スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エアポート トルネード・チェイサー」

Entscheidung in den Wolken  2009年 ドイツ・オーストラリア スペシャルドラマ(Sat.1)


エアポート トルネード・チェイサー [DVD]エアポート トルネード・チェイサー [DVD]
(2009/12/09)
ヴァレリー・ニーハウス、マックス・ティドフ 他

商品詳細を見る


監督 エッツァルト・オニーケン

出演 
ヴァレリー・ニーハウス 
マックス・ティドフ 
ザヴィエ・フッター
ヤン・ゾスニオク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
アテネ発、ミュンヘン行きの旅客機が突然嵐に襲われ、近くの空港に緊急着陸した。
パイロットのアンドレアは適切な処置だとしたが、副機長のシュトッカーや、会社の上層部は日常におこりうる普通の天候状態だったとし、緊急着陸した彼女の判断ミスだと指摘した。
その為に彼女は無期限の停職処分になってしまう。
すぐにでも復帰したい彼女は、自分が正しかったと証明するために、その嵐“スーパーセル”を証明しようと研究している教授を訪ねるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
飛行機が乱気流に巻き込まれ、脱出出来るのか?みたいな災害ものの話かと思いきや、まるっきりの恋愛模様
飛行機シーンもあるから、別に間違っている訳ではないが。σ(^◇^;)

注目すべきは、その嵐“スーパーセル”。
ドイツのCGもそこそこに楽しいものだよ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。