スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アム・アイ・ビューティフル?」

¿Bin ich schön? 1998年 

アムアイビューティフル

監督 ドリス・ドゥリー

出演 
フランカ・ポテンテ 
シュテファン・ヴィング 
マリア・シュラーダー 
ディート・シューベル 
ヨアヒム・クロール 
ニナ・ペトリ
ハイケ・マカッシュ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ヒッチハイクをする、リンダ。彼女は乗せてくれた運転手に「私は話す事が出来ません」とカードを見せる。
スペインのホテルに宿泊しているクラウンは、ドイツにいる元カノに電話をかけていた。
その元カノのフランチェスカは、結婚式を控えている中、交通事故を起してしまう。彼女は、土砂降りな為、事故相手の車の中で警察が来るまで待たせて貰っていた。
乗せてくれている相手の運転手エルケは、恋人を失いその悲しみから抜け出せていなかった。
ヘルベルトは、若い女と不倫していた。
その相手は突然、彼の目の前で手首を切って自殺を図るのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
簡単にいえば、群像劇。
個々に注目するもずべてがつながっているという感じ。
なので、ちょっとこういう類いが苦手な自分のような人間には、お薦めできない。

だから、何?(`ヘ´) と言いたくなってしまうからだ。

注目すべきは、そのつながり具合。
まあ、うすうすは勘づいていたけども・・・。

不倫相手というは、どこのどの国でもあんな感じの人がいるのか?と恐ろしく思ってしまった。
それとも、女性限定かな?( ̄。 ̄;)
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。