スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒットマン・ゼロ」

Entfuhrt – Ich hol dich da Raus 2008年 スペシャルドラマ(Sat.1)


ヒットマン・ゼロ [DVD]ヒットマン・ゼロ [DVD]
(2009/06/10)
レネ・シュタインケ、ゾフィー・シュット 他

商品詳細を見る


監督 ロバート・エイドリアン・ペヨ

出演 
レネ・シュタインケ 
ゾフィー・シュット 
ヴィクトリア・シェラー 
ラルフ・ハーフォース
マーク・ツァク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
シェフのレオン・ビショフは、ドイツ、ケルンのシュロス・ホテルで行われる、独露エネルギーサミットの食事を担当していた。だが、当日は、久しぶりの娘ロミとのデートで、休暇を取っていたのだった。
そして、当日。
ロミと再会したビショフは、貸し切りの遊園地で楽しい一時を過ごす。
帰りの道すがら、立ち寄った店からなかなか出てこないロミを心配していた時に、彼の携帯が鳴った。「娘を返して欲しければ、仕事場に戻れ」
誘拐犯からの脅迫電話だったのだ。
ビショフが、急いで職場に戻りると、またもや犯人からの指示来た。
それは、ロシア大使のデザートに、毒薬を入れろというものだった。ロミを助けたい一心で指示に従うビショフ。
そして、大使の前にデザートが運ばれて・・・。


勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ごくごく一般的な市民が犯罪に巻き込まれるという、物語。

注目すべきは、主人公レオンを演じた、レネ・シュタインケ。
彼は、「アラーム・フォー・コブラ11」で3代目相棒トムを長く演じてきた俳優さんなのだ。

イメージを脱する為だったかもしれないが、そんなにイメージは崩れなかった気がする。
良かったのか悪かったのかは別として。

一般のシェフがどう犯人に立ち向かうか?気になる方はどうぞ♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。