スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・クラウン リスボン・コネクション」

レンタルタイトル ザ・クラウン リスボン・コネクション

ザ・クラウン リスボンコネクション


Der Clown 1999年 ドイツ・RTL社で放送されたドラマ
(Season3 Episode3・4 「Schoene Ferien Teil 1・2」)

出演 
スフェン・マルティネク(マックス・ツァンダー:別名クラウン) 
トーマス・アンツェンホファー(トビアス”ダブス”シュタイガー:ヘリコプター会社の経営者) 
ダイアナ・フランク(クラウディア・ディール:テレビ記者)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ルドフスキーが用意してくれた新たな身分証明書で、新しい人生を歩もうとした、マックス・ザンダー。
しかし、謎の人物から電話が掛かってきて、正体をばらされたくなかったら、我々に協力しろと脅される。
彼らは、かつてのマックスの上司ハートマンが今では武器密輸に関わっていて近々ドイツに核兵器が持ち込まれるというのだ。
それを阻止出来るのは警察ではなくクラウンしかいないと。
マックス、ドブス(ダブス)、クラウディアは、その密輸を阻止すべく、リスボンへ向かったのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
カナガスの刺客からの続き。
ドイツを飛び出してのオールロケーション。

しかし、悲しいかな連ドラの1部なので、謎の人物はそのまま。
う~ん、気になる。

日本ではこれが最後で、映画版「ザ・クラウン 炎のリベンジャー」につながる。
実はドイツでも、はっきり最終回という感じでは連続ドラマは終わっていない。なので、映画のオープニングは、
あくまでも映画用のオリジナルだったようだ。

今からでも遅くない、連ドラがレンタルにならないかな?
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。