スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミケランジェロの暗号」

Mein bester Feind 2010年 


ミケランジェロの暗号 [DVD]ミケランジェロの暗号 [DVD]
(2012/02/24)
モーリッツ・ブライプトロイ、ゲオルク・フリードリヒ 他

商品詳細を見る


監督 ヴォルフガング・ムルンベルガー

出演 
モーリッツ・ブレイブトロイ
ゲオルク・フリードリッヒ 
ウド・ザメル 
メラーブ・ニニッゼ 
ウーヴェ・ボーム

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
飛行機が墜落し、ユダヤ人が助かった。彼は、負傷したドイツ兵を助け出すのだった。
1938年、ウィーン。
カウスマン画廊を経営しているユダヤ人の父、ヤーコブを持つ、息子のヴィクトルは、近所のドイツ人達に嫌がらせを受ける日々だった。
そこへ、親友でここの使用人の息子ルディが久しぶりに尋ねて来た。
再会を喜ぶのも束の間、ルディは、ヴィクトルから聞いたミケランジェロの幻の名画をヴィドリチェク親衛隊大佐に話し、その名画を奪ってしまう。さらに、ヴィクトルの家族を強制所へと送込んだ。
ヴィクトルは、輸送された強制所で父親がルディの裏切りを見越して、本物のミケランジェロの絵を隠したとのだと聞かされる。そして、その隠し場所のヒントを教えられた。
一方、ルディは偽物だったとこっぴどく上司から叱られ、本物を捜そうと再びヴィクトルを尋ねるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
邦題に惑わされると拍子抜けするが、親友でライバルな二人のやり取りと見ると、面白い。

なにせ、この絵の居所を探る駆け引きがいいのだ。
というか、そこまで先読みしたヴィクトルの父親が素晴しい。

戦争は親友でも価値観を変えてしまう。

ちょっとそんな寂しさも漂う作品だったぞ。(深読みしすぎかもしれないけどね)

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。