スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ザ・フィクサー」

One Way 2006年


ザ・フィクサー [DVD]ザ・フィクサー [DVD]
(2008/08/08)
ティル・シュヴァイガー、マイケル・クラーク・ダンカン 他

商品詳細を見る


監督 レト・サリンベーニ

制作 ティル・シュヴァイガー

出演 
ティル・シュヴァイガー 
マイケル・クラーク・ダンカン 
ローレン・リー・スミス 
セバスチャン・ロバーツ
ファーリ・オーゲン・ヤルディム

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
クリエイティブ・ディレクターのエディは、ついに広告会社バーク企業のパートナーとなり、その社長令嬢ジュディと結婚する事にもなった。
だが、エディの同僚のアンジェリーナが、ジュディの兄、アンソニーに強姦され、彼を訴える事に。
しかし、アンソニーは、エディが密かに付き合っている愛人の写真を見せ、偽の証言を強制する。
エディの証言で、無罪になったアンソニー。
そして、数日後。
アンソニーが死体となって発見される。
警察の捜査で、彼が行方不明になる前に、エディとケンカをしていたという証言から、アンソニー殺しの犯人がエディになってしまうのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ制作だが、英語。
自分の感想日記は、まだ日本版が発売される前のものなので、ちぐはぐなところがあると思うが、その点は勘弁してくれ。

注目すべきは、順風満帆だった生活が1つの過ちから転落していくというもの。
なかなか、面白かったのではないかな?パターンはパターンだったが。

まだ、日本版を鑑賞してない、ich。そろそろ、鑑賞しよっと。σ(^◇^;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。