スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エアポート2010」

Faktor 8 - Der Tag ist gekommen 2009年 スペシャルドラマ


エアポート2010 [DVD]エアポート2010 [DVD]
(2010/08/04)
ムリエル・バウマイスター、オリヴァー・モムセン 他

商品詳細を見る


監督 ライナー・マツタニ

出演 
ムリエル・バウマイスター 
オリヴァー・モムセン 
アンドレ・ヘンニック 
シュテファン・ルカ 
マックス・フェルダー 
フランソワ・グースケ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ドイツ航空111便、プーケット発ミュンヘン行き。 
太平洋上空。
一人の乗客の具合が悪くなり、医者を捜す乗務員。
心理学者のヘッケルが医者の心得は持って居るとして客に対応する。症状からして血友病だとすぐ分かり、応急処置をしたが、すぐさま病院へ連れて行かなければならない状況だった。
臨時着陸を決断した機長だったが、どこも受け入れてくれない。
そして、やっとドイツ軍の空港へ着陸できたが、乗客は降りられない。
そんな中、具合の悪くなる乗客が続出。
いったい何が起ったというのだろうか?

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ある種のパニック作品。
感染源の島ごと政府が爆破するほど、人類全体の生命を脅かす強力なウィルスが発生した!
そこから旅だった旅客機。
乗客は?乗務員は?はたまた、受け入れるドイツ政府はどう対応するのか?

自分だったら~なんて考えさせられた作品。
しかし、これがお茶の間で見れるドイツって凄すぎのような気がするが。σ(^◇^;)

さあ、あなたがこの乗客だったらどうしますか?
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。