スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「クライマー」

Feindliche Übernahme - althan.com 2001年

クライマー

監督 カール・シェンケル

出演 
トーマス・クレッチマン 
デジレー・ノスブッシュ 
クラウス・レーヴィッチェ
デューレ・リーフェンシュタイン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1982年、アフガニスタンの戦場。
ビリー・コンラッドは瀕死状態の親友から祖国にいる息子へ渡してくれと時計を託される。
そして、現代。
ロバート・フェルナウは、アルトハン社ビルの総合警備を受け持っていた。
ビリーと共に完璧と思っていた警備は会社の広告担当者ローラが来たその日にあっさりNZP(国家未来党)の若者に潜入されてしまう。
ロバートの機転で危険は去ったものの彼は担当から外されてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
テロリストに恋人を人質に捕らわれて、一人立ち向かう男。
ん?どっかで聞いたよな設定だが。σ(^◇^;)
なので、見終わった印象は「ソフトなダイ・ハード」

注目すべきは、主人公ロバートを演じた、トーマス・クレッチマン。
言わずとしれた、ドイツを代表する俳優さん。
ハリウッド映画にもたくさん出演していて、たくさん有名な作品にも出演している。

日本での人気も高い。何気に来日もしているのだ。

覚えておいて損はない俳優さんだと思うぞ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。