スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「検屍官」

Sektion - Die Sprache der Toten 2002年 スペシャルドラマ(RTL)


検屍官 [DVD]検屍官 [DVD]
(2005/06/03)
カリン・ギゲリッヒ、ティム・ワイルド 他

商品詳細を見る


監督 マルクス・ブラウティガム

出演 
カリン・ギーゲリヒ 
ティム・ヴィルデ 
ペティーナ・ツィマーマン
アンドレアス・ギュンター 
フレデリック・ワグナー
シュテファン・ルカ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
女性が若い男性と会っていた。別れ話をしようとする彼女に、彼は指輪を渡すのだった。
橋の下で女性の死体が発見される。
検屍官のヘレン・マースは、検死の結果、死体は女性ではなく男性だと判断した。
人工的な性器がつけられていたからだった。その結果を聞いた刑事のパトリシアとシュトルツは、彼女の部屋を訪ねる。すると同居人のドーラもそんな感じの人物だった。
ドーラは警察での事情聴取で、アンドレア(アンドレアス)には常連客がいて、その男性はそこにいる人物だと彼の父親を指さすのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題は似ているが、制作しているテレビ局が違うので、まったく違う内容。

注目すべきは、検死官が扱う道具。どこの国でも似た感じなのでは?と思っていたので、ちょいびっくりした。

こちらもホラーだと思って借りると拍子抜けするのは間違いないので、お気を付けください。σ(^◇^;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。