スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・クラウン」

Der Clown 1996年 スペシャルドラマ(RTL)

ザ・クラウン

監督 ヘルマン・ヨハ

出演                       
スフェン・マルティネク            
ダイアナ・フランク 
トーマス・アンツェンホファー
フォルカー・クライネル

ゲスト
エルドゥアン・アタライ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
WIP(国際諜報警察)、ファイルナンバー36-3。諜報員27603号に、1年間の特別命令が下された。ロシアマフィアの逮捕の為に、ドイツのデュセルドルフ州犯罪処理部へ配属されたのだ。
諜報員27603号こと、マックス・ザンダーは、久しぶりにドイツの地を踏んだ。旧友レオとの再会に喜んでいるのも束の間、マフィアのボス、マクラノフへの逮捕への作戦に参加する。
武器密輸の取引は未遂に終わったものの本人を取り逃がしてしまったマックス達。
そして、新たなタレコミ屋をレオと探しに行った場所で、レオが爆死してしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
Actionconcept社が「コブラ11」と共に手がけた連続ドラマのパイロット版。
「Der Clown」とはドイツ語で道化師(ピエロ)という意味。
なので、マックスはピエロの仮面を被って事件を解決していくのだ。

注目すべきは、ヘリコプターのアクションシーン。
どう見ても実際に飛んでいるヘリに人間が捕まっているのだ。
凄い!技術!CGじゃないから、素晴しい!!

そうそう、自分の大好きな俳優、コブラ11のゼミル事、エルドゥアン・アタライもちょっとだけ出演シーンがあるので、注意して見て見て。まあ、分かる人はいないだろうけども。( ̄。 ̄;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。