スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「‘Ne guenstige Gelegenheit」

Ne guenstige Gelegenheit (直訳=こりゃいい機会だ) 1999年 日本未公開ドイツより取り寄せDVD


‘Ne guenstige Gelegenheit


監督 Gernot Roll(ゲルノット・ロル)

出演 
Benno Fürmann(ベンノ・フュアマン)  
Armin Rohde(アーミン・ローデ)  
Rebecca Immanuel(レベッカ・イマヌエル)  
Herbert Knaup(ヘルベルト・クナオプ)

勝手なあらすじドイツ語のあらすじを機械翻訳にかけ自分で鑑賞した後の印象から
キャンプ場に住んでいるGosbert(ゴスベルト)は、“大人のおもちゃ”を売る為に売春宿へ行った。
偶然にも、客が心臓発作で死んでしまい、困っている売春婦Carlotta(シャルロッタ)の部屋に出くわしてしまう。
その客が持っていた現金につられて、彼女と共にその客の死体を隠すゴスベルト。
そして、翌日、彼が泊まっていたホテルへ行き、友人のAbo(アボ)と共にその客の車を盗み出した。だが、そのトランクの中にはすでに先客が・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の願い込み)
ベノが大好きで、あまりにも彼の作品が日本版になっていないので、ドイツAmazonから取り寄せたDVDの第3弾
日本では絶対見られないであろう、ラブコメの彼なのだ。

可愛い感じで、物語もドタバタ劇ですっごく楽しいのだ。
B級路線、バリバリだとは思うが。

全世界的になかなか、コメディという分類が日本に来ない様子。日本人を笑わすって世界的に難しいのかもなあ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。