スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ワイルド・アサシン ~非情のミッション~」

Such mich nicht 2004年


ワイルド・アサシン~非情のミッション~ [DVD]ワイルド・アサシン~非情のミッション~ [DVD]
(2008/11/05)
レア・モルナル、ウド・シェンク 他

商品詳細を見る


 
監督 ティルマン・ツェンツ

出演 
レナ・モルナル 
ウド・シェイク
スタイプ・エルツェッグ 
マルク・ツァク
ユルゲン・レーマン

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
変装をした女性。男と共にホテルの一室へ。
入った途端に、男を射殺した。
殺し屋のアンナは、雇い主のウィンへ会いに行き、次の仕事の依頼を受ける。
ターゲットの資料を渡され、ホテルに泊まり、ターゲットの動向をうかがっていた。そのホテルのバーで飲んでいると仮採用だというボーイが声を掛けて来た。アンナはそのボーイ、リノと久々に楽しい一時を過ごした。
ある日の事。
ターゲットがアンナに声をかけてきた。初めは偶然かと思われたが、後に彼女はターゲットから命を狙われる。そして、ターゲットも殺し屋だというのだ。
怪我をしたアンナを保護してくれたのはあのリノだった。
彼女は自分の依頼された仕事に疑問を抱くが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ベッソンの映画「ニキータ」やハリウッド版「アサシン」同様、女殺し屋が主人公の物語。
定番だが、それなりに良かったのだ。

注目すべきは、いつもちょっとクセのある脇役を演じている、スタイプ・エルツェッグが、やさしい男を演じているところだろうか。
最後まで、彼女の為に頑張ってくれた姿は、むっちゃいい男だったよ~。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。