スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Phantomschmerz」

Phantomschmerz(直訳=幻の痛み) 2009年 日本未公開作品ドイツより取り寄せたDVD


phantomschmerz225_convert_20120927115136.jpg


監督 Matthias Emcke(マティアス・エムッケ)

出演 
Til Shweiger(ティル・シュヴァイガー) 
Jana Pallaske(ヤナ・パラスケ) 
Stipe Erceg(スタイプ・エルツェッグ) 
Luna Schweiger(ルナ・シュヴァイガー) 
Carina N. Wiese(カリーナ・N・ヴィーゼ)

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー) 
自転車レースを夢見て、日々トレーニングをしている、マーク(Marc Sumner)。
その日暮らしを続ける彼には、離婚した妻や娘もいるのだが、責任を負うことを断固として拒否していた。いつもの様に、その日だけの関係を年下のニカ(Nika)と過ごした、彼。
だが、ある晩。バイクに乗ったマークは交通事故に遭ってしまう。
なんとか命は助かったものの、左足の膝から下を失った。楽観的な彼だったが、徐々に元気を失い、
ある時から、毎晩失った足の痛みに苦しめられる。
そんな中、ふと彼によぎったのは、ニカの事だった。
そして、マークは、ニカに会いに行く決意をするのだが・・・。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の願い込み)
監督の友人の実話を基にした作品。

注目すべきは、ティル君の演技。いや~素晴しかったよ。

定番ですが、娘さんとの親子共演も必見!!

是非是非、日本版をと願うこれまた、1本です。(*^^)v
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。