スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男優編

ドイツ映画&ドラマに出演している男優をピックアップ。
メジャーからマニアまで、自分の気がついた方を掲載しています。(あくまでも個人の主観です)
もし、
お気に入りのあの男優がいない!
という事があれば、リクエストして頂ければ掲載を検討いたします。

ちなみに
個人的に、★印は大好きな男優、☆印はお気に入りの男優、△印は注目株の男優です。

(女優はこちら

H28.11月~ 
アルファベット順です。
(注意:カタカナ表記はドイツ語読みだったり英語読みだったりします)

Adam Bousdoukos(アダム・ボウスドウコス)

Alexander Fehling(アレクサンダー・フェーリング) △

André Hennicke (アンドレ・ヘンニック) 

Andreas Pietschmann (アンドレーアス・ピーチュマン)

August Diehl(アウグスト・ディール)☆

Benjamin Sadler(ベンヤミン(ベンジャミン)・サドラー)★

Benno Fürmann(ベンノ・フュアマン(フユルマン))★

Birol Unel (ビロル・ユーネル) 

Christian Berkel(クリスチャン・ベルケル)

Christian Oliver(クリスチャン・オリバー)☆

Daniel Brühl(ダニエル・プリュール) △

David Kross(デヴィッド・クロス)

Elyas M'Barek(エリアス・ムバレク) △ 2016年新規掲載

Erdogan Atalay(エルドゥアン・アタライ)★ 

Fahri Ögün Yardim (ファーリ・オーゲン・ヤルディム) △

Florian David Fitz(フロリアン・ダーヴィット・フィッツ) △ 2016年新規掲載

Florian Stetter(フロリアン・シュテッター)

Florian Lukas(フロリアン・ルーカス)

Gedeon Burkhard(ゲデオン(ギデオン)・ブルクハルト)

Heino Ferch(ハイノ・フェルヒ)

Jan Josef Liefers (ヤン・ヨーゼフ・リーファース)

Jan Sosniok (ヤン・ゾスニオク)

Joachim Król(ヨアヒム・クロール)

Johannes Brandrup(ヨハネス・ブランドラップ)

Jürgen Vogel(ユルゲン(ユーゲン)・フォーゲル) 

Karl Markovics(カール・マルコヴィックス)

Ken Duken (ケン・デュケン)

Marco Girnth (マルコ・ギアント(ジルンス))☆

Mark Zak (マーク・ツァク)

Matthias Koeberlin(マティアス・ケーベルリン)☆

Matthias Schweighöfer(マティアス・シュヴァイクホファー) △

Max Riemelt (マックス・リーメルト)☆

Milan Peschel(ミラン・ペシュル)

Moritz Bleibtreu(モーリッツ・ブレイブトロイ)★

Oliver Bootz (オリバー・ブーツ)

Oliver Stritzel (オリヴィエ・シュトリッツェル)

Ralph Herforth (ラルフ・ハーフォース)

René Steinke(レネ・シュタインケ)

Rolf Kanies (ロルフ・カニエス(カニース))

Sascha Göpel (サーシャ・ゲーベル)

Sebastian Koch(セバスチャン・コッホ)

Stephan Luca(シュテファン・ルカ)

Stipe Erceg(スタイプ・エルツェッグ)

Sven Martinek (スフェン・マルティネク)

Thomas Anzenhofer (トーマス・アンツェンホファー)

Thomas Kretschmann (トーマス・クレッチマン)☆

Thure Riefenstein (デューレ(トゥーレ)・リー(ライ)フェンシュタイン)

Til Schweiger(ティル・シュヴァイガー)★

Tobias Moretti (トビアス・モレッティ)

Tom Beck (トム・ベック)

Tom Schilling (トム・シリング) △

Tom Wlaschiha (トム・ヴラシア) △

Torben Karstens(トーベン・カストゥンス) 

Udo Schenk (ウド・シェンク)

Uwe Bohm (ウーヴェ・ボーム)

Vinzenz Kiefer(ヴィツェンツ・キーファー)☆

Volker Bruch (フォルカー・ブルッフ) △

Wilfried Hochholdinger(ヴィルフリート・ホーホルディンガー)

Wotan Wilke Möhring(ヴォータン・ヴィルケ・メーリング)

Xaver Hutter (ザヴィエ・フッター)
スポンサーサイト

Elyas M'Barek(エリアス・ムバレク)

Elyas M'Barek(エリアス・ムバレク)
1982年5月29日 ミュンヘン出身

Elyas_ MBarek_conver


「過激GIRLS★GIRLS」 Blaubart役

「THE WAVE ウェイヴ」 Sinan役

「ピエロがお前を嘲笑う」 Max(マックス)役

「ビッケと神々の秘宝」 Kerkerwächter 2役

「ミリタリー大作戦 シュミット教官大暴れの巻」

「ゲーテなんてクソくらえ」 Zeki Müller役

「千年医師物語〜ペルシアの彼方へ〜」

「シャドウハンター」 The Vampire Leader役



日本未公開作品
「Zweiohrküken」 Bernd役



参考にしたサイト
http://www.allcinema.net/prog/show_p.php?num_p=861758 
http://www.imdb.com/name/nm1065929/bio?ref_=nm_ov_bio_sm 
http://www.zelluloid.de/person/index.php3?id=23223&ostring=Elyas+M%27Barek 
http://movie-fan.jp/filmography/00278655.html 

「ゴーストハンターズ オバケのヒューゴと氷の魔人」

Gespensterjäger 2015年 ドイツ・オーストリア・アイルランド



監督 トビー・バウマン

出演 
アンケ・エンゲルケ 
マイロ・バーカー 
カロリーネ・ヘアフルト 
クリスティアン・トラミッツ 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
神がこの世を海と陸に分ける前、地球は氷に包まれていた。古代の氷の悪霊はあらゆる生命を脅かしていたのだった。
ゴーストハンターのヘティは最新の道具を使えない旧式のハンター。
本日も相棒を小さくしてしまい所長のポプキンスにクビを命じられた。
一方、少年のトムは家の地下室でミドリ色のスライム系オバケと出会っていた。
ヒューゴと名乗るオバケは自分の家があり帰りたいが邪悪なオバケが住みついているのでどうしても帰れないのだという。
そこでトムは元国家機関「CGI」に勤務していたヘティを訪ねる。
しかし、彼女はまったくトムの話しを聞こうとしなかったのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら)

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
可愛いお話でした。
ミドリのぽっちゃり系はオバケの定番らしい。(^◇^;)

そろそろ本家の新バージョンもみたくなってきたぞ。

「ON AIR 殺人ライブ」

On Air 2013年



監督 カーステン・ヴォース

出演 
マルクス・クヌーフケン 
チャールズ・レッティンハウス 
ロナルト・ニットシュケ 
ヤスミン・ロート

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
娘を寝かしつけ妻が寝入った時、夫はある部屋へと入って行く。
土曜の夜に「ナイトホーク」という深夜のラジオ番組を放送しているドック・ロックは、今晩も巷で大騒ぎになっている連続殺人鬼「ナイトスラッシャー」について語り出した。
だがそこへリスナーの1人が電話を掛けてきた。
その殺人鬼本人だと言うのだ。
そして、DJの彼が自分の指示に従わなければ女性を殺すという殺人予告をしてきた。
最初は嘘だと思っていたドック・ロックだったが警察無縁を聞いて凍りくのだった。
通報を受けた刑事が1台の車を発見する。
車のトランクを開けると無残な女性の死体があった。
そこには他の犯行をほのめかすヒント残されてあったのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
どんでん返しの返しの返しの~でいまだにオチがよく理解できてはいないが、そういう点では予想外で面白かった。

オチの理解度に自信はもてないけども。

サイコパスは怖いわ~。

「マーラーとバイキングの神々」

Mara und der Feuerbringer 2015年 



監督 トミー・クラブウェスト

出演 
リリアン・ブレント 
ヤン・ヨーゼフ・リーファース 
クリストフ・マリア・ヘルプスト 
エヴァ・ハーバマン 
アレックス・サイモン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
「この山では人間と神の間に産まれた半神が監禁され叫び声を上げている。
私はこの半神に悩まされる事になったが少し前までは母に悩まされていたのだった・・・」
15歳のマーラは学校の前でおかしな帽子を母親から押しつけられてしまう。
なんとか被らないで済むようにしたがダメで案の序いつものいじめっ子達にからかわれてしまう始末。そんな時今日の彼女は妙な白夜夢に悩まされていた。中世時代に逃げ惑う人々の姿だった。
そんなある日、母親に連れられセラピーへ行ったマーラは母親がセラピーから持ち帰った枝に触れた瞬間からその枝に話しかけられるようになった。
なんでもスーパーコナ=預言者だとマーラを呼びこの世の終わりを止める為に雷神ソーの弟ロキに復讐心を抱かせないようにしてくれというのだ。
まったく意味が分からないマーラはとりあえず北欧神話に詳しいヴァイシンガー教授を訪ねるのだった。


勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
こっちもまったく北欧神話にうとかったので、ちょっと戸惑った。(^◇^;)

ジークフリートは分かりましたが、イケメンのわりには活躍なくてねえ。

ドイツのファミリー向けが来やすいのはなんでかな?

「おじいちゃんの里帰り」

Almanya - Willkommen in Deutschland 2011年 ドイツ・トルコ



監督 ヤセミン・サムデレリ

出演 
ヴェダッド・エリンチン 
ラファエル・コスーリス 
ファーリ・オーゲン・ヤルディム 
デニス・モシット

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
幼い甥っ子におじいいちゃんの写真を見せながら彼の人生を語り出す孫娘のチャナン。
大学に通っている彼女には今は秘密にしている事があった。
1950年、ドイツは南欧から労働者を主に受け入れていた。
ゲスト労働者として1964年9月10日に記念すべき100万人目に到達しそのはずだったフセイン・イルマズは知らずとは言え譲ってしまいその次の労働者として迎えられた。
そして45年後。
今彼は妻と共にドイツのパスポートを手に入れ故郷のトルコで買った家を一族みんなで見に行こうと言い出した。
戸惑う娘や息子家族を尻目に出発を決行するおじいちゃん。
一族全員で空港にて飛行機を待つ間、再びチャナンは甥っ子におじいちゃんの話しを続けるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら)

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
意外とさら~と見れてじ~んとくる、良いお話。
だから、トルコ系がドイツで多いのね、納得でした。

映画祭に行けなかったので、そのまま公開になってよかったよ。
また、ドイツ映画祭をして欲しいなあ。

「トレジャー・ガード ソロモンの指輪と伝説の秘宝」

Treasure Guards  2011年 スペシャルドラマ



監督 イアン・B・マクドナルド

出演 
アンナ・フルエル 
ラウル・ボヴァ 
フォルカー・ブルッフ 
フロレンティーネ・ラーメ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
男が展示してある宝を見張っていた。
そこへ泥棒が現れ盗み出す。男はすぐさま宝を取り戻すべく泥棒を追いつめ見事に倒した。
実はそれはある資格を取得する為の試験だったのだ。
アンジェロは晴れて神父から“秘宝の番人”に合格し神が創られた遺物を守る秘宝保護管としての任務に就く。
最初の仕事はソロモンの神殿を発掘している者を監視する事だった。
その頃、ヨルダンでソロモンの神殿を発掘していたビクトリア・カーターは資金が底をつき困りはてていた。
だが、偶然にも指環に関するものを発見したらしく確信を得る為に恩師のエルガー教授を訪ねた。
その後、ソロモンの研究に詳しい父親が突然訪ねてきて指環に関するものを盗んで去ってしまう。
途方に暮れるビクトリアは教会なら助けてくれると聞きつけアンジェロがいる秘宝保護局に協力を求めるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツドラマなのに何故かイタリア人俳優のラウル・ボヴァが主演していた。
まあ、言語は英語でしたが。

彼の弟役にフォルカー・ブルッフ。
イケメン兄弟にメロメロでしたわ。(^_^)v
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。