スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「もうひとりの女」

Ich bin die Andere 2006年


もうひとりの女 【ベスト・ライブラリー 1500円:第4弾】 [DVD]もうひとりの女 【ベスト・ライブラリー 1500円:第4弾】 [DVD]
(2009/11/06)
アウグスト・ディール、カーチャ・リーマン 他

商品詳細を見る


監督 マルガレーテ・フォン・トロッタ

主演 
カッチャ・リーマン 
アウグスト・ディール 
アーミン・ミュラー=スタール 
バルバラ・アウア

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ファブリは、宿泊先のホテルで一人の娼婦に出会う。
アリスと名乗った彼女は、今晩の客を探している様子だった。ホテルの従業員に追い出されそうになる彼女を自分の連れだと嘘をつき、部屋へ招き入れたファブリ。
一晩を一緒に過ごすも、目を覚ました時には彼女の姿はなかった。
建築士の彼は、仕事の契約の為にこの地へ来ていたのだ。
そして、自分達の会社側弁護士、カロリン・ヴィンターを紹介される。ファブリは、その人物を見て動揺する。夕べのアリスではないか!
だが、その事を彼女と二人きりになった時に問い詰めるも彼女は泣き出し逃げ出してしまい、その後姿を見せなくなってしまった。
ファブリは、恋人がいながらも彼女の事が気になり自宅を訪ねるのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
大金持ちの御家騒動を、現代風にして、男女の恋愛もからめたような作品。
サスペンス的な恋愛物語と言えばいいかな?

注目すべきは、彼女が2重人格になった理由。
はあ?(゜o゜;) 
という印象が大きいのだが・・・。σ(^◇^;)

ファブリがむっちゃけなげでいい感じの男性だった。
演じた、アウグスト・ディール君は、やっぱ、お薦めな俳優さんです。(^O^)v
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。