スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エリザベート~愛と哀しみの皇妃~ (後編)」

SiSi 2012年 イタリア・ドイツ・オーストリア




監督 ザヴィエ・ショワルツェンベルガー

出演 
リスティーナ・カポトンディ 
デヴィッド・ロット 
ザヴィエ・フッター

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
肺炎で娘を亡くし、失意のシーシー事、エリザベートは、夫と離れ療養していた。
自らも肺炎にかかっていたからだ。
なんとか体力も回復し、体調もよくなった頃、皇帝の弟マックスがベルギー王女との結婚を報告に来る。
フランスにいるナポレオンの脅威におどかされながらも、弟の外交でなんと対面を保っていた皇帝だったが、彼が国を去ってしまう事により、窮地に立たされてしまう。
世は、弟を望んでいたのだ。
夫の窮地を救うため、エリザベートが外交に立ち上がるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
新風を巻き起こそうとすれば、悲劇も起きる。
それを乗り越えて~だけどね。

大概の長男坊って、世の中を読むのが下手らしい。
大概の次男坊が、それを補うというか、今はどう世の中が動いているか察するのが上手い。
これは、育てられ方かしら?

とはいえ、もう少し歴史の勉強をしないと、どうもダメらしいわさ。(^◇^;)
スポンサーサイト

「エリザベート~愛と哀しみの皇妃~ (前編)」

SiSi 2012年 イタリア・ドイツ・オーストリア




監督 ザヴィエ・ショワルツェンベルガー

出演 
クリスティーナ・カポトンディ 
デヴィッド・ロット 
ザヴィエ・フッター

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
馬に乗って、森の中を駆け巡る少女、シーシー。
ソフィおばさんから、皇帝との面会を取り付けたとの連絡を受け、姉の付き添いで付いていく、シーシー事、エリザベート。
一方、相手の皇帝、フランツは、弟のマックスから、良く知らない相手との結婚を決められるのかと問われ、あっさり、決められると答えるのだった。
皇帝と姉の見合いが始まるも、彼は、姉ではなく付き添いのシーシーを好きになってしまう。
彼女も皇帝を好きになるが、姉の手前それは言えなかった。
しかし、皇帝が押し切り、シーシーは結婚。子供ももうけた。
だが、しきたりが多く、自由に生活出来ない事に、彼女は息苦しさを感じるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)

この時代に、現代女性のような生き方をしようとする、女性の物語。
今では、夫婦そろっての外交は当たり前みたいに思えるが、この時はまだだったんだなあ~とつくづく思ってしまった。

まあ、個人的には、皇帝の弟、マックスが良かったなあ。
あくまでも、お気に入りの俳優さんが演じただけの事だけどね。

「リリーと空飛ぶドラゴン Episode2 魔法の国マンドランと消えた王様 」

Hexe Lilli: Die Reise nach Mandolan 2011年 ドイツ・オーストリア・スペイン




監督 ハラルト・ジーヒュリッツ

出演 
アリーナ・フロイト 
タナイ・チェーダ 
ユルゲン・タラッハ 
アーニャ・クリング 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
王国に不気味なカラスが飛び回っていた。
王様の住むお城の中では、主席大臣のグリマンが王様と王のイスに邪悪な魔法が掛けられた為、王様が座れず困っているとの手紙を書いていた。
そして、その手紙はリリーの元へと届けられる。
リリーは、魔法使いになれたものの、相変わらずわがままな弟の世話に困り果てていた。
そんな時、手紙を読み、へクターを呼び寄せる。
へクターは、隠居したスルルンダと暮らしていたが、リリーのお呼びだしという事で、彼女と共に手紙の差出人であるマンドラン王国へと旅だった。
リリーは、対応出来る魔法を準備して向かったが、到着すると何か様子がおかしいと勘づく。
案の序、1人の少年ムサが、王様は生きている、そいつは偽物だと叫んでいるではないか。
真相が分かるまで時間を稼ぐ事にしたリリーは、薬を作りたいと嘘をつき、無理難題の材料を集めるよう大臣に指示するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)

ちょっとだけ大人になったリリー。
大人になった分、舞台が違う国へとなる。

相変わらずのファミリー向けのほのぼの作品だが、大人のずるがしこい策略をあばくのだ。(^◇^;)

それにしても、某お国にそっくりでしたなあ。
人力なのに、エンジン音?これが一番騙されたな。(爆)

「リリーと空飛ぶドラゴン Episode1 新しい魔法使いの誕生 」

Hexe Lilli: Der Drache und das magische Buch 2008年 ドイツ・イタリア・オーストリア・スペイン




監督 ステファン・ルツォヴィッキー

出演 
リーナ・フロイト 
インゴ・ナオヨークス 
アーニャ・クリング 
カール・マルコヴィクス 
イボンヌ・カッターフェルト 
テオ・トレプス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
暗き森の中に船の形をした一軒家があった。
そこには、初老の女性とちょっと太めのドラゴンが住んでいた。
道に迷ったと美しい女性が現れるも、魔法書を狙うヒエロニムスの変装とわかり、なんとか書を守り通す。
しかし、初老の魔女スルルンダは、新しくこの書を守ってくれる魔法使いを探さなければと思い立ち、ドラゴンのヘクターに書の導くままに探して来て欲しいと旅立たせるのだった。
一方、わがままな弟の面倒にいささか困っていたリリーの元に魔法書が飛んでくる。
本物かどうか怪しんでいると今度は太めのドラゴンが来た。
へクターと名乗るそのドラゴンは、99時間のテストを受け合格すれば晴れて魔女になれるとリリーに説明する。
リリーは早速自分のために魔法を使ってみるのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
可愛いリリーとぽっちゃりドラゴンが見所!(^_^)v
魔法書が選んだリリーは、ちゃんと魔法使いになれるのか?
その書を狙う、ヒエロニムスが、リリーの住む街へきたから、さあ、大変!!

という、単純明快な、ファミリー向けのほのぼの作品

何かの絵本の実写かも?(調べてないけどもね)

「ニック/NICK 狼の掟」

Tatort Willkommen in Hamburg 2013年 ドラマスペシャル(ARD/NDR)

ニック_convert_20150502085222


監督 クリスティアン・アルヴァルト

出演 
ティル・シュヴァイガー 
ファーリ・オーゲン・ヤルディム 
ルナ・シュヴァイガー 
ブリッタ・ハンメルシュタイン
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
男がアパートの一室に入っていく。見張っていた相棒が、男達が帰って来たと連絡を入れた。
部屋へ入っていった男は、そこにいた娼婦達の一人に携帯を渡し出て行こうとするが、一人の少女が男達に存在をばらしてしまい激しい攻防戦になる。
3人の男は死亡。相棒にもケガを負わせたものの、一応は解決した。
配属されたばかりの刑事ニックは、この行動の事でこっぴどく上司に叱られる。
ハンブルクではそれなりに、犯罪組織とのルールがあったのだ。
そんな中、保護された少女が警察を逃げ出した。ニックはその少女の行方を捜しながら、ある人物にたどり付くのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ARD= ドイツ国内にある9つの地方公共放送団体とともにテレビ・ラジオ放送のネットワーク
NDR=北ドイツ放送


ニックの娘役として、ティル君の娘が再び共演。
アタライ同様、娘を自分の役の娘役として出すのは、ドイツでは流行?当たり前?
娘としてはどういう気分なんだろう?パパなのに、役者って・・・。(@_@)

まあ、そんな事より、なかなかのアクションと謎解きのドラマ。
ドイツでは、シリーズ4話まで放送しいるらしいので、今後の順調のリリースを期待している所。
とりあえず、第2弾は、5月2日からレンタル開始です。(^_^)v
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。