スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブラスト・ゾーン」

Götterdämmerung - Morgen stirbt Berlin 1999年 スペシャルドラマ

ブラストゾーン

監督 ジョー・コッポレッタ

出演 
クリスティアーネ・パウル 
ティムメ・ベルクマン 
クリスチャン・オリバー 
スフェン・マルティネク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ベルリン中心部の工事現場。地下にあった不発弾が爆発する。
爆弾処理班のアレックスは、同僚のポールと共に現場に向かい、不発弾ではない爆弾を発見する。それは、ナチス政権の時代に作られた時限爆弾だった。
歴史学者でアレックスの妻サンドラは、爆弾のタイマーに刻まれている文字から時の政権が極秘で進めていた“トースの槌”という作戦ではないかと確信する。
LKA(州刑事局)のローレンシュタイン警部にその事を話す、サンドラ。
初めは信頼しなかった警部だったのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ナチス時代の品物が現在にも影響を及ぼす?という内容の物語だった。
それにしても、ここまでもつ技術が凄い!

注目すべきは、ポール役のクリスチャン・オリバー。
コブラ11以外は、何故かこの作品ぐらいしかドイツ作品に出演していない。
まあ、日本版になっている作品が少ないという事もあるが。

4代目相棒ヤンより、軽めな彼が見たい人は必見です♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。