スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「トレジャー・オブ・パイレーツ」

Amundsen der Pinguin 2003年 スペシャルドラマ


トレジャー・オブ・パイレーツ [DVD]トレジャー・オブ・パイレーツ [DVD]
(2006/11/02)
レア・クルカ、ハラルド・クラスニィッツアー 他

商品詳細を見る


監督 スティーブン・マニュエル

出演 
レア・クルカ 
ハラルド・クランスニッツァー 
カーチャ・ヴァイソエンベック 
ティル・リンデンマン
オリヴィエ・ストリッツェル

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
南極のコロニー。
ペンギンの生態を研究している、海洋生物学者のコルネリウスは、一匹のペンギンからルビーをもらった。その事を知った乗組員のクルマンは、ペンギンとコルネリウスを襲いルビーがあった場所を特定しようとする。
だが、どうにかその場をペンギンと共に逃げ出すコルネリウス。
ドイツ、ケルン。
アンネは今日も家に動物を持ち込み、父親に注意されていた。
そこへ、母親の兄であるコルネリウスがペンギンを連れ、しばらく預かってくれと頼みに来た。怪訝な顔をする父親を横目に叔父さんも動物も大好きなアンナはそのペンギンを預かる事に。
そして、両親が出掛けたある日。
クルマンが変装し、アンネにペンギンの件で尋ねて来た。とっさにおかしいと思ったアンネはペンギンを連れて叔父のもとへと急ぐのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
南極の氷の下にある秘宝探しに発展していく、ファミリー向けの物語。

ペンギンは可愛いが、ある種本物である種CG。
CGペンギンの集合体ってなんか気持ち悪かったなあ。

いっつもコブラ11で卑劣な悪役ばかりしていた、オリヴィエ・ストリッツェルがむちゃくちゃやさしそうなパパさんで登場。
それを見ただけでも、得した気分になれた。

役者なんだから当たり前なんだけどね。 

関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。