スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ソーラー・ストライク・サード・インパクト」

Die Hitzewelle – Keiner Kann entkommen 2008年 スペシャルドラマ(Sat.1)


ソーラー・ストライク サード・インパクト [DVD]ソーラー・ストライク サード・インパクト [DVD]
(2008/12/10)
マウルス・ロナー

商品詳細を見る



監督 グレゴリー・シュニッツラー

出演 
スザンナ・シモン 
ヨハネス・ブランドラップ
ビルゲン・シャーデ 
グレイド・ブロシャイト
ロルフ・カニエス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1月のドイツ。珍しく暖冬の予報。
水研究者のマティーネ・フェヒナー博士は、2年間の研究をまとめた論文を発表する。
そしてその晩。離婚したばかりの彼女は、魅惑的な男性と一晩を過ごした。
6月。異常な暑さを記録しているドイツ。
危機を感じた知事が、マティーナを呼び出した。
それは、水不足という問題。ここ数日雨が降らないのだ。
マティーナは急遽水対策本部の責任者に任命される。
彼女が先ず訪れたのは、発電所の貯水ダム。いざという時に協力してもえるように頼みにきたのだ。するとそこには、あの魅惑的な男性が管理人としていたのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
有名な映画「007」でも題材に上がった水。
もしかしたら、これも近年、人ごとでなくなるかもしれない。身につまされる思いで見ていた。

注目すべきは、人々の反応。

もう、恐ろしすぎです。(>_<)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。