スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「チャーリーはスーパーカー」

Das total verrückte Wunderauto 2006年 スペシャルドラマ




監督 ミヒャエル・カレン

出演 
ニキータ・ヴォクルカ 
バーナビー・メッチェラット 
ヘニー・リーンツ 
クリフトフ・マリア・ヘルプスト(声)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
フェリックスは家の前で待っていた。自分の誕生日に兄チャーリーが迎えに来てくれる事を信じて。
しかし、この5年来る気配もない。そして、今年もダメだった。
里親は冷たく、チャーリーにはお構いなしで出掛けてしまう。
見かねた近所の老人ラスムスが、フェリックスにPCノートをプレセントしてくれた。彼は、兄の行方を捜そうと家のネットにつなぐ。すると、ネズミがイタズラをして、何かをダウンロードした。
一方、人間のサポートをするロボットを開発していたアンナは、自分のPCに不正アクセスがあり、ダウンロードされている事に気がつく。なんとかそのハッカーを探しだそうと出掛けるのだった。
同じ時、フェリックスは、修理途中の車がしゃべりだした事に驚く。彼は、チャーリー2号と車に名付け、兄チャーリーを探す旅に出掛けるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
家族というか、厳密に言うと、兄弟愛の物語。
それに、人工知能が関わってくるのだ。
人間の手助けの為と科学者はいつもいうが、大概が、戦争へと使われてしまう。
今回もその手に近い。

悲劇の後の希望がドイツの特徴だが、あの強引さには、参りました。

チャーリー=車は、意外といい感じのCGだったよ。
スポンサーサイト

「キッズレーサー 魔法のメダルと秘密のサーキット」

V8 - Du willst der Beste sein  2013年 




監督 ヨアヒム・マザネック

出演 
ゲオルク・スルツァ- 
マヤ・ラウターバッハ 
ザムエル・ヤーコブ 
クララ・メルケル 
ミナ・ダンテル 
アダム・ボウスドウコス 
ハイナー・ラウターバッハ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
デビット・ミッシェルは呟く。
南の通りでは、昔から子供達がストリートレースをしていると。
人気のない事を確認して、路上レースを始める子供達。だが、1人の警官はそれを見逃してはいなかった。
だが、この時のデビットは、そのレースの存在さえも知らなかった。
10歳の彼は、将来レーサーになる事を夢見て、レーシングカーを買うために夏休み入ってすぐにバイトを3つ掛け持ちすることにしていた。同時に、、両親からは、一風変わった妹ルカの面倒も頼まれてしまうのだった。
妹は、女の子なのに、ダイヤモンドあなぐまマンという男の子だと思い込んで譲らない。
とにかく、妹を連れ、1つ目のバイトへと急ぐデビット。しかし、上手く行かず、2つ目も3つ目もダメだった。
そんな時、橋でストリートレースを見かける。
彼らが通った後には、コインが落ちていた。拾うとそれは、キャッスルレースへの招待状だった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
路上レースはともかく、目標の為に、男女関係なく協力し合い、勝負に打ち勝つって感じが良かったのだ。
男の子だと思い込んでる女の子。金持ちのぼんぼん。車のチューニングが上手い女の子。情熱だけは負けな主人公。
ベタだけど、面白かった。

続編もくるといいなあ~。

「雪の女王」

Die Schneekönigin 2014年 スペシャルドラマ(ZDF)




監督 カローラ・ハトップ

出演 
フローラ・リ・ティーマン 
クリスト・フェレキック 
リンダ・ツィアクス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
冬支度に、蒔きを家の中へ運んでいるゲルダ。その様子を高い場所から眺めるカイ。
カイは、幼なじみのゲルダを喜ばせたくて、密かに温室を作り、バラを咲かせていたのだ。そして、ゲルダにその場所を見せると、とても喜んでくれた。
そんなある日。
温室の様子を見に行ったカイは、雪の女王に出会い、魅了されてしまう。そして、彼女と共に北の宮殿に行ってしまった。
ゲルダはひどい状態になった温室を見つけ、カイが雪の女王に連れ去られた事を知る。
実はゲルダは、おばさんから恐ろしい雪の女王の事を聞いていたのだ。
彼女に3回キスされると、永遠に凍りつき死んでしまうと。
カイを探しに旅に出たゲルダ。
途中、草木と話せるフローラに会い、北の宮殿の場所を聞くのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)

ほとんどこの女の子、ゲルダの冒険なのだ。(どっかのゲームソフトのような感じだが)
これが、あの「アナ~」になるとは、想像もつかない内容。( ̄。 ̄;)

なんとも、寒い氷の宮殿は必見かな?(^◇^;)

「眠れる森の美女」

Dornröschen 2008年 スペシャルドラマ(ZDF)




監督 アーレント・アクテ

出演 
モーリッツ・シュルツェ 
アンナ・ハオスブルク 
ペッティナ・クプファー 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
アルトウル王は、王妃ウーテが子供を授かったか心配するも今度もダメだと分かる。ウーテ妃が、井戸に向かってなげくと、井戸から大丈夫だからとの返事が返ってきた。
その後、言葉通り王妃には子供が授かり女の子が生まれた。
お祝いの席を設け、13人の魔女にお祝いをしてもらおうと、準備を始めるも、魔女用の金の皿が1枚足りない事がわかり、最後に来た魔女は中に入れない事にしてしまう。
お祝いに駆けつけた魔女達がそれぞれ贈り物を捧げていると、中に入れてもらえなかった魔女が現れ、赤ん坊の王女ロザリンゼに呪いをかけてしまう。
15歳で死に至るというのだ。
だが、まだ、贈り物を捧げていなかった魔女が呪いは解けないが、修正する事には成功する。
その為、死は免れが、100年の眠りにつく事にはなってしまっていた。
そして、ロザリンデが15歳になり、あの時の魔女の手引きで100年の眠りにつかされた。
数年後。
フレデリック王子は、ハトに仕掛けたカメラで、眠っている女性を発見する。彼女に一目惚れをした王子は、助けるべく気球に乗り、彼女が眠っている城へと向かうのだった。

勝手な感想(takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
初めて見たかも?この物語。
意外とあっさりな結末に、ちょっと戸惑った。

魔女の事だが。物語により、上記のようにお皿が足りないという時もあれば、13という数字の縁起が悪いからとう物語もあるのだそうだ。

とはいえ、一番得したのは王子だよね。
100年眠っていたとはいえ、美しい王女に巡り会えたのだから。(^◇^;)
カレンダー
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。