スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パニック・エスケープ」

Vershleppt-kein Weg zurueck 2006年 スペシャルドラマ(Sat.1)


パニック・エスケープ [DVD]パニック・エスケープ [DVD]
(2007/12/07)
ヤン・ソスニオク、エレニー・サルーヴォ・ゴンザレス 他

商品詳細を見る


監督 ハンスイェルク・トウルン

出演 
ヤン・ゾスニオク
エレニー・サルーヴァ・ゴンザレス 
イディル・コネル 
イーディ・ネブー
アンドレ・ヘンニック
マーク・ツァク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
拉致編
2006年、イラク北部。
何者かが車を襲い、外国人を拉致していた。その様子をホームビデオが撮影していた。
2006年、ドイツ・ベルリン。
教師のサーシャは、翻訳の仕事でトルコへ行く婚約者ユリアを見送りに来ていた。別れを惜しむ二人。それから、数日後。サーシャの元に、婚約者が死亡したとの知らせが入る。
顔が焼かれた遺体と再会するサーシャ。しかし、うなじにあるタトゥーだけで、どうしても彼女だとは思えない。そんな時に、ふと見たTVでイラクでの拉致の様子が流れていた。
そこに、ユリアの姿を発見するサーシャ。さっそく外務省へ彼女を助けるように頼みに行くのだが。
救出偏
イラクへ犯人達との直接交渉へ来たサーシャ。
だが、滞在先のホテルで何者かに襲われてしまう。
そして、ドイツに居る彼の生徒から重要な情報を得る。自分に近づいてくる人間すべてを疑り始めたサーシャ。
いったい、誰が真実を述べているのだろうか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
長時間だが、そんな事を思わせない物語の展開で見入ってしまった。

注目すべきは、普通の教師サーシャ(ヤン・ゾスニオク)が必死に恋人を捜す姿だ。

ラストもびっくりだった。物語とはいえ、そういうのってあるのかな?
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。