スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Giganticギガンティック」

Absolute Giganten 1999年 

ギガンティック

監督 セバスチャン・スキッパー

制作 トム・ティクヴァ

出演 
フランク・ギーリング 
フロリアン・ルーカス
アントニオ・モノー・ジュニア 
ジュリア・フンマー

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ドイツ、ハンブルグ。
看護師のフロイト・クリーベルクは、2年半の保護観察期間が終わり、この地へ来る前からの夢だった、船乗りに明朝からなる予定だった。だが、この地へ来てから出来た親友には、まだ話していなかった。ハンバーガーショップでバイトをしているリコーと車の修理工場で働く、ヴァルダーだ。
二人は、突然その話を聞かされ、戸惑い、寂しさを感じる。
このまま別れるのは辛い。
そこで3人は、最後の夜を一緒に過ごす事に決め、夜の街へ飛び出していくのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「友情と夢は似ている。とりつかれたらなかなか離れない」
オープニングのセリフだが、まさしくこういう感じの青春の一時。

注目すべきは、3人の夜遊び。
ハラハラもするけれど、こういう時しかできないから逆にうらやましくも感じるのだ。

男の子の友情っていいなあ~。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。