくドリスデンの研究所に勤務する為、電車に乗っていたのだ。
バートン博士は、胎児異常の早期発見者で、彼の名前をとり、バートン症候群という胎児が遺伝子の異変で急死する病気の第一研究者だった。
彼は、自分の息子が生後1週間で亡くなってしまった事から、研究を始めたのだ。
研究所へ出向くと、かつての助手で、不倫相手でもあった、レベッカと再会する。
彼女は、今ここである細胞の研究を進めているが、ヤレクという同僚に、その研究を奪われてしまったというのだ。
そんな時に、ジェフはそのヤレクから研究協力を求められる。
信用出来ないまま、ふと彼のラボから、レベッカの細胞を使ったマウスを連れ去ってしまう、ジェフ。
自宅で密かに飼い始める彼だったが、そのマウスに咬まれた時から、彼自身に異変が起きるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
今年の初めから、未だに騒がれている、某細胞の研究。
この作品を見た後だったので、現実にも起るんだ~と妙に恐怖を覚えた。

こんな研究をしているのかも?と思えるので、興味がある方は、観賞してみてくれ。
最後は、すっきりしないけども。(^_^;)
スポンサーサイト

「犯罪「幸福」」

Glück 2012年 


犯罪「幸運」 [DVD]犯罪「幸運」 [DVD]
(2014/01/10)
アルバ・ロルヴァケル

商品詳細を見る


監督 ドリス・デリエ

出演 
アルバ・ロルヴァケル 
ヴィツェンツ・キーファー 
マティアス・ブラント 
オリヴァー・ネーグル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
弁護士のN.ライディーンは語る。これは、知人のイリーナの物語だ。
私は、被告人の権利を守る仕事をしているが、罪の有無は関係ない、動機が重要だと思っている。
そして、幸せの置き方もポイントになる。
彼女との出会いは、ちょっとした交通事故だった・・・。
娼婦のイリーナは、道で車と接触した。
降りてきた運転手のライディーンは、病院へ連れて行くと言い張るが、彼女は、その場を逃げた。
そして、犬と路上生活をしている青年、カッレと出会う。イリーナは何となく彼が気になり、カッレも彼女が気になって、そのまま付き合い始め、二人で同棲を始めた。
カッレは、イリーナに励まされながら、何とか仕事見つけ続けていた。
イリーナも悲しい過去を忘れようとしていた矢先、イリーナの常連客が彼女との情事の最中に死んでしまう。
驚いて飛び出して行ってしまう、イリーナ。
何も知らずに、もう終わったかと戻って来た、カッレは、客の死体を発見し・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
愛する人の為に、何処まで出来るのか?
純粋無垢なカッレが、とった行動は、すっごく勇気がいるもの。常識では、考えられない事だし、犯罪だが、弁護士さんのように、彼がそこまで行った動機が重要なのだ。

気になる方は、どうか観賞してみてくれ。

今年のお薦めの1本だから。

「バロン ほらふき男爵の冒険」 魔法の望遠鏡と黄金に輝く国

Baron Münchhausen 2012年 テレビスペシャル(ARD局)


バロン ほらふき男爵の冒険【完全版】 [DVD]バロン ほらふき男爵の冒険【完全版】 [DVD]
(2013/10/02)
ヤン・ヨーゼフ・リーファーズ、ジェシカ・シュワルツ 他

商品詳細を見る


監督 アンドレアス・リンケ

出演 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース 
ジェシカ・シュヴァルツ 
カッチャ・リーマン 
ヘレン・オットマン 
イザベル・オットマン 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)

Episode2

サンクトペテルブルグに来た、男爵とフリーダ。
女帝のお城へ行き、熱烈の歓迎を受けた。男爵はフリーダの事を娘とは紹介せず、少し不機嫌になる彼女。
一方、女帝もフリーダが気に入らず、部下のグレゴリーに彼女の身辺を調べさせた。
すると、フリーダの母親はサーカス団の団員で、すでに、死亡していると判明するのだった。
そんな事とは知らない男爵は、何とか母親の元へ帰そうと奮闘する。
そんな中、女帝は、フリーダをだまし、城から追い出してしまう。
そして、悪い事に、男爵を憎むスルダンの所へ連れて行かれてしまった。
男爵は、フレーダを助け出す為にスルダンのアジトへ向かうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
後半は、ドラマ独自の展開との事。

ビックリしたのが、この男爵はこの世に存在していたということ。
彼のホラ話が、本になったのだとか。(ホラかも分からないけども)

ほんわか、ファミリー向け。
捻くれた自分のような人間は、ちょっと戸惑うタイプの作品です。(^_^;)

「バロン ほらふき男爵の冒険」 月面旅行と森の海賊団

Baron Münchhausen 2012年 テレビスペシャル(ARD局)


バロン ほらふき男爵の冒険【完全版】 [DVD]バロン ほらふき男爵の冒険【完全版】 [DVD]
(2013/10/02)
ヤン・ヨーゼフ・リーファーズ、ジェシカ・シュワルツ 他

商品詳細を見る


監督 アンドレアス・リンケ

出演 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース 
ジェシカ・シュヴァルツ 
カッチャ・リーマン 
ヘレン・オットマン 
イザベル・オットマン 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)

Episode1

酒場で一人の男が語り始めた。
「今は、理性の時代だが、戦争は今でも続いている。 サンクトペテルブルグがオスマン帝国軍に包囲されたあの時のように・・・。」
彼は、ロシアの女帝、エスカテリーナをオスマンの攻撃から守ったと言うのだ。
そして、自分は、ヒエロニュムス・ミュンヒハウゼン男爵だと名乗った。
客と一緒に話を聞いていてコンスタンツェ・ヘルバーグは、嘘だと信じず、フリーダという少女は彼の事を信じると言いだし、自分は、彼の娘だと告白した。
男爵は動揺するも、金がない今は、店から逃げだすしかなく、途中でヘルバーグに助けて貰いながらも港までたどり着いた。
フリーダの母親を探しに、男爵とヘルバーグと3人で、サンクトペテルブルグへ向かおうとする。
そこで、無一文のまま海賊船に乗り込もうと、フリーダを女王の子だと嘘をつく。
だが、やがてその嘘もばれてしまい・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
児童文学を映像化したものとの事。

主人公の男爵を演じる、ヤン・ヨーゼフ・リーファースの演技は必見!!

レンタルだと2枚組なので、明日は、この後編を。
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。