スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ウィンタースリーパー」

Winterschläfer  1997年


ウィンタースリーパー [DVD]ウィンタースリーパー [DVD]
(2003/11/14)
ウルリッヒ・マティス、マリー=ルー・セレン 他

商品詳細を見る


監督 トム・ティクヴァ

主演 
ウルリッヒ・マティス 
マリー・ルー・セレン 
フロリアン・ダニエル 
ハイノ・フェルヒ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
冬の夜。
レベッカは恋人の携帯に電話を掛けた。
レベッカの恋人マルコは、携帯で返事をしながら、浮気相手との分かれを惜しんでいた。
ローラは、やっと自分の家に帰って来たが、気を失いレベッカにベッドまで運ばれていた。
ルネは友人とバーで飲み明かし、車をその店に置いて、歩いて家路についた。
だが、帰りの道すがら、ある家の前を通り掛かると、窓から、男女がSEXをしている様子が伺え、キーが付けたままの新車が玄関の目の前に止まっていた。ふと、乗って見たくなり、乗り出したルネ。
そして、カーブにさしかかり、馬を乗せたトレーラーを引いた車と接触事故を起こしてしまうのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
群像劇になっていて、つながりがないようで、みんなつながりがあった。
そして、この接触事故がいろいろと波紋を広げていく。

注目すべきは、その人間関係。
複雑だけど、人の関係ってこんなかも?と思わせる演出だ。
世間は狭いと思うけど、こんな感じじゃまじ狭いのはあたりまえ~ってな感じだろうか?

これまたクセがある作品なので、この監督が好きな方はお薦めです♪
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。