スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒトラーの旋律」

Ghetto 2006年 ドイツ・リトアニア


ヒトラーの旋律 [DVD]ヒトラーの旋律 [DVD]
(2009/08/05)
ハイノー・フェルヒ、エリカ・マロジャーン 他

商品詳細を見る


監督 アラドリアス・ユツェナス

出演 
ハイノ・フェルヒ
エリカ・マロジャーン 
セバスチャン・フールク

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
1941年6月22日。
ドイツ軍はリトアニアに侵攻、首都ビリニュースを占領した。
半年のうちに5万5000人のユダヤ人がパネリアイの村で処刑され残された人々は強制居住区(ゲットー)へ連行された。
そこへ、ドイツ軍の生と死の支配者(ビリニュンス)キッテルが来る。彼は地下から現れた下着姿のハイヤを発見し、軍の物を盗んだとして殺そうとする。だが、そこへ腹話術師のスルールクが人形のフリをしているリナと共に、彼女が国で人気歌手だったとし、殺すのを食い止めた。
彼女の歌声を聞いたキッテルは、劇場で何か出し物をするようにと、元リトアニア軍兵士のゲイツに命令するのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
殺伐とした雰囲気の中での演劇は素晴しいと思った作品。

注目すべきは、やはりハイノさんが演じた、ゲイツだろう。
少しでも犠牲者を最小限にしようと努力する姿が、痛々しかったのだ。

ラストは、衝撃的すぎる・・。ひどい、ひどすぎるよ。(>_<)

気になる方は是非、鑑賞してみてくれ。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。