スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【はじめにお読み下さい】 2016年:改正版

ご訪問ありがとうございます。

独特の雰囲気をかもし出す「マニアの戯言」の支店「ドイツ映画とマニアの戯れ合い」をどうかこれをご縁に末永くよろしくお願いいたします。

映画マニアが好きになったドイツ映画(ドラマも含む)をもっと多くの人に知って頂こうと「マニアの戯言」から、分離してまいりました。

現在、「マニアの戯言」のカテゴリ:ドイツ映画&ドラマ(ア~ワ)にて掲載している感想日記をこちらでも掲載しております。
(ほとんど、同じに記事になってしまいますが)

ドイツ作品は、他のヨーロッパ方面の作品(フランス、イタリア、イギリスなど)よりもなんとなくなじみが薄く、なんとなく堅苦しく、身構えてしまう印象が大きく、敬遠してしまいがちではないでしょうか?
ここでは、ブログの題名のごとく、
『戯れ合い(遊ぶ)』、相手(この場合は映画)と自分との距離を縮めてくれるコミュニケーションの場というコンセプトで感想日記を掲載しています。

面白そうだ!と思えた作品を是非、レンタル店の棚で手にとって見たり、TV放映時やネット鑑賞時に参考にして頂けたら、嬉しいなあ~と思っております。

コメントもトラックバックもある地点から受け付けておりません。
こちらから、情報を提供するだけの自己満足ブログです。

takbout(♀)自身は、元来、中途半端な映画マニアです。さらに、語学が苦手であります。(詳しくは「マニアの戯言」基本ルールをお読み下さい)
本人はめちゃくちゃ(自称)マニアック根性ですので、その点もご理解頂いて読んで頂くと楽しんでもらえると思います。

ということで、ここでは楽しんで読んで頂くために、このような「お願いルール」というのを決めています。ご理解、ご承諾して頂きますよう宜しくお願いいたします。

takbout 
スポンサーサイト

【このブログの更新日時とお知らせ】

本日は、ご訪問ありがとうございます。

独特の雰囲気をかもし出す「マニアの戯言」の分身「ドイツ映画とマニアの戯れ合い」をどうかこれをご縁に末永くよろしくお願いいたします。
(コメントやトラックバックへの細かいお願いは【初めに読み下さい】という記事に書いてありますので、ご一読して頂きますよう、宜しくお願いしたします。)

基本的にこちらの記事は、本家「マニアの戯言」のカテゴリ:独国(ドイツ)映画&ドラマを基準にしております。
2017年1月1日現在、210本の映画と162本のスペシャルドラマと5本の連続ドラマを紹介しています。

もっと詳しい感想などを読みたい方は、記事の中央あたりにある
勝手な感想(takboutの思い込み感想日記はこちら)
をクリックして本家の感想日記をお楽しみ下さい。

基本的な更新日は、本家にあやかって、

月に1度、第4週目の火曜日~金曜日の4日間になります。

もしこの間に、本家でドイツ作品が紹介されれば、臨時にこちらも更新したします。

次回の更新は、2017年4月頃です。(^◇^;) 

それでは、その時まで~。


takbout

「君がくれたグッドライフ」

Hin und weg 2014年



監督 クリスティアン・チューベルト

出演 
フロリアン・ダーヴィト・フィッツ 
ユリア・コーシッツ 
ユルゲン・フォーゲル 
ミリアム・シュタイン 
フォルカー・ブルッフ 
ヴィクトリア・マイヤー 
ヨハネス・アルマイヤー 
ハンネローレ・エルスナー 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)  
自宅にあるトレーニングマシーンで自転車こぎをしているハンス。日々、体の自由がきかなくなってきているのを実感しそんな彼を妻のキキはそっと励ましていた。
その頃、妻マライケと久々にベッドを共にしようと誘うドミだったが、ダメだと断られ悶々としている中、友人の車に酔って乗り込んだフィンは、明日の旅行は苦痛でしかないと愚痴をこぼすし、ミヒャエルは、夜中自宅に女性が訪ねてくるのだった。
毎年恒例の旅行が始まる朝、ドミ、マライケ、ミヒャエルがそれぞれの自転車でハンスとキキの家に集合していた。遅れてやっと弟のフィンが現れ今年の目的地ベルギーを目指し出発する。
途中のレストランで恒例の隣に座った相手に対しての無茶振りをそれぞれが書き、道中実行するか否かを互いの胸に秘めた後、ハンスの両親の家に立ち寄った面々。
そこで、ハンスからこの旅行の真の目的を知らされ、動揺するメンバーに対して弟のフィンは腹を立て出て行ってしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
尊厳死を尊重する自分にはうらやましい作品だった。

死を選べない日本が長寿国と言われるのもどうかと思えますよ。(毒舌)

なにはともあれ、見て~。

「アウトバーン」

Collide 2016年 イギリス・ドイツ



監督 エラン・クリーヴィー

製作総指揮 ヘルマン・ヨハ他

出演 
ニコラス・ホルト 
フェリシティ・ジョーンズ 
マーワン・ケンザリ 
ベン・キングズレー 
アンソニー・ホプキンス 
クレーメンス・シック 
アレクザンダー・ヨヴァノヴィッチ 
ヨアヒム・クロール

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
アウトバーン(高速道路)でクラッシュし横転を繰り返した車。運転席で男が逆さまのまま気を失っていた。
「人がバカをするには理由がある。その理由が愛のためだったら、バカじゃないのかも。」
ドイツ、ケルン。
あるクラブで、友人のマティアスと共にクスリを売りさばいている米国人のケイシー。カウンターにいる同じ米国人の女性をみかけナンパするもあっさりフラれてしまう。
その後、ボスのゲランに売り上げ金を届けると、そこでリスクは大きいが大金が入る仕事があるとし引き受けないかと誘われるが、彼女の事がどうしても気になるケイシーは、その場で仕事を辞め再びさっきの彼女ジュリエットを口説きに行くのだった。
ケイシーは真面目な仕事に就き、めでたくジュリエットと同棲するが、彼女の腎臓が人工透析を続けるか移植するかの瀬戸際まで悪くなっている事が発覚し、彼は、移植手術の費用を稼ごうとあの時誘われた仕事を引き受ける事にするのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
コブラ11のプロモビデオ。(嘘です)

ラストの仕掛けは必見です。(^_^)v

「ヒットマン:エージェント47」

Hitman: Agent 47 2015年 アメリカ・ドイツ・イギリス



監督 アレクサンダー・バック

出演 
ルパート・フレンド 
ハンナ・ウェア 
ザカリー・クイント 
トーマス・クレッチマン 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
優れた人間を作り出す政府のエージェン計画は、1967年8月にリヴェンコという人物により成功した。感情も恐怖も感じない殺人マシーンと化したエージェント。
だが、良心の呵責に耐えきれずにリヴェンコはその施設を抜け出し、姿を隠してしまう。
政府はこの無謀な計画が世間に発覚するのを恐れ封印するも、今頃になって再び彼を探し始める。その手がかりは、彼の娘カティア。
現在彼女はオーストリアのザルツブルクに滞在しているとの情報だった。
そのカティアは、知らない男が訪ねて来て「君を助けに来た。」との言葉を信じその男と共に逃げようとするが、そこへエージェント47が現れる。
なんとか男とその場を逃げたカティア。
男は、ジョン・スミスと名乗り、どうしても君の父親の居場所を知りたいと手がかりを求めてくるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
バーコード付のエージェント。
そのパターンにちょっと飽きがきてるが、無感情のわりには、痛そうでした。(^◇^;)

その点、ザカリーだけ人間に見えないのは、特権?それとも「スタトレ」の影響かな。

「バチカンで逢いましょう」

Omamamia 2012年 



監督 トミー・ヴィガント

出演 
マリアンネ・ゼーゲブレヒト 
ジャンカルロ・ジャンニーニ 
アネット・フリヤー 
ミリアム・シュタイン 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
夫を亡くし独り身となったマルガレーテは、娘のマリアにローマのバチカンへ行きたい事を話していた。初めは承諾したかのような態度の彼女だったが、迎えに来た車に乗り込んだ瞬間、それは出来ない事だと言いだし、ドイツにある彼女の家に連れて来られてしまう。
そして、自分の部屋だと案内された場所は地下の洗濯場の近くで、窓もろくにない場所だった。
さらに、余生を過ごすにはいい場所があると老人ホームのパンフレットを見せられ、戸惑うばかり。
そこで、マルガレーテは決意も新たに家を抜け出し、バチカンで絶対法王に逢うのだ!としローマに住む孫娘のマルティナの住まい迄行く。
そしてバチカンへ法王に会いに行った彼女は、そこで、盲目の老人が前列の席を譲ってもらっている光景を見かけた。
その日は法王に会えなかった彼女だったが、さっき見かけた盲目の老人が実は偽物だったと気づき、次の日も同じように席を譲って貰っている光景を見かけるとその老人の側に行き暴漢用のスプレーを掛けた。
だが、それは間違って法王に掛かってしまい、彼女はその場で逮捕されてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
可愛いお話でした。

ちょっと必見!

歳を取った両親を持つ身だと、ちょっと考えさせられちゃうかも?(~_~;)

カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。