スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒトラーの追跡」

In einem anderen Leben 2005年 スペシャルドラマ


ヒトラーの追跡 [DVD]ヒトラーの追跡 [DVD]
(2009/01/21)
サブリナ・ホワイト、マックス・ボン・サン 他

商品詳細を見る


監督 マニュエル・シェベンマン

出演 
サブリナ・ホワイト 
マックス・ヴォン・サン 
ハンス・マイケル・レバーグ 
ハンナー・ヘルツシュプルング

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
列車から一人の女性が逃げ出した。民家に入り、服を盗み、歩いていると、ドイツ軍のジープに出くわしてしまう。
とっさに彼女は、ドイツ人だと嘘をつき、野戦病院に勤める事になった。
そこへ、ケガをした兵士ヴィリーが運び込まれてきた。彼は彼女を見てから気にかけ始める。だが、彼女はどうにか彼を避けようとする。
何故なら、彼女、リナ自信はジプシーでロマ人(少数民族)の収容所へ行く列車から逃げ出して来たからだった。
そんなある日。彼女を雇ってくれたドイツ軍兵士に襲われそうになった、リナは誤って殺害してしまう。事情を聞いたヴィリーは彼女を逃がそうと試みるのだが。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ユダヤ人だけでなく、ナチは、ジプシーなどのロマ人=少数民族も収容所送りにしていたのかと初めて知った作品。
注目すべきは、彼女を逃がす時の車でのシーン。
ナチに調べられるのだが、めちゃくちゃハラハラするシーンだったのだ。

ヴィリーの両親の対応が悲しかった分、彼女と同じ民族の人々が結束していたのには、涙ものだったなあ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。