スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バニシング・レーサー」

Hammer & Hart 2005年 スペシャルドラマ(RTL)


バニシング・レーサー [DVD]バニシング・レーサー [DVD]
(2006/10/27)
クリストフ・マース、ヘンドリック・ドゥリン 他

商品詳細を見る



監督 ヘルマン・ヨハ

出演
クリストフ・マース
ヘンドリック・ドゥリン
テュルキツ・ターライ
スーザン・ズィーデロボルス

特別出演
エルドゥアン・アタライ
レネ・シュタイケ
スフェン・マルティネク
トーマス・アンツェンホファー
ゴットフリート・フォルマー
       
勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ハートは、叔母でシスターのラビアータから母親の死を知らせる手紙をもらった。
同じく異父兄弟の兄ハマ―も手紙を貰う。
遺言状をケルンで開くという知らせから二人は久しぶりにケルンへ向かう。
母親が経営していた自動車整備工場を遺産として受け取った二人は、そこに以前からいた整備士ユクセルと多額の遺産が入ると知らされてハートを追っかけてきた恋人のジーナと共に、工場の再建に乗り出す。
しかし、その工場は幼なじみで今は実業家のパルモランスキーが、狙っていたのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
Actionconcept社のお遊び満載の作品。殆ど身内ネタ目白押し。
ドラマの中で見ているTVには、コブラ11が放送されているし、クラウンじゃないの?なんてセリフも飛び出す。

注目すべきは、ちょっとだけ出演の面々だろう。
コブラ11の二人、トム&ゼミル=レネ&アタライにディーターこと、ゴットフリート・フォルマー。
クラウンの二人、ダブス&マックス=アンツェンホファー&マルティネク。


話は単純明快のベタ話。

コブラ11もクラウンも見たことない人でも楽しめるが、知っていた方が楽しさは倍増するかも?
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。