スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「戦場のアリア」

Joyeux Noël 2005年 フランス・ドイツ・イギリス・ベルギー・ルーマニア


戦場のアリア スペシャル・エディション [DVD]戦場のアリア スペシャル・エディション [DVD]
(2010/08/27)
ダイアン・クルーガー、ベンノ・フュルマン 他

商品詳細を見る


監督 クリスチャン・カリオン

出演 
ダイアン・クルーガー 
ベンノ・フュアマン
ゲイリー・ルイス 
ギョーム・カネ 
ダニエル・ブリュール 

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1941年、第1次世界大戦下のフランス。
最前線にいるフランス軍と援護に来たスコットランド軍。そして、対立しているドイツ軍はどちらも一歩も引こうとせず睨み合いを続けていた。
そんな中でのクリスマスイブの日。
ドイツ軍の最前線部隊にいるニコラウスを夫にもつ歌手のアナは、愛する夫に会う為に戦地でのコンサートを申し出る。
快く承諾してくれた皇太子の前で、久しぶりに再会した夫と共に、依然と変らぬ感じで歌を披露するアナ。
そして、夫が所属する部隊へ行き、そこでも見事なまでの歌を披露する。
すると、他の軍からも音楽が流れて来て・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
実際にあった出来事という事だが、そのことを聞いて無償に嬉しかった。

注目すべきは、休戦というシーンだろう。

苦み合っている人々でも、クリスマスという特別な日と歌というものが一時だけ平和をもたらした。
ここに日本軍が居たら無理だと思うけどね。(宗教が違うからさ)

音楽はすべての世界を1つにする力を持った、最大の武器だなあ~なんて思ったのだった。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。