スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Der Eisbär」

Der Eisbär (直訳=北極熊) 1998年 日本未公開ドイツより取り寄せDVD

Der Eisbär

監督 Til Shweiger (ティル・シュヴァイガー) Granz Henman (グランツ・ヘンマン)

出演 
Til Shweiger (ティル・シュヴァイガー) 
Benno Fürmann (ベノ・フェァマン) 
Karina Krawczyk (カリーナ・クラフチック)
Florian Lukas (フロリアン・ルーカス
Ralph Herforth (ラルフ・ハーフォース

勝手なあらすじドイツ語のあらすじを機械翻訳にかけ自分で鑑賞した後の印象から
ある人物を殺す為に車に爆弾が仕掛けられた。それを運ぶ事になった殺し屋Nico(ニコ)は、タバコが切れた為に小さな店屋に入る。
すると、二人の青年に車を盗まれてしまう。
一方、プロの殺し屋の北極熊(Eisbär)ことLeo(レオ)は、間違って依頼主の友人を殺してしまい命を狙われる事になってしまった。
ふと立ち寄ったバーで偶然にもレオとニコが出会いそのまま恋に落ちる。
しかし、互いの依頼人が黙っていなかった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の願い込み)
ティル君が大好きで、あまりにも彼の作品が日本版になっていないので、ドイツAmazonから取り寄せたDVD。

偶然にもこれには、ベノも出演していたのだ。
2倍のお得感が漂ったぞ。
コメディなので、楽しいがラストが何度見ても微妙。σ(^◇^;)
メガネ姿のティル君は必見なんだけども、日本版はまだですか?
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。