スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バビロンZ」

Taiketsu 2007年


バビロンZ [DVD]バビロンZ [DVD]
(2009/10/09)
ユーリ・ベッカース、セシル・デッカー 他

商品詳細を見る



監督 スヴェン・クヌペル

出演 
ユーリ・ベッカーズ 
セミル・デッカー 
ユストゥス・ベックマン 
ファビナン・モナストテリオス

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
第3次世界大戦後、人類の新たな支配者になったイミューン。
彼らは、顔に番号が表示される、新しいクローン技術で誕生した人類だった。
だが、彼らにも最期が迫りつつあった。
人間のテロリスト達と戦うネイヴィス中尉は、連絡を受け現場に向かうが、逆に彼らに捕らわれてしまった。
一方、高級住宅ドームに住む、イミューンのアンジェラは、叶わぬ恋と知りながら、剣闘士のケンジロウとベッドを共にしていた。
そして、ケンジロウは戦いの中で重体となってしまった。
それを見ていた違法商売人のウサギは、これは金になると踏んで、女の殺し屋に臓器を取ってくるように依頼した。
その殺し屋の二人は、何故かターゲットをイミューンの創設者マサトにしてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これでも、個人的には、ドイツ作品は温かく見守っている方だが、この作品はどうもダメだった。
ち~ぷなCGになんだこりゃ!の内容。さらに、アメリカ経由なのか英語吹き替え。
最悪~な三拍子。


注目すべきは、監督か制作者かの、自己満足の世界観。( ̄。 ̄;)
自分は付いて行けなかった・・・。

どれだけ駄作か興味がある方は、それなりの覚悟でどうぞ。
出来れば、レンタルの棚に返す事をお薦めする。(毒吐く)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。