スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「1945 戦場への橋 –ナチス武装戦線-」

Die Brücke 2008年 スペシャルドラマ(ProSieben)


1945戦場への橋─ナチス武装戦線─ [DVD]1945戦場への橋─ナチス武装戦線─ [DVD]
(2010/11/05)
フランカ・ポテンテ、フランシス・ゴルケ 他

商品詳細を見る


監督 ウォルフガング・バンツァ

出演 
フランソワ・グースケ 
ラース・シュタインホーフェル 
フランカ・ポテンテ 
ミヒャエル・ロット

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
難民の受け入れ場所へ、1台のトラックが来た。乗っていた少年、アルベルト・ムッツは、母親と共に同じ歳のパウラ・フィンクの家へ世話になることになった。
一方、彼と同じ歳のヴァルターは、担任の女教師とこっそり愛をはぐくんでいた。
そんなある日。
兵士不足の為に、16歳以上の少年が軍へ借り出される事になった。アルベルトやヴァルター、他5人の同級生も軍へ入り訓練を受けた。やがて、戦火が激しくなると彼ら7人は橋を守る任務に就く。
アメリカ兵が乗り込んでくる中、必死にその橋を守ろうとするのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
これは、実際の話だそうだ。そして、西ドイツ制作の映画をリメイクしたものらしい。

注目すべきは、大人の身勝手さ。
少年兵ってどこの国もそういう扱いになってしまうものなのだろうか?切なすぎるよなあ。

辛いけど、見ておくべき作品ではないかな。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。