スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・デジャブ」

Dornröschen erwacht  2006年 スペシャルドラマ(ARD①)


ザ・デジャヴ [DVD]ザ・デジャヴ [DVD]
(2007/09/07)
ナジャ・ウール、ウルリッヒ・トゥクール 他

商品詳細を見る



監督 エルマー・フィッシャー

出演 
ナディア・ウール 
ウルリッヒ・トゥクール 
マリー・ルー・セレン
ミセル・マティセヴィック

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
3年間も昏睡状態だった、マリアンネが目覚めた。
連絡を受け、駆け付けた家族。しかし、嬉しそうな素振りは見せるものの、どことなくぎこちない雰囲気。それでも、彼女は頑張ってリハビリを始め、驚異的な早さで自宅へ戻った。
すると、自宅の雰囲気も違い、駆け付けた彼女の親友インガもなんとなく態度が違って思えた。
医者は、妄想性障害を起こしていると診断。
だが、納得が出来ないマリアンネ。
さらに、3年前に起こした交通事故の前の8週間の記憶が欠落している事に気がつく。
いったいあの時、何が起こったというのだろうか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
サスペンスの要素が大きいが、個人的には男女の泥沼劇と見た方が妥当だと思った。
デジャブって見たことがないのに、見たことがるように思えるって事だよね。
邦題がなんとなく間違っているように思えてならなかったが。

注目すべきは、マリアンネを演じた、ナディア・ウール。
そして、親友インガを演じた、マリー・ルー・セレン。

二人の名演技をどうぞ♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。