スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アドレナリン:MAX」

Shoot the Duke 2009年


アドレナリン:MAX [DVD]アドレナリン:MAX [DVD]
(2011/03/04)
スティーブン・ボールドウィン

商品詳細を見る



監督 スティーヴン・マニュエル

脚本 トーマス・ヤーン

出演 
スティーヴン・ホールドウィン 
ベティーナ・ツィママン
トーマス・ハイツ 
アクセル・ウェデキンド

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
マフィアのボス、ベヌーソへ報告していたフランクとハリー。
ある男を殺害したと言っているのに、ボスは死んだのか?と何度も聞き返す始末。男の頭に一発ぶち込んだのだから生きてるわけがないと言い張っても、そいつの首を持って来るまで信用しないというのだ。
仕方なく、もう一度男を追う、二人。
一方、刑事のマックスは、頭に一発ぶち込まれた男を閉鎖間近の病院へ連れて来ていた。
医師も不在で、急患なんてもってのほかと言い張る、元妻で看護師のパトリシアになんとか男を助けてくれと頼み込み、医学生に手術を試みさせる。
そこへ、あの二人が乗り込んで来るのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
あれ?という程拍子抜け。よくあるパターンのドタバタ犯罪活劇。
ラストはハッピーエンド?

注目すべきは、ドジな二人をフォローする為に来る殺し屋。
そっちがメインだともうちょっと面白かったと思うのだが・・・。

ドイツ制作なのに言語が英語。どうもしっくりこないんだよねえ。( ̄。 ̄;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。