スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「パイレーツ・オブ・バルティック12人の呪われた海賊」

12 Meter ohne Kopf 2009年


パイレーツ・オブ・バルティック [DVD]パイレーツ・オブ・バルティック [DVD]
(2011/04/28)
ロナルド・ツェァフェルト、マティアス・シュヴァイクホファー 他

商品詳細を見る


監督 スヴェン・タディッケン

出演 
ロナルド・シュアフェルト 
マティアス・シュヴァイクホファー 
オリヴァー・ブルーカー 
ヤコブ・マッチェツ 
ヤナ・パラスケ 
フランツィスカ・ヴルフ
ミラン・ペシェル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
クラウス・シュテルテベーカーを1401年10月31日に罪状で首切りに。
群衆の中、連れて来られる、シュテルテベーカー。壇上に上がりフードを取ると、シュテルテベーカーとは別人がそこにいた。だが、その男は「悔いはない」と言い出す。
1年前。
14世紀の北海でハンザ商船しか狙わない海賊がいた。シュテルテベーカーとその仲間だ。
親友のミヒャエルと共に、今日も船を襲ったシュテルテベーカー。だが、胸を刺され生死をさまよった。助かった彼だったが、祝杯を挙げる中、出会った女性バイルから助かった意味を問われ答えに戸惑う。そして、悶々とする中、再び海へ繰り出した彼らは、偶然にも手に入れた大砲で再び勢力を伸ばし始めた。
だが、長くは続かず・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツの教科書にも登場するぐらい、ドイツでは有名な海賊シュテルテベーカー。
(教えて下さってありがとうございました。<(_ _)>)

「パイレーツ・オブ・バルト」とは、ちょっと視点が違って描かれているのだ。

注目すべきは、シュテルテベーカーの親友を演じた、マティアス・シュヴァイクホファー。
最近よく見かける顔なので、チェックしておいた方がいいかも?(自分も覚えなくっちゃ)

こちらは映画なので、話の展開は早いが、どうも、もう少しというような気がする。

男の友情物語とみれば面白いけどね。 
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。