スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アナトミー2」

Anatomie2 2003年


アナトミー2 [DVD]アナトミー2 [DVD]
(2008/01/23)
ヘルベルト・クナウプ、ハイケ・マカッチュ 他

商品詳細を見る


監督 ステファン・ルッツォヴィッキー

主演 
バーナビー・メッチェラート 
ハイケ・マカッシュ 
ヴォータン・ヴィルケ・メーリング 
ヘルバート・クナウプ 
ローマン・キンツカ 
フランカ・ポテンテ 
アウグスト・ディール

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
パーティー会場に白スーツの男が現れる。彼は異常なまでの汗をかき、誰かを捜している様子だった。神経束移植のカリスマ医師、ラルース博士は、その男ベニーを見て動揺する。そして、舞台に上がり彼が挨拶を始めると、ベニーはメスを取り出し、目の前で自分の体を切り刻み自殺するのだった。
研修医のヨアヒムは、ベルリンの大病院へ勤務する事になった。
田舎から出て来た彼は、寮に入り、そこにいた看護師でフィリピン人のリーと友人になる。
ある日、リーの友人の子供が、鼻血が止まらないと内緒で診断を任されるヨアヒム。緊急の手術が必要だと判断した彼は、第17手術室を無断で使い彼女を助けるのだった。
だが、それはラルース博士の研究室だった。
博士は怒るどころか彼に一緒にある事を研究しないかとチームに誘う。
難病に苦しむ弟を1日でも早く直したい彼は、博士の誘いを受けるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
「アナトミー」の続編。しかし、ある真相が共通なままで、内容はまったく違っているのだ。

注目すべきは、その研究内容。
まあ、他人様の体を使わないからまだ許せるが、それでも、どうかな?と思ってしまった。
日常、あんなに薬を飲んだら、違う所が悪くなりそうだしね。

いつも思ってしまうが、医学の発展にはどうしてもこういう行為は必要不可欠だと思のだ。
だが、逆に怖い気もする。
う~ん、どうしたらいいんだろう?
考えてしまうなあ~。(-_-;) 
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。