スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「抹殺人」

Track 1999年


抹殺人 [DVD]抹殺人 [DVD]
(2011/03/02)
ロバート・ヒオブ、アーミン・ヴェスティン 他

商品詳細を見る


監督 サミー・バルカス

出演 
ロバート・ヒオブ 
アルミン・フェスティン 
アンドレアス・マルシャ

勝手なあらすじ(自分の解釈の上でのストーリー)
ロスでAV女優の射殺死体が発見された。自殺にも見えるその手口。担当となったスティーブは、その事件の他に誘拐事件も受け持つ事になった。犯人との取引が始まるが、犯人の方が上手で金をまんまと奪われ、人質は死体となって発見されるという最悪な結末にはなってしまった。ある日、悪友から、あの最悪な結末に終わった誘拐事件を真似て、大金を手に入れようと誘いを受ける。誘拐する人物は、不動産王の娘ジェシカ。戸惑いながらも同僚と共に誘拐をし、人質は確保出来た。だが、仲間との合流が上手くいかない。そして、互いが身代金を廻り、奪略を繰り替えし始めるのだった。

勝手な感想takboutの思い込み感想日記はこちら

勝手なお薦め解説(自分の思い込み多々)
ドイツ制作だからなにもかもがお薦め!なんて事を語りたくないから、あえてこのようなカテゴリを作って紹介させて頂く。( ̄。 ̄;)

だって、この作品を見て、
ドイツって、なんてくだらない作品を作る国なんだ~!なんて思われたくないからだ。

注目して欲しいところはないが、あえて言うならば最後のオチだ。
あんな強引なオチ、初めてみたぞ。
まだ、よくあるあのオチの方が許せる。
最後まで見た人をバカにしているのか?と思うほどだった。(毒舌)

感想日記にも書いてあるが、
どんだけ駄作かむっちゃ興味がある方は、覚悟の上で鑑賞するのをお勧めする。
そうでなければ、レンタルDVDの表紙だけ覗いて、棚に返すのが無難だと思われる。

これ1本でドイツ作品を決めつけないで欲しい。
まじ、どこの国でも失敗したなあ~なんて作品はたくさんあるのだから。
関連記事
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
検索フォーム
カテゴリ
アクセスカウンター
プロフィール

takbout

Author:takbout
基本!
花の中学2年から映画を見続けている(ブランク10年あり)変わり者
中途半端な(良い加減な)映画マニア(♀)
ここ数年
「アラーム・フォー・コブラ11」とドイツ映画&ドイツドラマに情熱を注いでおります。

リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。